• TOP
  • 国内
  • 田中角栄、39歳の初入閣時のあだ名は「おやじ」

国内

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

田中角栄、39歳の初入閣時のあだ名は「おやじ」

 モツ焼き屋に行ったりラーメン屋に行ったりと、庶民派をアピールする「小市民宰相」が幅を利かせる最近の日本の政治事情。昭和の総理には良くも悪くも大物感が漂っていたものだが、中でも全開バリバリの「親分肌」といえば、やはり田中角栄だ。

 なにしろ39歳で郵政大臣になったころから、周囲に「おやじ」と呼ばれていた田中。引き合いに出して申し訳ないが、30代にも見える自民党の山本一太議員も、現在すでに52歳だ。

 そして、田中は、とにかく金の払いっぷりがよかった。説教じみたことはいわず、恩着せがましくもない。「邪魔になるものではないから取っといてくれ」と金を渡して、その話はおしまい。あとは、明るい話題で酒を飲んだという。

※週刊ポスト2010年9月17日号

関連記事

トピックス