ライフ

日野原氏 人は「社会のため」と言うが本当は「自分のため」

『生き方上手』などの著作で知られる、聖路加国際病院理事長の日野原重明氏。齢100歳を前にしても精力的な活動を続けているが、「生き方」と裏表にある「死に方」についてはどう考えているのか。1994年にベストセラーとなった永六輔著『大往生』を、日野原氏がかつて解説していた。(週刊ポスト1994年7月8日号より)

――『大往生』が、飛ぶように売れている。

「表紙がいいですね。岩波新書の例の赤字に、黒い文字で『大往生』。実に、おめでたくていい。伊丹十三監督『大病人』に匹敵する素晴らしいネーミングだと思う。老い、病い、死、仲間、父という目次/章タイトルは、歌舞伎文字ですよ。実に、明るくていい」

――悲しいけれど、ジメジメしていない。

「もはや、死は忌むべきものではない、という強烈なメッセージがこめられている。作家や医者が、頭の中で創作した“死”ではなくて、庶民の生の声が伝える“死”をちりばめて、綴った本だからだと思います。“ただ死ぬのは簡単なんだ。死んでみせなきゃ意味がないよ”という言葉もあった。死んでしまう時代から、死んでみせる時代がはじまっているということでしょうね」

――“長寿のどこがめでたいのか”という言葉もあった。

「永さんは、“長命社会”より“長寿社会”を考えるべきだ、と提言されている。いまの医療はまさに長命医療なんです。“寿”という言葉は、老子によると“死しても亡びざる者”という意味なんです。“命”は短くても、“寿”が長いことのほうが、私は大事だと思う」

――太く生きよ、と?

「人生80年として、寝てるのが3分の1。残りは、食うため出世のため家族のため……自分のために使う時間です。口では“社会のため”といいながら、自分の財産とか名誉のために寿命を示す時を投資している。問題は、残る命を、遠からず亡くなってしまう自分のために使うか、なくならない何かのために使うか……」

 日野原氏の言葉の中に、死生観の分かれ目を見いだすヒントが垣間見える。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン