鷲尾いさ子一覧

【鷲尾いさ子】に関するニュースを集めたページです。

『MIX』のCMに出演したAKB48の矢作萌夏
「あのCM美女は誰?」で注目 令和元年ブレイク必至の3人
 平成の時代を彩った「CM美女」と言えば、初代リハウスガールの宮沢りえ、JR東海の牧瀬里穂や深津絵里、ポッキーの新垣結衣……などが思い浮かぶ。そして新元号となる今年も、「あのCM美女は誰?」と話題となる女優・タレントが続々と登場している。その中から特に注目の3人を紹介しよう。 あだち充の不朽の名作漫画『タッチ』から30年後の世界を描いた話題作『MIX』。4月からテレビアニメ(毎週土曜17時30分~、日本テレビ系)も始まり、盛り上がりをみせる同作のテレビCMで注目されているのがAKB48の矢作萌夏(16)だ。CMでは、学校の教室の中で1人真剣な表情で漫画を読む姿が描かれている。 研究生から正規メンバーへの昇格、ソロコンサート、そして今夏には写真集発売とAKB48史上最短ルートで駆け上がってきた彼女。「超絶美少女」と評されるルックスはもちろん、スタイル、パフォーマンス、どれもまるで漫画やアニメのヒロインのように完璧と言われ、特に歌唱力に関しては「ソロコン(ソロコンサート)の生歌バラードは、MISIAを彷彿させた」とファンからも注目されている。CMや撮影現場のオフショット動画を見ると、その魅力が伝わってくる。 次に注目なのが、この春から『エビオス整腸薬』(アサヒグループ食品)のCMでメディア初出演となったミオ(20)。端正な顔立ちに、スラッと伸びた美脚が話題になった彼女は、俳優・仲村トオルと女優・鷲尾いさ子の実娘だ。 撮影について本人は「自分が想像していたよりは緊張もなくて、それよりも楽しさのほうが勝った感じの撮影でした」と振り返り、早くもサラブレッドの片鱗を見せた。ちなみに同社の『エビオス錠』のCMは、父の仲村トオルが出演。ミオは父親のCM撮影現場を見学したという。 最後に押さえておきたいのが、広瀬すず、吉岡里帆など、今やテレビで見かけない日はないCM美女を多数輩出した『ゼクシィ』(リクルート)の11代目CMガールを務めている井桁弘恵(22)。最近では4月公開の映画『4月の君、スピカ。』にも出演し、女優としての活躍も期待される注目株だ。福岡県出身、地元の進学校を卒業後上京。まさに才色兼備な彼女は、「食生活アドバイザー3級」「化粧品検定2級」といった資格も有する。知的なイメージが定着すれば、大手クライアントからのオファーもいっそう増えそうだ。 ほかにも、『オロナミンC』(大塚製薬)のCMに出演中の清原果耶(17)、『ポカリスエット』(同)の茅島みずき(14)など、注目株は多い。誰が「令和元年」を代表する美女になるか、楽しみだ。
2019.04.17 16:00
NEWSポストセブン
新潟市民は「北陸」にも「東北」にも入れられたくない
新潟市民は「北陸」にも「東北」にも入れられたくない
 東京から新幹線で約2時間の新潟市。AKBグループのNGT48 が2015年に発足するなど、最近、何かと話題の街でもある。その新潟市について、市民なら思わずうなずく「あるある」事情をお届けする。人口/81万514人面積/726.45平方km(平成27年国勢調査より)主な出身有名人/赤塚不二夫(漫画家)、小林幸子、鷲尾いさ子(女優)◆渋谷のハチ公より、新潟のタマ公のほうが「忠犬」だと思っている「忠犬タマ公」は飼い主を雪崩から2度も救ったという忠犬で、新潟市の白山公園や新潟駅に像がある。ちなみにタマ公はメス。◆血液型を聞かれると、とりあえず「新潟」と答える 新潟では定番の返し。隣県の「山形」出身者がその場にいると、ウザさが倍増。◆「下越が上、上越が下」を間違えるとうるさい 北から下越、中越、上越と位置するが、それは京都を中心に考えられていたから。◆女子高生のスカートが日本一短い。たぶん「日本一制服のスカート丈が短い県」とテレビや雑誌で話題になり、教員たちが啓発運動をしたこともあった。◆「北陸」にも「東北」にも入れられたくない「中部地方」、「関東甲信越」にも入り、電気は「東北電力」。新潟の人はそのどの区分も否定しがちで、特に「北陸」、「東北」とされるのを嫌がる。イラスト■福島モンタ※週刊ポスト2016年11月11日号
2016.11.08 07:00
週刊ポスト
水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K
水着姿のキャンギャル 水着審査拒否し合格した後の女優K
 これから夏にかけて、テレビCMや街角のポスターで目にするようになるのが、水着姿で微笑む美女の姿だ。日本におけるキャンペーンガール(キャンギャル)のパイオニアは前田美波里といわれているが、水着姿のキャンギャルは大きく分けて2種類。1つは繊維メーカーによる「新作水着のプロモーション」のためのモデルである。 後の大女優を数多く輩出したのがユニチカのスイムウェアキャンペーンモデル。内田有紀(1993年)、本上まなみ(1995年)、米倉涼子(1996年)が代表的だ。同社はマスコットガールというキャンペーンも展開(2000年にスイムウェアと統合)。こちらからは風吹ジュン(1974年。スイムウェアと兼務)や紺野美沙子(1979~1981年)らが輩出された。 紺野はカメラ好きの叔父の写真出品がきっかけでオーディションを受けることになったが、水着審査を「自信がない」と拒否。それでも合格したという逸話を持つ。そして1980年にはNHK連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインとなった。 東レキャンペーンガールからは山口智子らが輩出された。山口は審査員に「胸がないねえ」といわれると、腕立て伏せや牛乳を飲むことでバストアップを図り、堂々としたポージングを見せて1986年のモデルに選ばれ、1988年には朝ドラ『純ちゃんの応援歌』のヒロインに抜擢された。1987年の杉本彩も、ここから羽ばたいた一人だ。 松嶋菜々子は旭化成の提供番組『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)の放送10周年とタイアップした1992年のキャンペーンガールに選出された。同年のアサヒビールのソフトドリンク部門でも選ばれて、1996年の朝ドラ『ひまわり』で女優として開花した。「新作水着や化粧品のキャンギャルは女性に共感される要素を持つ必要がある。女優としても売れる存在感があり、そのため国民的番組である朝ドラヒロインに続々選ばれたのでは」(社会学者の太田省一氏) 水着キャンギャルの「当たり年」とされるのが1999年だ。東京スイムスーツ協会(現在の日本スイムスーツ協会)主催の「水着ファッションショー」には7社のキャンギャルが勢揃い。その中には東レの菊川怜や、旭化成の片瀬那奈など、今も第一線で活躍する女優たちがいた。近年では、三愛の菜々緒(2010年)がドラマ『サイレーン』で見せた悪女役でブレイクする。 さてキャンギャルのもう1つの役割として、水着姿で企業の広告活動を行なうというものがある。カネボウ化粧品は城戸真亜子(1981年)、麻生祐未(1985年)、鈴木保奈美(1986年)、大塚寧々(1989年)をいずれも大学生時代に採用した。「現在こそ女性の4年制大学進学率は45%を越えるが、1980年代は12~14%程度。高学歴なのに大胆な水着姿になることの価値が高かった」(太田氏) 初代にアグネス・ラムを選んだ車載音響機器メーカーのクラリオンは、烏丸せつこ(1980年)や宮崎ますみ(1985年)、蓮舫(1988年)などがグラビア路線を継承。その流れを決定的にしたのが1990年のかとうれいこである。「1990年代に入ってグラドルというジャンルが確立し、キャンギャルの需要が増えた。クラリオンガールはその後、大河内志保(1992年)、立河宜子(1993年)、原千晶(1995年)などのグラビアスターを生みました」(太田氏) 同じく初代にアグネス・ラムを起用した大磯ロングビーチからも山田まりや(1997年)、佐藤江梨子(1999、2001年)などのグラドルが誕生している。 居酒屋の壁などによく貼られていた、水着姿の美女がジョッキ片手に微笑むビール会社のキャンギャルも馴染み深い。バブル景気に沸く1980年代後半に誕生し、逸材が続々発掘された。キリンビール・飯島直子(1990年)、サッポロビールのC.C.ガールズ(1992年)、サントリー・釈由美子、アサヒビール・伊東美咲(ともに1999年)や井川遥(2000年)などが脚光を浴び、彼女らはグラビアを経て女優に転身した。 航空会社は主に沖縄キャンペーンで水着キャンギャルを起用。ANAは1985年に鷲尾いさ子が「太陽直下、ガンバルクイーン」、1987年に石田ゆり子が「踊ろよ、フィッシュ」、JALは1983年に鳥越マリ(現・まり)が「マリン・マリリン、すてきです。」というフレーズで話題をさらった。「スチュワーデスになれれば」という動機で応募した斉藤慶子は1982年の「JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれると芸能界入り。同じくJALでは1985年の吉川(現・君島)十和子が代表的。キャンペーンではスチュワーデス姿を披露した。 財前直見は高校卒業後、レコード会社に就職予定だったが、1984年のTDA(東亜国内航空)のキャンギャルに選出されると、両親の反対を押し切って芸能界入りを決意。大きなリスクを取って挑戦するほどキャンギャルにはステータスがあったのだ。■構成/岡野誠※週刊ポスト2016年6月3日号
2016.05.28 16:00
週刊ポスト
仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々
仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々
 1月30日公開の映画『さらば あぶない刑事』が初日の観客動員10万人を記録し、最高の滑り出しを見せている。 1986年のドラマスタートから今年で30年。映画7作目となった今作でも、舘ひろし(65才)と柴田恭兵(64才)の“タカ&ユージ”コンビは健在で、「あと5日で定年退職」という設定ながら「衰え知らずの2人! シリーズ最高傑作」と往年のファンは大興奮だ。いくつになっても変わらない破天荒ぶりを見せる2人とは対照的に、新人から課長へと出世する成長を見せたのは町田透を演じる仲村トオル(50才)だ。 仲村は昨年デビュー30周年を迎えた。大学在学中に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演デビュー。『あぶデカ』で大ブレークし、連ドラへの出演は30本を超える。 そんな仲村は1995年に女優・鷲尾いさ子(48才)と結婚。鷲尾は15才でモデルデビュー、1989年に出演した清涼飲料水『鉄骨飲料』のCMで一躍人気女優となった。「芸能界でも有数の口べたなふたりが交際10か月で結婚。あの会見(鷲尾が涙を流し、人々の感動を呼んだ)には驚きましたね。その後も仲村さんは一度も浮いた噂もなく、理想の夫婦といわれていました。2人目のお子さんを産んでからは鷲尾さんは家事と子育て中心の生活でしたが、出産後もふたりでシャンプーのCMに夫婦共演して話題になりました」(ベテラン芸能記者) 1999年に長女が、2004年に次女が誕生。都内の1等地約80坪、2億円の一戸建て暮らし。2人の娘も有名私立校に通い、順風満帆な生活を送っていた。しかし、今から5~6年ほど前、鷲尾を病魔が襲った。近所でも鷲尾の姿は見られなくなった。「原因不明の、完治が難しいといわれる病気でした。歩行や会話も困難になる可能性もあるといわれ、リハビリ治療を続けなければいけません。鷲尾さん1人で出かけることは困難で、家族の生活のスタイルは大きく変わったそうです」(仲村の知人) 当時、娘は小学生と幼稚園。娘の送り迎え、学校行事、ゴミ捨て、食器洗い、掃除、洗濯──それらを仲村が一気に担うようになった。「もともと日曜大工はお手の物。ベストファーザー賞をもらったのもうなずける理想的なパパでしたが、それとこれとはわけが違う。でも仲村さんは主夫の覚悟をもって全身全霊で鷲尾さんと娘さんを支えていました」(前出・知人) 楽しそうに子育てや自身の家事についてインタビューで話す仲村が妻の話に関しては口を閉ざしていたため、その後「不仲説」が飛び交ったこともあった。「彼の好きな言葉は“武士は食わねど高楊枝”。仲村さんは“感情や欲望を露わにするのは格好悪いことだ”という思いが強く、大変なことほど言わずにのみ込む。だから奥さんの話には触れることはないし、本人も大変でやらなくてはいけないからやるのではなくて、家族のためにもやりたいからやっているって姿勢を見せてきたんだと思いますよ」(前出・知人) その娘たちも高校2年生(17才)と小学6年生(11才)。闘病妻を支える大きな存在になった。「ドラマや舞台の飲み会があっても以前は参加することなく直帰していましたけど、ここ1~2年はほとんど顔を出すようになったようです。今も奥さんは外出などは厳しい状況だそうですが、お子さんたちが手伝ってくれるからでしょうね。鷲尾さんの闘病があって、学校行事に仲村さんがよく顔を出していたから、今も幼稚園時代からのパパ友ママ友と交流が続いているそうです」(前出・知人) 家族の闘病生活がはじまった頃、仲村は雑誌のインタビューで、「守り抜きたいもの」についてこう答えていた。《もちろん家族です。俺の代わりの役者はいくらでもいる。そんな感覚は今より若いころのほうが強かったと思いますが、妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う。堅苦しく言えば、そう思うのは責任感からかもしれないけど、守らなければと思うのは確か》 娘たちの成長がうれしく、でもどこか寂しく感じている夫の姿に、妻は感謝を重ねてやまない。※女性セブン2016年2月18日号
2016.02.05 07:00
女性セブン
仲村トオル 病妻・鷲尾いさ子にかわって家事全般をフル担当
仲村トオル 病妻・鷲尾いさ子にかわって家事全般をフル担当
「娘たちが10年後に“親はいつもベストを尽くしてくれた”と思われるように頑張りたい」 14才と9才の娘がいる仲村トオル(47才)は、5年前に「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」に選ばれると、こう挨拶した。子育てだけでなく、掃除、洗濯、食器洗いが大好きで、「アクティブな引きこもり」を自称する仲村。数えるほどの特別な日にしか飲みに行くことがなく、仕事が終わるとそのまま自宅へと帰る彼は、芸能界きっての「イクメン」として知られている。 その一方で、妻・鷲尾いさ子(46才)は、いつの間にかテレビやスクリーンから遠ざかっていた。子育てや自身の家事については楽しそうに語るのに、妻については言葉数が少なくなる仲村に、「夫婦仲が悪いのでは?」という声も最近では少なくなかった。そのことについては仲村の近所でも話題になっていた。「あのご夫婦は、昔は本当によく見かけたんですよ。一緒に買い物に出かけたり、娘さんと公園で遊んだり…。でも、3年くらい前からかな? 鷲尾さんの姿を見かけなくなったんですよ」 また別の近所住民もこう話す。「それまではいつも鷲尾さんがしていたお子さんの学校への送り迎えも、仲村さんが代わりにするようになって、家の周りの草むしりなんかも彼がひとりでしてるんですよ」 取材を進めると、仲村家は深刻な事態に陥っていた。「実は、鷲尾さんが数年前から重病を患っているんです。症状はいい時もあるんですが悪い時になると歩くのもやっとで、外出することもままならない状態になるそうです」(夫妻の知人) 1999年に長女、2004年に次女を産み、子育てもひと段落して、女優としての再スタートを考えていたまさにその時、突如病魔が襲った。原因は不明。完治の難しい病気だった。日本健康教育振興協会の菅原道仁会長がこの病気について説明する。「50~60才くらいのかたに多い病気ですが、若いかたにも発症例が少なくありません。進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります。現在は投薬やリハビリ治療によって日常生活に支障が出ないようにすることができるようになってきました」 鷲尾は継続的に治療を受けているが、いつ突発的に症状が出てしまうかわからないため、現在はひとりでの外出が困難になっているという。そのため仲村が鷲尾に代わって、娘たちの送り迎えをするようになり、母親だけの参加で構わない学校行事には万が一のために、鷲尾に連れ添うようになった。そんなふたりの姿に、事情を知らない他の母親たちが驚いたり、うらやましげに見つめることも少なくなかった。 病と闘う妻に寄り添い、2人の娘の子育てをし、家事全般もこなす。もちろん仕事をセーブすることなく…。現在も6月からの主演舞台『オセロ』の稽古に追われる日々だ。お手伝いさんや知人の手を借りることもあるが、しかし仲村はできるかぎり自分の手で家族を支える道を選んでいる。※女性セブン2013年5月9・16日号
2013.04.25 07:00
女性セブン
仲村トオルの妻・鷲尾いさ子に「数年前から重病」との報道
仲村トオルの妻・鷲尾いさ子に「数年前から重病」との報道
 元女優で、俳優・仲村トオルの妻の鷲尾いさ子(46才)が重病であると、4月25日発売の女性セブン5月9・16日号が報じている。 鷲尾は1989年に清涼飲料水のCMに出演して大ブレイクし、1992年に仲村と出会った。交際期間わずか10か月で結婚を決めた2人には1999年に長女が、2004年には次女が誕生し、話題作への出演が続く仲村を支え、家事や育児は鷲尾が担当しているという。 記事によると、鷲尾は数年前から重病を患っており、症状が悪い時には歩くのもやっとで、外出することもままならない状態になるとのこと。同誌は、具体的な病名は挙げていないが、鷲尾の病気に関して「進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります」という専門家のコメントを紹介している。 また記事では、所属事務所が鷲尾が闘病中であることを認めた上で、「(鷲尾が)家族だけでなく、親しい友人、知人のかたがたにとても感謝しているようです」というコメントも掲載されている。
2013.04.25 05:00
女性セブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト