• TOP
  • 国内
  • 野中広務 小沢一郎の涙に「よくあんな器用に泣けるな」

国内

2010.09.30 07:00  SAPIO

野中広務 小沢一郎の涙に「よくあんな器用に泣けるな」

 表には出ないものの、裏から政治の世界を動かす、民主党の小沢一郎氏の「闇将軍体質」はどこから来たのか、“仇敵”である野中広務氏はジャーナリストの松田賢弥氏に語っていた。(SAPIO 2010年6月9日号より)

 野中氏は、闇将軍・小沢の原点は、92年に金丸信・自民党副総裁(当時)が佐川急便5億円ヤミ献金事件を追及された時に遡ると指摘した。

 92年8月27日――。金丸は佐川急便ヤミ献金事件を報じた朝日新聞の記事(92年8月22日付)を受け、緊急記者会見を開いた。そこで自民党副総裁の辞任を発表したのだ。当時、野中は自民党総務局長を務めていた。

「その日は夏休みで、ちょうど私が党本部に詰めている当番の火だった。そうしたら午後になって、佐川急便ヤミ献金事件を会見で明らかにすると金丸さんの秘書の生原(はいばら)正久さんたちが言い出した。

 国対委員長だった梶山静六さんは、ヨーロッパに視察に行っていた。ロンドンでつかまて、金丸さんが会見すると言っていると伝えると『バカな、俺が帰ってからにしろよ』と言って声を荒げましたよ。
 
 私は、幹事長の綿貫民輔さんが16時頃に幹事長室に入ってくると言っているからそれまで待てと言った。なのに会見は15時半に始まってしまった。そして金丸さんは記者会見で、東京佐川急便の渡辺広康社長から5億円もらったことを認めるメモを佐藤守良さん(経世会事務総長・当時)に読ませたんだ」(野中氏)
 
 この会見を仕切っていたのは小沢だったと野中は言い、会見後も抵抗したという。

「会見直後(8月31日)の箱根の派閥の研修会で、小沢さんが『会長(金丸)の今後の取り扱いについては私に一任してくれ』と言ったから、私は『一任できない』と異を唱えた。この一連の経緯には不自然なものがある、という理由だ。

 だが、私が反対したあとも、小沢さんは金丸さんに直接、『何とか私に任せてください』と言って主導権を握った。まあ、金丸さんも小沢さんをかわいがり過ぎた」

 金丸の信用を小沢はどう勝ち取ったのか。その一端を窺い知るエピソードを野中は明かした。当時、事件の渦中にあった金丸の自宅で野中はこんな光景を目にしている。

「われわれはマスコミの目をかいくぐって、金丸さんの家に行き、麻雀をしたりして慰めていたんだが、ちょうどそこに小沢さんが来るということになったから私ら隠れて見ていたんですよ。

 そうすると金丸さんの前で、『私に任せてください。小沢一郎のバッジにかけて守ります』と涙をはらはら流しながら言うんですよ。よくあんな器用に泣けるなと思いました」

 金丸事件から約20年――。小沢のやり方で一貫しているのは、国民の監視に晒されている政治の表舞台ではなく、裏側で隠然たる影響力を行使してきたという点だ。それは、一言で言うなら小沢の“闇将軍体質”だろう。

関連記事

トピックス