• TOP
  • 国内
  • 茂木健一郎氏「早すぎる就活は本末転倒でシュールで不条理」

国内

2010.10.03 17:00  週刊ポスト

茂木健一郎氏「早すぎる就活は本末転倒でシュールで不条理」

 夏から秋となり、大学生の就職活動も本格化する。そして、その主役は3年生だ。そうした早すぎる就職活動に、脳科学者の茂木健一郎氏は異議を唱える。茂木氏の主張とは…。

******************************
 年々、日本の就職活動が早まっているらしい。3年生の秋からエントリーし、説明会などが始まると聞いていたが、最近では3年の夏休みにもう「インターン」という形で企業と関わるらしい。

 早すぎる就職活動が大学での学びに重大な影響を与えている。学問が一番面白くなる時期に、就活に時間をとられる。授業やゼミがうまく立ちゆかなくなると聞く。

 内定が出てから、ようやく落ち着いて卒業研究などに取り組む。これでは本末転倒である。

 企業の不可解な「新卒偏重」がこのような事態を招いている。年齢制限があるのに加えて、「卒業見込み」でなければそもそもエントリーできないという会社も多い。

 このため、「新卒」という「資格」を失うまいと、就活のためにわざわざ留年する学生まで出てくる。日本ならではの、シュールで不条理な風景がそこにある。
 
※週刊ポスト2010年10月8日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス