山路徹 夫婦の戦場一覧

娘が自分と同じくらいの年の婚約者を連れてきたらどうするか
娘が自分と同じくらいの年の婚約者を連れてきたらどうするか
 数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリストの山路徹氏(52才)が、女性セブン読者のお悩みにお応えします。今回は、娘の結婚に関するお悩みです。【読者からの相談】 娘が結婚したいと連れてきた相手はうちの夫と2才しか変わらないおじさん。夫は猛反対していますが、娘は「愛に年の差は関係ない」と意地になっています。私も賛成ではないのですが、娘が選んだ相手なので夫婦そろって祝福してあげたいのです。夫を説得する方法を教えてください。【山路徹のアドバイス】 以前、ぼくの部下が同じような悩みを相談してきました。彼の妹がやはり20才以上年上の男性と結婚したいと連れてきたそうです。兄である部下は猛反対。それでぼくにどうしたらいいか、相談してきたんです。 ぼくは“結婚は本人がするものだから、妹さんの意思が固ければ受け入れるしかない”と答えました。結婚を頭ごなしに反対しても、妹さんが応じなければ、余計にこじれてしまうと思ったからです。 のちに妹さんに子供が生まれ、愛おしそうに我が子を抱いている姿を見て、彼も仕方ないなと思って、結婚を受け入れたそうです。子供ができると変わるんですよね、人間って。 結婚はトライアルができないから、こればかりはしてみないとわからないんです。もちろん入籍する前に一緒に暮らしてみて、相手のことを知るという方法もありますから、娘さんには“まずは一緒に暮らしてから結婚を考えたら?”と提案してみてはいかがでしょうか。 それに結婚は一生もんではありません。3度も離婚しているぼくが言うのもなんですが、結婚を一生もんと考えたら、期待を持ちすぎて、何かトラブルがあったときにショックが大きくてつらくなってしまう。 だからあまり結婚に縛られすぎず、ある程度、娘さんの言う通りにさせてみてはいかがでしょう。それでダメなら、娘さんをまた受け入れればいい。それぐらいの余裕を持っていたほうが万事うまくいきますよ。※女性セブン2014年8月14日号
2014.08.06 07:00
女性セブン
残業代ゼロでも退職不可 ブラック企業勤務夫に妻は何すべき
残業代ゼロでも退職不可 ブラック企業勤務夫に妻は何すべき
 数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリストの山路徹氏(52才)が、女性セブン読者のお悩みに応えます。今回は、夫がブラック企業に務めているという奥様からの相談です。【読者からの相談】 夫の会社がブラック企業のようです。毎日、深夜帰宅なのに残業代ゼロ。仕事を辞めたいと上司に言ったらしいのですが、なかなか辞めさせてくれないようです。毎日、疲弊して帰ってくる夫を見て、私もなんとかしてあげたいのですが、どう対応すればいいのでしょうか。(35才・パート)【山路徹のアドバイス】 今のご時世、若者の就職難も深刻ですから、仕事がきつくてもなかなか会社を辞めることはできないのが現実。 だんなさんも上司に辞めたいと言っているようですが、実際はそんなに強く言えていないのかもしれません。やはり家族を守るためには働き口を確保しておきたいもの。今の会社を辞めたところで、すぐに再就職できるわけではない。そんなことをだんなさんがいちばんわかっているからこそ、毎日、疲れながらも会社に行っているはず。 それにブラック企業といえども、能力のない人間が「辞めたい」と言えばすぐに辞めろと言うはずでしょうから、あなたのだんなさんはそれだけ腕を買われているのだと思います。 われわれの仕事だって労力の割には賃金がともなってないことも多いですし、フリーランスなら深夜まで仕事をしたって残業代ゼロ。それでもやっていけるのは、自分たちがこの仕事を好きだからなんだと思います。 今はブラックじゃない企業のほうが珍しいのかもしれません。ただ、体を壊してまで仕事を続けるというのも、違うと思う。 あなたができることは、とにかく疲れて帰ってきただんなさんにやさしくすること。そして本当にだんなさんがつらくて、心身を害するようなら、「辞める」という後押しをしてあげてもいいと思います。「私もパートで頑張るから、あなたも少し休んで好きな仕事を探しましょう」と奥さんから言われれば、だんなさんもどれだけ励みになるかわかりませんよ。※女性セブン2014年7月31日・8月7日号
2014.07.20 16:00
女性セブン
夫のコレクションを処分する方法 オークションに出すのが吉か
夫のコレクションを処分する方法 オークションに出すのが吉か
 数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリストの山路徹氏(52才)が、女性セブン読者のお悩みを解決します。今回は、捨てられない夫に悩む妻からの相談です。【読者からの相談】 うちの夫は昔、はまっていた飛行機のプラモデルにも釣り道具にも今は見向きもしないのに処分しません。そのおかげで今、ひとり暮らしをしている大学生の息子の部屋は夫の倉庫と化しています。どうにかして処分してもらう方法はないでしょうか。(50才・パート)【山路徹のアドバイス】 ぼくも捨てられない人の気持ちは理解できます。ぼくの場合は万年筆が好きで、20年近く集めていますし、本だって積読(つんどく)状態ではあるにもかかわらず、次から次に本を買ってしまう。でも捨てられないんですよね。 ぼくの場合は万年筆と比較的かさばらないものだからいいのですが、あなたのだんなさんの場合は息子さんの部屋が占領されてしまっている。それが問題なんですね。 ただ、趣味をぞんざいに扱うとだんなさん自身もぞんざいに扱われたような気持ちになってしまう。それが男心です。だからむやみに捨てろとか処分しろとか言わず、「一度、ネットオークションにかけてみたら?」と提案してみてはどうでしょうか。 昔のプラモデルはものすごいプレミアがついている可能性もあります。オークションに出せば、買ったときの値段以上がつくかもしれない。そうしたらだんなさんだって、自分のコレクションが評価されたような気持ちになって、自分から売ってくれるようになるかもしれない。 釣り道具だって、オークションに出せば買い手がつくかもしれない。 まずはあなたがネットなどでだんなさんのコレクションがどれぐらいの価値になるかリサーチしてみて、「これぐらいで売れるから、一度、出展してみては?」とすすめてみる。それでもだめなら、「自腹でどこか倉庫を借りてほしい」と言うしかないですね。※女性セブン2014年7月24日号
2014.07.16 16:00
女性セブン
山路徹氏 完璧な夫でいようと2番目の妻に朝食作っていた
山路徹氏 完璧な夫でいようと2番目の妻に朝食作っていた
 数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリストの山路徹氏(52才)が、女性セブン読者のお悩みを解決。今回は夫から「ぐうたら」呼ばわりされる女性からの相談です。【読者からの相談】 毎朝、夫と息子のために弁当を作っているのですが、それが冷凍食品ばかりなのが不満なのか、夫は「専業主婦なんだからもっと手作り感のある弁当にしろ。だからお前はぐうたら主婦だ」と言います。それなら自分で作れって思うんですが、私はぐうたらなんでしょうか。(40才・専業主婦)【山路徹のアドバイス】 結論からいうと主婦の仕事は大変ですし、毎朝、お弁当を作っているだけでもすごいと思うので、あなたはぐうたらではありません。だんなさんが、主婦という仕事に理解がないのは、コミュニケーション不足だからかもしれません。 夫婦というのはちょっとした不満の積み重ねが亀裂を生むもの。ぼくにも経験があるんです。どんなに深夜の仕事で疲れて帰ってきても、2番目の妻には朝食を作ってたんです。自分では完璧な夫でいようと思ったんでしょうね。 こちらとしては必死にやってるつもりでも、向こうにはそれがベストじゃなかったのかもしれない。だから感謝の言葉もなく、「今日の魚の焼き具合、いまいちじゃない?」という言葉にも反応してしまったりして、気づけば夫婦の溝が開いていた。 そうならないうちに、思っていることは相手にぶつけなきゃけいないんです。子育てをしながら、毎日、早起きしてお弁当を作るのがどれだけ大変かということも、話さないとわからないのかもしれません。仮にだんなさんが「外で働くほうが大変だ」と言ったら、「私もあなたみたいなやっかいな上司がいて大変よ」と反論ぐらいしてみてもいいと思いますよ。※女性セブン2014年7月17日号
2014.07.09 07:00
女性セブン

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン