琉花一覧

【琉花】に関するニュースを集めたページです。

モーガン茉愛羅との結婚を発表した松田龍平
松田龍平とモーガン茉愛羅が結婚 かつては野村周平を巻き込む修羅場も
 俳優の松田龍平(38才)が、モデルでのモーガン茉愛羅(まあら、24才)と結婚したことを発表した。20日、2人は連名で「この度、松田龍平とモーガン茉愛羅は、入籍致しましたことをご報告させていただきます。また、新しい命を授かりまして、来春には新たな家族が増えることとなります」と報告した。2人は2019年、『女性セブン』の報道で熱愛が発覚。同誌の2019年5月30日号で修羅場がキャッチされていたが、困難を乗り越えながら愛を深めていったようだ。当時の報道を振り返る。(年齢などは掲載当時のまま)  * * *「ハッピバースデー龍平! ハッピバースデー龍平!」。高級住宅街の一角にある割烹料理店から、お祝いの歌声が鳴り響く。この日、5月9日は松田の36回目の誕生日だった。 店には友人のRADWIMPSのボーカル野田洋次郎(33才)や弟の翔太(33才)らに加え、龍平の元妻でモデルの太田莉菜(31才)、そして愛娘(9才)ら15人ほどが集っていた。「ケーキが運ばれてくると、店員も一緒になってバースデーソングを熱唱し、店中に声が響いていました。友人代表で挨拶をしたのは野田さんでしたが、視線を最も集めたのは娘さんでした。普段はパパに言えないこととして“たまごっちを死なせないで”“野菜もちゃんと食べて”と話し、みんなを爆笑させていました。これにはさすがの龍平さんも苦笑い。最後には全員で記念写真を撮りました。アットホームないいパーティーでしたね」(龍平の知人) その後、一行は二次会会場のバーへ。龍平は友人や娘と過ごせる誕生日を心待ちにしていたという。深夜2時過ぎまで祝杯をあげ続けた。 だが、そんな彼の態度にやりきれない怒りを感じていた女性がいる。この日の夕方、龍平は自宅マンションの前で、ある女性と修羅場を演じていた。「龍平さんと一緒にマンションから出てきた若い女性が、彼に向かって“気持ちの問題なんだよ”などと泣き叫んでいました。龍平さんは困った様子で、10分間ほどその場でなだめていましたが収まらず。彼はそのままタクシーで出かけていきましたが、残された女性はきれいな顔がだいなしになるほど声を上げて泣いていて、ドラマの撮影かと思うほどでした」(近所の住人) 龍平を問い詰めていたこの女性は、人気モデルのモーガン茉愛羅だった。父親がイギリス人、母親が日本人で、兄もモデルとして活躍中。『LARME』(徳間書店)などのファッション誌やCMを中心に活動する一方、2017年には野田秀樹の舞台『足跡姫』で女優業にも挑戦している。「165cmとモデルとしては“並”の身長ですが、手足が長く“洋服映え”するスタイルの持ち主。龍平さんとは、アパレル関係者の紹介で出会い、今年に入って交際するようになったと聞いています。今は事務所を辞めて留学準備をしているという話もあります」(モーガンの知人) 一方の龍平はというと、2009年1月に太田と“授り婚”をし、同年7月に長女に恵まれたが、2017年12月に離婚。昨年12月にドラマで共演した黒木華(29才)とのお台場デートが報じられたが、今回、年齢が一回り以上離れた新恋人の存在が、自宅前での大げんかによって明らかになった。 なぜ、人目もはばからず揉めていたのか。理由は意外な場所で明らかにされていた。龍平の誕生日会会場近くのバーである。そこでモーガンの話に親身になって耳を傾けていたのは、野村周平(25才)とその恋人と報じられたモデルの琉花(21才)だった。体のこと考えてよ! 責任あるじゃん! 薄暗く落ち着いたインテリアが並ぶ店内で、モーガンは終始うつむきがちでソフトドリンクを、野村と琉花は白ワインを飲んでいる。顔を寄せ合って話しているが、ときおり大きな声が響く。「誕生日だよ! そばにいたいし、いるでしょ普通! なんで二次会行くの? この状況なら早めに帰ってくるでしょ。もう別れたくなるよ!」 そう涙を流し叫んだのはモーガンだった。居合わせた客が言う。「この店はモデルやアーティストのお客さんが多い隠れ家バー。とはいえ、彼らはあまりに無防備だった。酔っていたのか、他のお客さんがすぐそばにいるのに、大声でセンシティブな内容の会話を連発していました」 涙に触発されたのか、野村らはモーガンを擁護し始めたという。「ヘイヘイ(龍平)は、ことの重要性をわかっていない!」と琉花が憤れば、野村も、「この件はいつもと同じ対応じゃダメ。ヘイヘイは逃げちゃダメだよ!」と同調する。 琉花はますますヒートアップし、「今からヘイヘイに電話する。それで、茉愛羅(モーガン)のことをどう思ってるのか聞くよ!」とスマホを手に取ると、野村が「それは話がややこしくなる! 茉愛羅とヘイヘイが話し合って解決しなきゃ!」と止めにかかる。それでも電話をかけようとする琉花を、野村が仕方ないというように羽交い絞めに。すると、琉花が絶叫した。「だって茉愛羅の体のこと考えてよ! ヘイヘイにも責任あるじゃん!」 それを聞いて、モーガンはさらに深く首をうなだれて、声を絞り出した。「もう限界。心も体も…これから話し合うけど、明日、別れてるかもしれない」 重い空気が流れていたが、彼女は午前2時になると1人で店を出た。そこへ現れたのは二次会終わりの龍平本人だった。ふたりは無言でタクシーに乗り込むと、龍平の自宅へと帰って行った。「将来について考えるべき事態に直面して、彼女は真剣に話したかったのに、彼の方が煮え切らない。そんな中で彼女は誕生日会にも呼んでもらえず、しかもその会には元妻や娘も来ると聞き、感情がセーブできなくなったようです。けんかしてすぐに、親友の琉花さんに連絡をして、急遽、集まったようです」(前出・モーガンの知人) 龍平にも事情がある。松田家にとって誕生日は大切な家族のイベントだ。「出席者を前に、弟の翔太さんは“松田家をこれからもよろしくお願いします”と挨拶していました。“兄を”ではなく“松田家を”としたところに、あの家の結束の強さを感じました」(前出・龍平の知人) 事実、松田家のつながりは強い。女手一つで3人の子を育て上げた母・松田美由紀(57才)の誕生日には龍平、翔太、妹でミュージシャンのゆう姫(年齢非公開)が必ず集まるほか、頻繁に互いの家を行き来している。太田は離婚によって松田の姓から外れたが、それでも龍平の子供の母親として交流を続けている。「茉愛羅は、記念日に一緒にいられなかったことに怒ったのではなく、“疎外感”を感じたんだと思う。将来を見据えて真剣につきあっていたのに、いい加減な扱いをされたらショックでしょう。そのやるせなさが爆発して大げんかになった。 ただ、龍平くんは気遣いのできる人間で、男気もある。女性に“失礼な態度”をとったなんて話も、聞いたことがない。ふたりの間で、何らかの誤解が生まれているのかもしれません」(共通の知人) 男女間の揉め事は当人たちのみ知ることだろう。 龍平の誕生日から一夜明けた夕方の5時過ぎ、モーガンが彼のマンションから出て来た。目元は大きく腫れていた。
2021.10.20 20:33
NEWSポストセブン
昨年12月にデビューした沖縄県中城村の初代バーチャル観光大使「琉花」は活動中止に(画像/公式Twitterより)
自治体「コロナ交付金」を無駄遣い? 600万円の萌えキャラで炎上も
 新型コロナウイルス対策のため、政府が地方に配った「地方創生臨時交付金」。その総額は4.5兆円に上り、飲食店などに休業要請する際の協力金をはじめ、感染拡大の防止や、経済活動の回復などを目的とする事業に使われるはずだ。しかし、なかには理解し難い使い途で、無駄遣いをしているように見えるケースもある。「3億7500万円」展覧会はガラガラ 高知県高知市は、プロジェクションマッピングなどで彩られた金魚を展示する「アートアクアリウム展」(昨年12月19日~3月7日)を開催。交付金からすべて支出した同展の総事業費は3億7500万円だが、地元紙に「いつ見てもガラガラ」という市民からの声が報じられた。 主催する高知市観光協会の事務局長はこう説明する。「来場者数の累計は1月末までで約2万8000人。このペースですと目標来場者数(8万~10万人)の達成は現実的に厳しいと思っています。会場は換気など対策も徹底しており、混雑していないので当初予定していた入場制限をかけることもなく、来場した方にはゆっくりと楽しんでいただけるのではないかと思います」 新潟県は県立歴史博物館の空調設備や照明のLED化、PR動画の製作費などに交付金から約9993万円を充てた。「アフターコロナのために地域の魅力を磨くことは認められているので、そのひとつとして歴史博物館の改修を事業化しました」(同県財政課)「萌えキャラ」に600万円 沖縄県中城村は、交付金を使った事業で炎上騒動が起きている。 中城村の魅力を発信する架空キャラクター「中城村初代バーチャル観光大使」の「琉花」が1月20日、ツイッターで「私の容姿が性癖に刺さる人に届いてほしい」と発信し、批判が殺到。運営チームは謝罪し、これまでの投稿をすべて削除することになった。「中城村の交付金から〈新たな情報発信体制構築事業〉に約1800万円、そのうち『琉花』に関する製作費や運営費は約600万円が活用されています。今回の騒動後、『琉花』は活動を中止しており、今後については検討中です」(同村産業振興課)公用車10台買い替え 公用車にも交付金は使われた。広島県三次市は、公用車の買い替えで、10台のマツダ車を購入した。「総事業費は1724万円としていますが実際は1600万円ほどになります。市内にはマツダ関連企業や自動車関連企業が多く、マツダは地場産業とも言えます。公用車10台の購入は地域産業の回復の一助として応援のために事業を行ないました」(企画調整課) 巨額の税金を投入したこれらの「コロナ対策」が実を結ぶ日が来る……とは思えない。※週刊ポスト2021年2月19日号 
2021.02.13 11:00
週刊ポスト
【動画】野村周平、6月からNY留学へ 恋人・琉花とはどうなる?
【動画】野村周平、6月からNY留学へ 恋人・琉花とはどうなる?
 野村周平さんが6月末からニューヨークに留学する予定であることがわかりました。 芸能関係者によると「大きな仕事のオファーも断って留学準備を進めていたようで、留学期間は未定。“納得するまで帰ってこない”とも言っている」とのこと。 恋人でモデルの琉花さんとの関係が気になるところですが、琉花さんの友人は「琉花ちゃんもハーフだったり周平くんとの共通点も多い。留学にも理解があります。寂しいけど、遊びに行けたらいいなという感覚だと思います」と明かしています。
2019.05.29 16:00
NEWSポストセブン
6月末からニューヨークに留学する予定だという野村
野村周平はNY留学へ 芸能人の留学が増加する理由は?
 俳優の野村周平が、6月末からニューヨークに留学する予定であることが明らかになった。留学期間は未定で、語学を学ぶほか、今後の俳優活動のために感性を磨きたいとの思いがあるという。 ここ数年、海外に留学する芸能人が増加している。ウエンツ瑛士は昨年10月より舞台役者としての勉強をするためにロンドンに留学中。Hey! Say! JUMPの岡本圭人は、昨年9月にニューヨークの演劇学校に入学、2年間にわたって留学する。元AKB48の大島優子は2017年8月から約1年間ニューヨークに語学留学していた。ほかにも、短期留学や活動拠点の移行などを含めると、ローラ、渡辺直美、ダレノガレ明美、ピース綾部などが、海外へ渡っている。 一体どうして、留学する芸能人が増えているのだろうか。エンタメに詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「ネットが普及したこともあって、エンタメ業界においても海外との距離感が近づいているということは大きな理由だと言えます。渡辺謙さんや真田広之さんのように、海外に渡って成功している例が増えていることも、多くの芸能人たちを刺激しているのではないでしょうか。また、芸能人は忙しくて、仕事をしながらだと語学の勉強も難しいので、留学という形で集中的に学ぶという選択をするケースも多いと思います」(以下同) とはいえ、留学すれば芸能活動を休止することとなり、その間に「忘れられてしまう」というデメリットもある。「たしかに、若手俳優の場合、どんどん新たな人気者が出てくるので、1年間も芸能活動を休止して戻ってきても、自分の椅子が奪われている可能性もある。語学を習得することはできても、芸能人としてのキャリアがリセットされてしまう危険性もあるのです。そういう意味では、ものすごく難しい選択であることは間違いないです」 また、留学したということで、妙な噂が流れてしまうことも少なくない。「何らかの不祥事を起こしたことに対するペナルティーとして留学という形で活動休止させられているとか、植毛手術を受けているとか、留学した背景についてあることないこと言われがちなのも事実。実際には本当に語学を学びたいだけなのに、そういった疑いをかけられるというリスクもある思います」 デメリットがあるにも関わらず、芸能人たちが留学できるのは、周囲の理解があってのことだ「所属事務所としては、できることならば人気があるうちは、しっかり働いてほしいと考えるはず。そのうえ様々なリスクもあるというのに、それでも事務所が留学を許すというのは、長期的なビジョンを持ってタレントを育成しているということでしょう。タレントの意志をしっかり尊重する芸能事務所が増えているからこそ、留学する芸能人が増えているのかもしれませんね」 また、SNSの普及によって、留学しやすい環境もできているという。「最近は、メディアに登場するタレントよりも、SNS上でのタレントの動きを積極的にチェックするというファンも増えています。つまり、タレント側からすると、芸能活動を休止して留学していても、SNSの投稿があれば、“生存確認”もできるし、ファンサービスもできるんですよ。渡辺直美さんなどは、短期留学中もインスタを投稿し、その存在感は決して衰えることはありませんでした。日本国内で活動すること以外に、発信する手段が増えていることも、留学を後押しする要素になっているのではないでしょうか」 留学する芸能人は、今後も増えていきそうだ。
2019.05.27 16:00
NEWSポストセブン
6月末からニューヨークに留学する予定だという野村
野村周平の送別会開催、大きな仕事を断り6月にNY留学へ
 野村周平(25才)が、6月末からニューヨークに留学する予定であることがわかった。 5月中旬、東京・渋谷のバーで、“送別会”が催されていた。中心にいたのは、野村周平。上半身は裸になり仲間たちから相次ぐ乾杯を受けていた。 野村は映画『ちはやふる』や『帝一の國』をはじめ話題作に数多く出演。ドラマ主演も続き、今後の出演オファーも後を絶たない人気だ。プライベートも注目されている。「ヤンチャで媚びるタイプではなく、男気あふれるヤツなのでトラブルも多い(笑い)。ただ仲間思いなのでかわいがられるし、俳優仲間も多いですね」(野村の知人) 女性セブン(5月30日号)が報じた松田龍平(36才)と新恋人・モーガン茉愛羅(21才)の修羅場の現場にいたのも野村。龍平の誕生日に呼んでもらえず号泣する彼女を、友人たちとなだめながら、「当人同士で解決すべき」「そこはヘイヘイ(龍平)は逃げちゃダメ」とフェアな態度を貫く姿勢が大きな反響を呼び、インターネット上でも「男気がある」と株を上げていた。 仕事もプライベートも大活躍中の野村の“送別会”とは、どういうことなのか。「6月末からニューヨークに留学する予定です。彼の母親は日本人と中国人のハーフで、彼自身が“クオーター”ということもあり、以前から海外志向が強かった。“住むのは日本だけど、仕事は海外みたいな生き方に憧れる”と語っていたこともあります。しかし、中国語は堪能だけれど、英語はまだまだ。そのため、ニューヨークで語学の習得や感性を磨きたいというのが、留学を決意した理由のようです」(前出・野村の知人) 10代前半からヒップホップやストリートカルチャーに興味を持ち、スケートボードの腕前はプロ並みという野村。フィルムカメラで撮影したものをSNSにアップするなど、芸術面へのこだわりもある。「雑誌のインタビューに“好きなものは、誰に何を言われても絶対に続けていこうと思っている”と答えていたことがありましたが、俳優という枠にとらわれたくないという気持ちも強いんでしょう。今回は大きな仕事のオファーも断って留学準備を進めていたようで、留学期間は未定。“納得するまで帰ってこない”とも言っていて、そういうところも彼らしい」(芸能関係者) となると、野村の恋人でモデルの琉花(21才)との関係が気になるところ。「琉花ちゃんもフィルムカメラをやっていたり、オーストラリア人とのハーフだったり、周平くんとの共通点も多い。留学にも理解があります。寂しいけど、遊びに行けたらいいなという感覚だと思います」(琉花の友人) 突然に思える留学も、いっそ野村らしい選択のようだ。※女性セブン2019年6月6日号
2019.05.22 16:00
女性セブン
モーガン茉愛羅との結婚を発表した松田龍平
新恋人発覚の松田龍平、あだ名の「ヘイヘイ」に衝撃走る
 俳優の松田龍平が、15歳年下のモデル・モーガン茉愛羅(まあら)と交際していることが判明。その過程で松田の思わぬ素顔が明らかになり、話題になっている。 2009年にモデルの太田莉菜と結婚し、一女を授かるも、2017年に離婚した松田。そんな彼の新恋人のモーガン茉愛羅は、父親がイギリス人、母親が日本人で、ファッション誌やCMでモデルとして活動する一方、女優としても舞台を踏んだ経験の持ち主だ。NEWSポストセブンが15日に配信した「松田龍平と恋人・モーガン茉愛羅、野村周平を巻き込む修羅場」という記事によれば、アパレル関係者の紹介で出会い、今年にはいって交際するようになったという。 新恋人の存在はケンカによって明らかになった。松田の36回目の誕生日の5月9日、松田は友人、元妻の大田、愛娘らと誕生会を行ったが、その会に呼ばれなかったモーガンは、松田の自宅マンション前で大ゲンカ。泣き叫ぶモーガンの姿を見た近所の住人が、「ドラマの撮影かと思った」と話すほど、そのケンカは激しいものだったという。 これについてネットには、「21の彼女だもん。そりゃ彼氏と過ごしたいよ」「子持ちの人と付き合うのは誰でも大変だと思うけど、21歳の子には辛いだろうな」 と、モーガンに同情的な声が上がる一方、「娘さんがいるのをわかっててお付き合いしてるんだったら、引くところは引かないと」「自分の誕生日だったらゴネてもかわいいけど、龍平の誕生日なんだから、彼が過ごしたい方で過ごすのがいいんじゃないかと思うんだけど」 など、彼女の行動をたしなめるコメントも多く寄せられているが、もっぱら話題になっているのは“本筋”とは離れたポイントだ。モーガンはケンカの後、野村周平と、その恋人と報じられたモデルの琉花を呼び出したが、モーガンの話を聞いた琉花は、「ヘイヘイは、ことの重要性をわかっていない!」、野村も「ヘイヘイは逃げちゃダメだよ!」とヒートアップ。松田が「ヘイヘイ」というあだ名で呼ばれていることが判明したのだ。 松田と言えば、父の松田優作ゆずりの鋭い眼光で抜群の存在感を放ち、不良やチンピラなど、一癖も二癖もある役柄が多い俳優。そんな彼が、はるかに年下の野村や琉花に「ヘイヘイ」と呼ばれていたインパクトは大きかったようで、ネットには、「ヘイヘイって呼ばれる松田龍平、、最高にかわいい、、」「松田龍平が野村周平カップルに『ヘイヘイ』って呼ばれてるのが可笑しくて可笑しくて…」「わたしも今日から松田龍平さんのことヘイヘイって呼びたいっていうか呼ぶ」 と、驚きの声が続出。「『ヘイヘイ』が気になって内容が入ってこないのは私だけ?」「松田龍平がヘイヘイって呼ばれてるのが気になりすぎて記事の内容が全然頭に入ってこない」「深刻な内容なのに、ヘイヘイの破壊力が凄すぎる」 など、ヘイヘイというワードに心を奪われる人が続出している。 なぜ松田は、年下の野村や琉花から「ヘイヘイ」という軽いあだ名で呼ばれているのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう推測する。「“松田優作の長男”ということで、危険なオーラを身にまとっているイメージの龍平ですが、父の気性の荒さを受け継いでいるのは、どちらかと言えば弟の翔太の方です。龍平はアニメやゲームが好きで、中でも『新世紀エヴァンゲリオン』や『ガンダム』の重度のオタクとしても知られています。穏やかな性格でもあるので、親しみを込めて『ヘイヘイ』と呼ばれているのではないでしょうか」(石田氏) イメージが崩れたのは事実だが、“いい人”と捉えられ、それがいい方向に転ぶこともありそう。ただ、まず取り組むべきは、モーガンとの関係修復ということになりそうだ。
2019.05.17 16:00
NEWSポストセブン
誕生会に向かうためタクシーに乗り込む龍平
松田龍平と恋人・モーガン茉愛羅、野村周平を巻き込む修羅場
 松田龍平(36才)が、人気モデルのモーガン茉愛羅(まあら・21才)と交際中であることが発覚した──。「ハッピバースデー龍平! ハッピバースデー龍平!」。高級住宅街の一角にある割烹料理店から、お祝いの歌声が鳴り響く。この日、5月9日は松田の36回目の誕生日だった。 店には友人のRADWIMPSのボーカル野田洋次郎(33才)や弟の翔太(33才)らに加え、龍平の元妻でモデルの太田莉菜(31才)、そして愛娘(9才)ら15人ほどが集っていた。「ケーキが運ばれてくると、店員も一緒になってバースデーソングを熱唱し、店中に声が響いていました。友人代表で挨拶をしたのは野田さんでしたが、視線を最も集めたのは娘さんでした。普段はパパに言えないこととして“たまごっちを死なせないで”“野菜もちゃんと食べて”と話し、みんなを爆笑させていました。これにはさすがの龍平さんも苦笑い。最後には全員で記念写真を撮りました。アットホームないいパーティーでしたね」(龍平の知人) その後、一行は二次会会場のバーへ。龍平は友人や娘と過ごせる誕生日を心待ちにしていたという。深夜2時過ぎまで祝杯をあげ続けた。 だが、そんな彼の態度にやりきれない怒りを感じていた女性がいる。この日の夕方、龍平は自宅マンションの前で、ある女性と修羅場を演じていた。「龍平さんと一緒にマンションから出てきた若い女性が、彼に向かって“気持ちの問題なんだよ”などと泣き叫んでいました。龍平さんは困った様子で、10分間ほどその場でなだめていましたが収まらず。彼はそのままタクシーで出かけていきましたが、残された女性はきれいな顔がだいなしになるほど声を上げて泣いていて、ドラマの撮影かと思うほどでした」(近所の住人) 龍平を問い詰めていたこの女性は、人気モデルのモーガン茉愛羅だった。父親がイギリス人、母親が日本人で、兄もモデルとして活躍中。『LARME』(徳間書店)などのファッション誌やCMを中心に活動する一方、2017年には野田秀樹の舞台『足跡姫』で女優業にも挑戦している。「165cmとモデルとしては“並”の身長ですが、手足が長く“洋服映え”するスタイルの持ち主。龍平さんとは、アパレル関係者の紹介で出会い、今年に入って交際するようになったと聞いています。今は事務所を辞めて留学準備をしているという話もあります」(モーガンの知人) 一方の龍平はというと、2009年1月に太田と“授り婚”をし、同年7月に長女に恵まれたが、2017年12月に離婚。昨年12月にドラマで共演した黒木華(29才)とのお台場デートが報じられたが、今回、年齢が一回り以上離れた新恋人の存在が、自宅前での大げんかによって明らかになった。 なぜ、人目もはばからず揉めていたのか。理由は意外な場所で明らかにされていた。龍平の誕生日会会場近くのバーである。そこでモーガンの話に親身になって耳を傾けていたのは、野村周平(25才)とその恋人と報じられたモデルの琉花(21才)だった。◆体のこと考えてよ! 責任あるじゃん! 薄暗く落ち着いたインテリアが並ぶ店内で、モーガンは終始うつむきがちでソフトドリンクを、野村と琉花は白ワインを飲んでいる。顔を寄せ合って話しているが、ときおり大きな声が響く。「誕生日だよ! そばにいたいし、いるでしょ普通! なんで二次会行くの? この状況なら早めに帰ってくるでしょ。もう別れたくなるよ!」 そう涙を流し叫んだのはモーガンだった。居合わせた客が言う。「この店はモデルやアーティストのお客さんが多い隠れ家バー。とはいえ、彼らはあまりに無防備だった。酔っていたのか、他のお客さんがすぐそばにいるのに、大声でセンシティブな内容の会話を連発していました」 涙に触発されたのか、野村らはモーガンを擁護し始めたという。「ヘイヘイ(龍平)は、ことの重要性をわかっていない!」と琉花が憤れば、野村も、「この件はいつもと同じ対応じゃダメ。ヘイヘイは逃げちゃダメだよ!」と同調する。 琉花はますますヒートアップし、「今からヘイヘイに電話する。それで、茉愛羅(モーガン)のことをどう思ってるのか聞くよ!」とスマホを手に取ると、野村が「それは話がややこしくなる! 茉愛羅とヘイヘイが話し合って解決しなきゃ!」と止めにかかる。それでも電話をかけようとする琉花を、野村が仕方ないというように羽交い絞めに。すると、琉花が絶叫した。「だって茉愛羅の体のこと考えてよ! ヘイヘイにも責任あるじゃん!」 それを聞いて、モーガンはさらに深く首をうなだれて、声を絞り出した。「もう限界。心も体も…これから話し合うけど、明日、別れてるかもしれない」 重い空気が流れていたが、彼女は午前2時になると1人で店を出た。そこへ現れたのは二次会終わりの龍平本人だった。ふたりは無言でタクシーに乗り込むと、龍平の自宅へと帰って行った。「将来について考えるべき事態に直面して、彼女は真剣に話したかったのに、彼の方が煮え切らない。そんな中で彼女は誕生日会にも呼んでもらえず、しかもその会には元妻や娘も来ると聞き、感情がセーブできなくなったようです。けんかしてすぐに、親友の琉花さんに連絡をして、急遽、集まったようです」(前出・モーガンの知人) 龍平にも事情がある。松田家にとって誕生日は大切な家族のイベントだ。「出席者を前に、弟の翔太さんは“松田家をこれからもよろしくお願いします”と挨拶していました。“兄を”ではなく“松田家を”としたところに、あの家の結束の強さを感じました」(前出・龍平の知人) 事実、松田家のつながりは強い。女手一つで3人の子を育て上げた母・松田美由紀(57才)の誕生日には龍平、翔太、妹でミュージシャンのゆう姫(年齢非公開)が必ず集まるほか、頻繁に互いの家を行き来している。太田は離婚によって松田の姓から外れたが、それでも龍平の子供の母親として交流を続けている。「茉愛羅は、記念日に一緒にいられなかったことに怒ったのではなく、“疎外感”を感じたんだと思う。将来を見据えて真剣につきあっていたのに、いい加減な扱いをされたらショックでしょう。そのやるせなさが爆発して大げんかになった。 ただ、龍平くんは気遣いのできる人間で、男気もある。女性に“失礼な態度”をとったなんて話も、聞いたことがない。ふたりの間で、何らかの誤解が生まれているのかもしれません」(共通の知人) 男女間の揉め事は当人たちのみ知ることだろう。 龍平の誕生日から一夜明けた夕方の5時過ぎ、モーガンが彼のマンションから出て来た。目元は大きく腫れていた。※女性セブン2019年5月30日号
2019.05.15 16:00
女性セブン
悲しみに暮れるモーガン
松田龍平の15才年下恋人、モーガン茉愛羅の号泣修羅場写真
 俳優の松田龍平(36才)と新恋人である人気モデルのモーガン茉愛羅(21才)が、松田龍平の誕生日に“修羅場”を演じていた──。 松田の36回目の誕生日である5月9日、高級住宅街の一角にある割烹料理店では誕生日パーティーが行われていた。友人のRADWIMPSの野田洋次郎(33才)や弟の松田翔太(33才)、龍平の元妻である太田莉菜(31才)、龍平と太田の愛娘(9才)など15人が出席していた。 同じ日、誕生日パーティーの会場近くのバーにいたのは、龍平の新恋人であるモーガン。彼女の話に親身になって耳を傾けていたのは、野村周平(25才)とその恋人でモデルの琉花(21才)だった。「誕生日だよ! そばにいたいし、いるでしょ普通! なんで二次会行くの? この状況なら早めに帰ってくるでしょ。もう別れたくなるよ!」 と、涙を流しながら叫ぶモーガン。そんな涙に触発されたのか、野村らはモーガンを擁護し始めたという。「ヘイヘイ(龍平)は、ことの重要性をわかっていない!」と琉花が憤れば、野村も、「この件はいつもと同じ対応じゃダメ。ヘイヘイは逃げちゃダメだよ!」と同調する。さらには、琉花が、「だって茉愛羅の体のこと考えてよ! ヘイヘイにも責任あるじゃん!」と叫ぶと、モーガンはさらに深く首をうなだれて、「もう限界。心も体も…これから話し合うけど、明日、別れてるかもしれない」 と、声を絞り出したという。 そして、午前2時、店を出たモーガンと合流したのが、誕生日パーティーの二次会終わりの松田だった。ふたりは無言でタクシーに乗り込むと、龍平の自宅へと帰って行った。 
2019.05.15 15:55
NEWSポストセブン
6月末からニューヨークに留学する予定だという野村
野村周平&琉花、りえ&森田… 平成最後の芸能人デート4連発
 ついに令和の時代到来まであとわずか。そこで、本誌・女性セブンが平成の最後にキャッチしたアツアツカップルの姿をお届けします!◆野村周平(25才)&琉花(21才) 元カノ・水原希子(28才)と破局した野村が選んだ新恋人は人気モデルの琉花。都内の住宅街を変装もせず、堂々と腕を組んでデート。片時も離れたくないようだ。◆宮沢りえ(46才)&森田剛(40才)「平成」を数多くの恋で彩ったりえが、最後に選んだのが森田。ふんわりとしたベージュのワンピース姿のりえを夫が甲斐甲斐しく支える。周囲を行き交う人々も「もしかして?」と二度見しちゃいました!◆小栗旬(36才)&山田優(34才) 都内の人気焼き鳥店で吉田鋼太郎(60才)、坂口健太郎(27才)らと食事を楽しんだ小栗夫妻。2児に恵まれ、“パパ歴”ももう5年となった小栗は、子供のあやし方も手慣れたもの。◆西島秀俊(48才) ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)、映画『空母いぶき』と主演作品が相次ぎ、多忙を極める西島。たまの休日は“イクメン”に大変身。※女性セブン2019年5月9・16日号
2019.04.29 16:00
女性セブン
【動画】野村周平、21才モデルと堂々ディナーデート現場
【動画】野村周平、21才モデルと堂々ディナーデート現場
 野村周平さんとモデルの琉花さんが、変装もせず腕を組み、イタリアンレストランに入っていく様子をキャッチしました。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2019.04.25 07:00
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった間宮祥太朗
間宮祥太朗、モデル・大社カリンと交際 結婚式でもアツアツ
 俳優の間宮祥太朗(25才)が、人気モデルと堂々交際中であることがわかった──。 間宮といえば、昨年の朝ドラ『半分、青い。』で永野芽郁(19才)演じるヒロイン・鈴愛の夫で、離婚に際して「死んでくれ!」とまで言われたダメンズ夫・涼次を好演し、一躍人気に。今年に入ってからは『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)に出演、今、話題の映画『翔んで埼玉』でも存在感を示している。 その間宮は、昨年末ある人物の結婚式に出席していた。「彼女はお兄さんの結婚式に間宮さんを連れてきて、お母さんに紹介していました。周囲の目を気にすることなく、イチャイチャしていたので、こっちがビックリするくらいでした」(結婚式参加者) 間宮を実兄の結婚式に招待していたのは、モデルの大社カリン(25才)だ。雑誌『NYLON』などで活躍するほか、ペインティングアーティストとしての顔も持ち、昨年末には個展を開催した。 出会いは2年半ほど前だったという。「当時からドラマの主要キャストを張っていた俳優が何人もいた合コンで出会ったそうです。当時、カリンちゃんは有名ミュージシャンからも口説かれていたくらいモテる子ですが、間宮さんを選んだ」(ファッション誌関係者) 間宮はかつて、菜々緒(30才)と交際報道があったが、それも4年前の話。今は大社一筋のようだ。 最近は間宮のようにモデルとの交際は発覚する俳優も少なくない。野村周平(25才)は『GINZA』『アンドプレミアム』などファッション誌で活躍するモデルの琉花(21才)とのデートがキャッチされた。 最近の若手俳優たちの恋愛事情に、ある変化が生まれているという。「女優やアイドルよりも、モデル、インスタグラマーなどと親密になるケースが増えています。女優との交際はリスクが多いですから」(芸能事務所幹部) 芸能レポーターの菊池真由子さんが言う。「最近は、女優さんとの交際につきものの、ファン離れのリスクをしっかり説明する事務所が増えています。女性モデルには男性ファンより女性ファンが多いので、交際が発覚してもファン離れが進むことがなく、むしろ応援してもらえることが多いんです。さらに、別れた場合、女優さんとは共演NGになってしまうことがありますが、相手がモデルならその心配もありません」 交際しているときも、公になってからも、そして別れたとしても、モデルとの交際の方が俳優にとっては気がラクということか。 今後も、若手俳優×人気モデルのビッグカップルが誕生するかも!?※女性セブン2019年5月2日号
2019.04.17 16:00
女性セブン
6月末からニューヨークに留学する予定だという野村
野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート
 4月12日の夜、都内の閑静な住宅街にあるイタリアンレストランに、野村周平(25才)と美女が、変装もせず腕を組み、入っていった。 前クールのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)で心臓病を患う高校生役を演じる重圧から解放されたからか、この日は大人の雰囲気の漂う店でリラックス。アーチ形の天井が洞窟を思わせる店のいちばん奥、カーテンで仕切られた個室からは野村と若い女性の笑い声が響いていた。その声の主は、モデルの琉花(21才)だ。「琉花ちゃんは『GINZA』『アンドプレミアム』『CREA』などのファッション誌で活躍しています。独特の雰囲気を持つ注目株で、最近は各雑誌から引っ張りだこですよ」(ファッション誌編集者) 前菜、メインの肉料理、そして手打ちのパスタを楽しみ、約2時間のディナーを終えると、ふたりは手をつないで店を後にした。片時も離れたくない、といった様子だった。「野村くんは今、久しぶりにスケジュールに余裕がある状態で、クラブで踊ったり友人の誕生日会に出席したりと、精力的に遊んでいます。琉花ちゃんとは、共通の知人を介して知り合い、最近仲を深めていったようです」(野村の知人) ふたりには共通の趣味がある。「野村くんはフィルムカメラで撮影したものをインスタにアップするほど、写真にこだわりを持っています。琉花ちゃんは父親がカメラマンで、本人も写真展を開いたり、ファッション誌にカメラマンとして参加するなど、プロ級の腕前です。共通の趣味の話題で、盛り上がっているようです」(前出・野村の知人) 野村といえば、かつては水原希子(28才)との熱愛が報じられていた。「希子ちゃんはアメリカ人と韓国人のハーフですが、琉花ちゃんもオーストラリア人と日本人のハーフ。野村さんのタイプがわかりますね(笑い)」(前出・ファッション誌編集者)※女性セブン2019年5月2日号
2019.04.17 16:00
女性セブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン