清水国明一覧

【清水国明】に関するニュースを集めたページです。

58歳の時に十二指腸がんを患い手術を受けたタレントの清水国明
“親族にがん患者ゼロ”でも罹患した清水国明、ビリー・バンバン菅原進は何を思う
「国民病」とも呼ばれるがんの発生と遺伝の相関関係は、世界中で長年の研究課題とされている。よく“がん家系”という言葉を耳にするが、もちろん親族に誰もがん患者がいなくても罹患することがある──。 兄弟デュオ、ビリー・バンバンの菅原進(74)は2014年、タレントのせんだみつおに誘われて行った大腸の内視鏡検査で盲腸がんが発覚した。菅原が語る。「検査後、入院当日の午前中までレコーディングをして、とても丁寧に歌えた手応えを感じていました。入院への不安はありましたが、もう先生に任せるしかない、と。この病気になったことと関係があるかどうかはわからないけれど、思い返せば、何かあるとお腹が緩くなったり腸が弱い体質だったのかなと思います。 親も兄弟もがんは誰もいません。ただ僕の盲腸がんの手術の2か月後に兄の孝が脳出血で倒れたことで、僕ら親子、兄弟は高血圧が共通していたと気が付きました。孝だけでなく、僕も親父も血圧は高く、遺伝とも生活習慣とも取れるそうですが、家族内でそのような影響もあったかもしれない。今も月1回の血液検査、年1回の内視鏡検査は欠かしていません」 58歳の時に十二指腸がんを患い手術を受けたタレントの清水国明(71)も家族で“自分だけ”が患者となった。清水は「僕のがんは生活習慣が原因だと思う」と振り返る。「僕のがんの原因は暴飲暴食とストレスだったと思う。僕は脂身の肉が大好きで、500gはぺろりと食べちゃうんだけど、魚釣りやログハウス作りに夢中の時は空腹になることすらムカつくほどで、3食抜いて翌日にどかっとステーキを食べるなんてことをよくしていたんです。あと当時はビジネス関係ですごくストレスがかかっていた」 そんな清水の両親は、90歳を過ぎて亡くなるまで、がんはおろか、病気ひとつしない丈夫な体の持ち主だったという。「父は高熱が出ても腹痛止めの薬を飲めば熱が引くくらい頑丈な男でした。母も90歳まで元気で、2人して『私が先に逝きますから』『いや俺が』なんて言い合っていました。そんな僕としては、がんに遺伝があるならば、強い体の遺伝もあるはずだ、と。4番目の妻との間に生まれた子供が3歳で、まさかの孫より小さい子供がいるんです。僕の子供や孫にもまた、強い体が引き継がれていることと信じています」 がんになった当事者たちは、それぞれが深く考え、家族に思いを馳せていた。※週刊ポスト2022年7月1日号
2022.06.23 19:00
週刊ポスト
清水国明、4度の結婚経て「最高の終の棲家」を手作りで建設中
清水国明、4度の結婚経て「最高の終の棲家」を手作りで建設中
 人生100年時代。自分が最期を迎える「終の棲家」は、どのように決めたらよいのだろうか。多くの人はまず住まいを構え、そこを拠点に残りの人生を構築しようと考える。だが、タレントの清水国明(69才)は、「定住」は好きではないと訴える。【写真】清水が手がけた瀬戸内海の無人島キャンプ場「ありが島」での1枚「ぼくは『趣味は結婚、特技は離婚』をモットーに4回結婚して、嫁さんを変えるたびに住まいを変えています(笑い)。そのときの年齢、仕事、子供、嫁などいろんなカテゴリーが変化すれば住居は変わっていくもので、住まいを固定するという考えがない。食べ物がなくなれば羊を連れて移動するという遊牧民の生き方です」(清水・以下同) 清水の人生は変化の連続だ。1973年にフォークソングデュオ「あのねのね」で芸能界デビューした後、オートバイレースやアウトドアライフに力を注いだ。私生活では結婚と離婚を繰り返し、2018年に25才年下の一般女性と4度目の結婚をした。 アウトドアライフを愛するだけに、自宅は「手作り」+「自然」が基本となる。「住まいは自分で造り、これまで全国にログハウスを17棟建てました。ひとりで建てた家もあるし、仲間と建てた家もあります。ぼくの場合は家を持つことが目的ではなく、そこを拠点にどういう生活を展開するのかが大切です。魚釣りやトレッキングをして川や海で遊んだり、地場の物産展をやったりすることが楽しいんです。 ぼくのような人間は、便利な都会では借りてきた猫のような存在です。東京の家で棚を手作りしても『IKEAの方が安い』と言われてしまう。でも、何もない自然の中なら、寒ければ火を起こし、雨が降れば屋根を造り、お腹が空いたら川で魚を捕れる。誰でも何かのエネルギーを持っているけれど、ぼくは自然の中にいると力が湧くんです」 現在、清水は千葉県鴨川市に終の棲家を建設中だ。「ちょうど仲間が30人ほど集まって鬱蒼としたジャングルを切り開いたところで、地震にも火事にも強いログハウスを造ろうと思っています。どんな粗末なものになっても、自分が作ったものなら満足できるでしょう。だからこの家も手作りです」 人生を過ごす最期の場所をすべて自分の手で作るというのは、1つの理想の形であり、最高の贅沢かもしれない。 そこで清水が目指すのは、「友達や仲間が気兼ねなく訪ねて来る家」だ。「かつて読んだ本に『死ぬ瞬間、友達をもっと大切にしておけばよかったと後悔することが多い』とあり、友人や仲間が気兼ねなく訪れる家が大切と思うようになりました。自慢したり気を使わせたりする場所ではなく、友達が気持ちよく訪ねて来られる家こそが、最高の終の棲家です」 末っ子の息子が成人する頃、清水は87才。息子に父の背中から「生きる力」を学んでもらうため、終の棲家では、できるだけ長く一緒にいたいのではないか──そう問うと、清水はいたずらっぽく笑って答えた。「いやいや、建設中なのはあくまで“現時点”の終の棲家です。嫁さんが変わったら、また造り直すかもしれません」 終の棲家に固執しすぎない。そんな余裕も、最期まで楽しく人生を過ごすためには必要なのかもしれない。※女性セブン2020年9月24日・10月1日号
2020.09.25 07:00
マネーポストWEB
「たのきんトリオ」の素顔 清水国明が今、楽屋裏を明かす
「たのきんトリオ」の素顔 清水国明が今、楽屋裏を明かす
 1979年に『金八先生』(TBS系)で一気にブレークし、映画のヒット作やヒット曲を連発。わずか3年という活動期間で解散コンサートを行ったにもかかわらず、昭和のアイドルといえば真っ先に名前が挙がるのが『たのきんトリオ』だ。解散後も独自の活動を続け、私たちとともに50代を迎えた彼らの軌跡をプレーバック― そもそも、『たのきんトリオ』とは…? 当時、ジャニーズ事務所に所属していた田原俊彦(た/トシちゃん・59才)、野村義男(の/ヨッちゃん・55才)、近藤真彦(きん/マッチ・55才)の3人によるアイドルユニットだ。ジャニーズ事務所社長だった故ジャニー喜多川さんが『たのきんトリオ』と命名。 1枚のシングルも出さないまま、1983年8月、大阪球場で解散コンサートを行った伝説のアイドルだ。 結成から5か月後の1980年10月、彼らの初の冠番組『たのきん全力投球!』(TBS系)がスタート。時を同じくして、当時人気のあったアイドルがコントなどに挑戦する『ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京系)にもレギュラー出演し始めた。『ヤンヤン歌うスタジオ』とは、毎週日曜19時からテレビ東京で放送された人気音楽バラエティー番組(1977~1987年)。司会はお笑いユニット・あのねのね(清水国明・原田伸郎)。当時はまだ珍しい、たのきんトリオやピンク・レディーなどのトップアイドルが毎週出演し、歌やトーク、コントを披露した。 番組開始から9年間司会を務めた、当時一世を風靡した『あのねのね』の清水国明は、当時を次のように振り返る。「公開番組でしたから、なんかふらふらしている3人組がいるなと思っていたら、あっという間に彼らのファンが大挙して押しかけてきて、入り口に出待ちが増え、みるみるその人数は増えていきましたね」(清水・以下同) 当時は、先輩も後輩もなく楽屋で遊んでいたのが近藤だ。「本番の声がかかるとマッチなんかは、むしろすごく嫌そうでした。あの中では、ぼくがいちばんの年上だったので、マッチはぼくの顔色をうかがいながら、『原田さん、どこ?』って楽屋に入ってきて、寝ている相方・原田伸郎(68才)の顔を踏んづけるんです。原田は、『いてて…、ここやここや!』って言いながら、みんなで大笑いしてね」 そんな兄弟のような、家族のような雰囲気が、出演者にも人気だったという。「ピンク・レディーでもたのきんでも、新曲はいつもうちの番組が初出し。うちは曲を間違えても大丈夫だったので(笑い)、フリなんかをうちで練習して他局で成功させるリハーサル番組みたいな扱いだったけど、その分、彼らのいい面がどんどん出てきましたね。川を遡上する鮭が真水に慣れるために海の水が混じり合う河口の汽水域で過ごすように、たのきんにとって“ヤンヤン”は彼らが芸能人になるための汽水域だったのでしょう」『哀愁でいと』や『スニーカーぶる~す』など、次々にヒットを連発。だが、3人で出した曲は、田原の『哀愁でいと』のB面の『君に贈る言葉(アフタースクール)』と、田原の主演映画『グッドラックLOVE』の主題歌『ときめきはテレパシー』の2曲のみ。 映画では、近藤主演の『青春グラフィティ スニーカーぶる~す』(1981年)、『ハイティーン・ブギ』(1982年)などが大ヒットを記録した。「マッチは天然だし、トシはいい意味でバランスを考えながら、2人は弾け具合を競い合っててね。ヨッちゃんはその頃からずっとギターを弾いていて、好きなことに没頭するタイプ。でも、いまとなってはそこを極めてるからすごいですよ。トシもマッチも結構尖ってましたから、その間でニコニコうまくとりなすヨッちゃんがいて、いいグループでしたね」 当時の彼らの人気については、冷静にこう分析する。「独特の感受性でファンが何を求めているのかをピュアにダイレクトに感じて、それをねじ曲げずにストレートに表現していたので、一般大衆には非常にわかりやすく好感が持てたんだと思います」そんな彼らは、結成からわずか3年目の1983年8月28日に解散してしまう。「ヨッちゃんが翌月の9月1日に『THE GOOD-BYE』としてデビューすることも決まっていたので、ユニットとして区切りをつけたのでは」と当時の芸能事情に詳しいライターで『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979–2018』(青弓社)著者で松木安太郎研究家の岡野誠さんは推測する。「1983年8月3日に公開されたマッチの主演映画『嵐を呼ぶ男』の興行収入が、同時期に公開された薬師丸ひろ子主演の『探偵物語』(同時上映は原田知世主演の『時をかける少女』)の大ヒットの影響をまともに受けて、予想以上によくなかった。さらにビートたけし(73才)やたのきんトリオが出演していたバラエティー番組『笑ってポン!』(TBS系)も低視聴率で、一時の飛ぶ鳥を落とす勢いはなくなっていたのも事実なんです」(岡野さん) その後、近藤は歌手を続けながら、レーサーとしても知られるようになる。田原はディナーショーやコンサートを重ねている。そして、野村は浜崎あゆみのバンドなど、ギタリストや音楽プロデューサーとしての地位を確立する。「ぼくたちの仕事は、誰にもピークの時期があります。そのことに縛られて次のステージに行けないと、それだけの人生になってしまう。でも、たのきんの3人は違う。彼らは昔の枠で自分自身を縛らずに、殻を破って飛び出している。継続は力なりと言いますが、ここまで続けてきたということは、彼らがほんまもんだったということ。すごいやつらだなと思います」(清水) いまでも共通のクラシックカーレースに年1回出場する間柄で、家族ぐるみのつきあいの近藤について清水は、「相変わらずマインドはやんちゃ坊主ですけど、いい年の取りかたをしてる。子供の年齢が同じなので(清水は4度目の結婚)そんな話もするのですが、あのやんちゃ坊主がこんないいパパになるなんて、当時は想像もできませんでしたよ」 SMAPの解散から始まり、嵐の年内の活動休止や名だたる後輩たちの退所が続き、ファンの心配もまだ大きいだろう。だが、ひと筋の道を極めたアイドルたちが下す次のステージへの決断の前には、たのきんトリオが切り開いた大きくて太い道がある。【Profile】◆清水国明さん/1950年10月15日生まれ、福井県出身。1973年フォークソング・デュオ『あのねのね』 でデビュー。自然環境派、スローライフ実践者としても知られ、国際A級ロードレースライダー。『噂の東京マガジン』(TBS系)にレギュラー出演。★岡野誠さん/テレビ番組制作会社を経てライター・芸能研究家に。著書は『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979–2018』(青弓社)。松木安太郎研究家・生島ヒロシ研究家でもある。※女性セブン2020年8月13日号
2020.08.05 07:00
女性セブン
4度目の結婚した清水国明67才を直撃、「もうこれが最後」
4度目の結婚した清水国明67才を直撃、「もうこれが最後」
 TBS系『噂の!東京マガジン』へのレギュラー出演でも知られるタレントの清水国明(67才)が、25才年下の一般女性(42才)と結婚していたことが明らかになった。清水にとっては4度目の結婚。新婦は現在妊娠中で11月に出産予定だという。そんな清水に直撃取材を行った。──4度目の結婚に、周囲の反応はいかがでしたか。「そりゃあびっくり仰天ですよ。2番目の奥さんとの3人娘のうち、上の2人はもう結婚していて母親ですから。ぼく、孫が4人いますからね。孫より子供の方が年下ってことになるわけです。 でも、これまで急にアウトドア事業を始めたり、無人島買ったりとんでもないことばっかりしてきたから、結構面白がってくれてますよ。 3番目の奥さんとの間の男の子は今10才。ちょっと離れたところで暮らしています。この子にも結婚と妊娠は伝えましたが、“ふ~ん”って感じで意外と普通にしてましたね。でも、まだ結婚とかを考える以前“つきあってる人がいるんだ”って言ったら、“パパをよろしくお願いします”って、A子に向けてわざわざ動画を送ってきてくれたんです。気にかけてくれてたんだなって本当に嬉しかったですよ」 今年10月の誕生日で、清水は68才になる。2009年にはがんのため十二指腸を全摘出した。70才目前で父になることに不安はないのだろうか。「70才っていうと世間的には人生の後半って感じだけど、ぼくは全然そうは思いません。今も水素エネルギー事業や人工ビーチを作ったりする事業を手がけていて、他にもいろいろ新しいビジネスに挑戦したいなって思ってるんです。映画を撮ろうと計画してて、シナリオも書いてるんだよ。 お腹の子供が20才で成人を迎えるとき、ぼくは88才だけど、ぼくの親父なんか95才でまだ生きてますからね。親父に“いつまで『現役』だった?”って聞いたことがあるんです。そしたら、“そんなすげえもんじゃねぇよ。80才くらいだ”って(笑い)。その血がぼくにも流れてますからね。そう考えると、ぼくが生きていられるのはせいぜいあと60年くらいかな?(笑い)」──それだけ時間が残されていたら、まさか5度目、6度目の結婚なんてことも…?「ないない。A子のお母さんにも言われたんだから、“これで最後ね”って(苦笑)。むしろA子に“捨てないでね”って伝えたいくらいだよ。たった一度の人生だから、とにかく好きな人と一緒に居る時間を増やそうと思っていたら、結婚4回で『マル4』になったけど、もうこれが最後。A子とはこの先ずっと手をつないで一緒に暮らしたいと思っています」※女性セブン2018年6月14日号
2018.05.31 07:00
女性セブン
清水国明67才 25才年下女性と4度目の結婚、妻は妊娠中
清水国明67才 25才年下女性と4度目の結婚、妻は妊娠中
 タレントの清水国明(67才)が4度目の結婚をしていたことが明らかになった。さらに、妻は妊娠中だという。「3回も嫁さんに捨てられた男の前に来てくれたきみは、天からの授かり物だ。最近は、そんなことばかり口癖のように言ってるんです。この年になって、ぼくのことを100%慕ってくれる女性はもう生涯現れないと思う。“趣味が結婚、特技が離婚”なんていわれてますけど(苦笑)、それももう打ち止めです」 記者の直撃に、はじめ驚きの様子を見せていた清水国明だったが、すぐにいつもの柔和な笑顔に戻ってそう話した。「週刊!見出し大賞」「やって!TRY」といった名物コーナーを持つ『噂の!東京マガジン』(TBS系)に、清水は1989年の番組スタート時からレギュラー出演している。 芸能界入りは1973年。原田伸郎(66才)とフォークデュオ『あのねのね』を結成し、『赤とんぼの唄』でメジャーデビューを果たした。「ダジャレを組み込んだフォーク調の歌がウケ、1970年代から1980年代にかけて特に若い世代から絶大な支持を集めました。時に放送コードギリギリの下ネタを歌詞に入れたりしてやりたい放題。本人たちは『支離滅裂フォーク』と自称していたほどでした」(芸能関係者) プライベートも破天荒で、1976年にタレントの清水クーコさん(1991年没、享年38)と結婚するも、1982年に離婚。1984年に14才年下の一般女性と再婚し、3人の娘に恵まれるも、2003年に離婚。さらに2007年にタレントの清水敬子(45才)と再々婚を果たし、同年息子が誕生した。 最近はテレビ出演などタレント活動の傍ら、2005年に山梨県内にオープンした『清水国明の森と湖の楽園』で、子供向けのキャンプを開いたり、ツリーハウス作りや農業体験といったアウトドアビジネスを手がけている。 60代後半を迎え、趣味に生きる悠々自適な「半リタイア」の時間――ところが本誌は、そんな清水の驚きの情報をキャッチした。「実は3人目の奥さんとはすでに離婚していて、最近4度目の結婚をしたらしい。しかも、新しい妻・A子さんは妊娠しているとか」 5月下旬の夜、清水は都内の焼肉店にいた。上タン塩やカルビ、ロースを慣れた手つきで七輪にのせる。焼き上がった肉を、せっせと正面に座るA子さんの皿へと運んでいく。1時間ほどで店を出たふたりは、清水がハンドルを握る車で、都内のベイエリアにある高級マンションへと帰っていった。 また別の日には連れだって家具店を訪れ、ダイニングテーブルやベッド、カーテンを見て回っていた。時折手をつなぐアツアツぶりは、どこにでもいる新婚夫婦そのものだった。A子さんの持つバッグには、マタニティマークがぶら下がっていた。 清水に話を聞いた。──結婚に妊娠、ダブルでおめでとうございます。「あらら、もうあまりプライベートで世間を騒がせたくないんですよ。前の奥さんとは2015年の秋に離婚しましたけど、それもごく限られた人にしか伝えていませんし。うーん…しょうがないから、今回だけ特別にお話ししましょう。でも相手も一般のかたなので、お答えするのは今日この場限りです。 3月3日に籍を入れました。A子はぼくより25才年下の42才で、お腹に赤ちゃんがいます。出産予定は11月。もともとテレビの仕事を通じて2014年頃に知り合いました。よく食べる姿がかわいらしい女性でね。その後、ぼくが瀬戸内海の無人島で始めたキャンプ場の立ち上げを手伝ってもらったりと、公私にわたっていろいろとサポートしてくれています。英語がペラペラなので、海外の仕事についてきてもらったりね。本当は今年の秋に入籍するつもりだったんですが、その前に妊娠がわかって、予定を早めました」──妊娠を聞いたときはどんなお気持ち?「“ちょっと兆候があるから”って言われて、一緒に産婦人科に行ったんです。お医者さんが“これは計画的ですか? サプライズですか?”って聞くもんだから、ふたり声を揃えて“サプライズです!”って」※女性セブン 2018年6月14日号
2018.05.30 16:00
女性セブン
宮城・女川町 復興工事のため作業員用トレーラーホテル設置
宮城・女川町 復興工事のため作業員用トレーラーホテル設置
 東日本大震災の被災地、宮城・石巻市は、コラムニストの木村和久さんが高校卒業までを過ごした地。木村さんが、縁ある人々の安否を自身の足で尋ねながら、現在の状況をレポートします。今回は、隣町の女川町のトレーラーホテルについてです。 * * * 現在女川町は、復興計画をまとめ上げている最中で、基本町の中心地は5~6mかさ上げすることが決まっています。街のガレキもだいぶ減りましたが、まだかさ上げ工事は始まっていません。 女川を津波に耐えられる街にするのは結構ですが、その間建築規制がかけられ、好きに建物を建てられない状態がしばらく続きます。ですが復興工事をするには、人が必要。その工事関係者はいったいどこに泊まればいいのか? そこに目をつけたのが、女川で旅館を営む佐々木里子さんです。彼女が音頭を取り、女川の旅館関係者が新しい宿泊施設を作るべく動きだしました。建物での旅館がダメなら、移動式のトレーラーハウスならどうか? それなら車ということで設置は可能です。しかし1台900万円ほどするトレーラーを何台も買えない。 そこから東京に行って補助金の拠出のために、陳情します。簡単にいうと震災補助金は建物の改修には出るが、移動式のトレーラーには出ないという。そこを何度もかけあい説得し、ようやく補助金の拠出が決まりました。 自己負担率は4分の1。これならなんとか買えると30台ほどのトレーラーをみんなで購入。実際に現地に行きましたが、移動式とはいえ、場所が高台の安全なところに設置してありました。 名前はオシャレに「エルファロ」といいます。スペイン語で「灯台」という意味です。遠くから見てもトレーラーが、山梨・清里のペンションのようにカラフルです。外観は窓があって家みたいですが、足元を見るとちゃんとタイヤがついていて、やっぱり車だなと実感させられます。 室内に入るや、そこには広々とした客室空間がありました。トイレにお風呂にエアコンに応接セットもあり、これはキャンピングカーではなく、紛れもないホテルなんだと。 ホテルの中央テラスには、アウトドア愛好家としても有名な清水国明さんが、チェーンソーで作った、熊のオブジェが鎮座していました。続々支援の輪が広がっています。 今後トレーラーハウスを40台まで増やして、140人ほどが泊まれるようにするそうです。けれど、今後街が新しくできたら、お役目御免となるんですか?と聞いてみたら「港湾施設などで需要が沢山あるから、心配はしてない」とのこと。 女川の新しいトレーラーホテル、ぜひ応援してあげてください。※女性セブン2013年3月21日号
2013.03.11 07:00
女性セブン

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン