携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110318_15315.html

注目のビジュアル

長野放送出身の岸田あさみさん

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

最も悩ましいパイスラ角度は左右45度と判明

新潟・長岡まつり大花火大会で打ち上げられる「白菊」

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

品川駅と田町駅の間に広がる品川車両基地

俳優としての評価も高い田原俊彦

加藤牛肉店のヒレとサーロインのステーキ

横山めぐみの「ゴージャスな胸元」

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


地震学者 房総半島沖での大地震発生の可能性を指摘

2011.03.18 07:00

未曽有の大災害となった東北関東大震災。余震はこれから数か月間続き、震源域の南北両端で多発するという地震学者も少なくない。また地震発生直後からは、長野や新潟など別の場所を震源とする地震が多発しており、“さらなる大きな地震が起こるのでは?”と日本中が恐怖に怯えている。

そんななか、3月13日に放送された『NNN緊急特番東日本大地震』(日本テレビ系)で東京大学地震研究所の纐纈(こうけつ)一起教授が語った予測が専門家の間で話題になっている。

それは今回の大地震の震源域の南にある房総半島沖を震源とした大地震が起こる可能性があるというものだ。前述の纐纈教授と一緒に地震の研究をする東京大学地震研究所の大木聖子助教が彼の説をこう説明してくれた。

「今回の地震は同じプレート内で起こっているんです。最初の震源地から北へ、南へとドミノ倒しのように広がったんです。房総沖はいま、その倒れてきたドミノを頑張って支えている状態で、いつ倒れてもおかしくない。だから房総沖に大きな地震が起こっても不思議ではないんです」

さらに京都大学名誉教授の川崎一朗氏もこう指摘する。

「(房総沖地震の)可能性はあると思います。スマトラの地震のときも、3か月後に震源の東側の近い場所でマグニチュード8.7の地震が起こっています。房総沖は北にある今回の震源域と同じプレートにありますからね。それと同じようなことが起こるかもしれないんです」

※女性セブン2011年3月31日・4月7日号


人気ランキング

1.
森喜朗元首相 えひめ丸事件の際にゴルフ続けた理由を明かす
2.
反・江角派のママ「夏休み明けたらどんな顔で会えばいいの」
3.
朝日新聞慰安婦報道の「闇」と裁判担当した福島瑞穂氏の関与
4.
エボラ出血熱 日本上陸の最大のリスクは中国人のコウモリ食
5.
大津いじめ問題 加害生徒の母親が荒げた声に校長たじろいだ
6.
社内不倫がバレて異動 対外的に使われる「表向きの理由」は
7.
年収の官民格差 バス運転手は公務員677万円、民間435万円
8.
小川菜摘 女芸人に浜田の不倫いじられ「前から知ってたわよ」
9.
笹井氏の遺書「STAP細胞再現して」は最大級の嫌味とも解釈可
10.
朝日新聞の慰安婦報道が国際社会で既成事実化した経緯を検証

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき 嘘つき韓国の正体

エストロゲン

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。