携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20111031_67908.html

注目のビジュアル

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

謎の美女・祥子

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

会見で涙を拭う小保方晴子氏

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

福島の子供たち 甲状腺検査で1100人中45%被曝との測定結果

2011.10.31 07:00

ベストセラー『がんばらない』の著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、チェルノブイリの子供たちへの医療支援などにも取り組んでいる。その鎌田氏が、福島県の子供たちの甲状腺検査について報告する。

* * *
福島県内には、18歳以下の子どもたちが36万人いる。3・11以来、この36万の子どもたちの母親は、ずっと不安を感じていた。原発事故によりわが子が被ばくしていないかどうか――である。

国や福島県による、子どもの甲状腺の検査計画がいつになってもはっきりしなかった。8月になって、原子力対策本部が3月末に実施した甲状腺被ばく測定の実態が公表され、検査を受けた1100人の子どものうち、45%が被ばくしていることが判明したという。

チェルノブイリでは、被ばく量が100ミリシーベルトを超える地域で、小児甲状腺がんが多発した。小児甲状腺がんは、一般的には100万人に1人の割合で発症する大変珍しい病気だが、チェルノブイリの事故の際は、100ミリシーベルトを超えると1万人に1人にまで発症率が上がった。

それは事故から5年が経って多くなり始め、10年後でピークを迎えた。1991年から2005年の15年間に、18歳以下の小児甲状腺がんが発症した患者は6848人だった。

※週刊ポスト2011年11月11日号


人気ランキング

1.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
2.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
3.
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
4.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
5.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
6.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
7.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
8.
川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も
9.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
10.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面

今日のオススメ

提供元一覧

おっぱいバイブル

ようこそ、わが家へ

太平洋戦争 最後の証言 第3巻

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。