• TOP
  • スポーツ
  • 野村克也氏 岩隈久志を「本物のエースではなかった」と評す

スポーツ

2010.11.29 17:00  週刊ポスト

野村克也氏 岩隈久志を「本物のエースではなかった」と評す

『野村の実践「論語」』

「ID野球」で知られる野村克也氏のリーダー哲学を、論語とともに読み解いた『野村の実践「論語」』(小学館刊)。その中の言葉を野村氏自身が解説する。

 * * *
【野村の言葉:「エースは鑑でないといけない」】

「岩隈久志は制球がいいし、なにより決め球のフォークがある。メジャーではフォークを投げるピッチャーは少ないから向こうで通用するだろう。しかし岩隈はエースかというと、本物のエースではなかった。

 2ケタの勝ち星を挙げるからエース、ではない。チームの勝ち頭だからエース、でもない。監督訓示で選手を前に『あいつを見習え』と選手たちにいわれるようになればエースなんです。

 岩隈には心構えが欠けていた。チームの中心人物は言動が個人主義であってはならない。常にチーム、仲間、組織を念頭に置く必要がある。それができなかった。だから私はエースや四番に厳しい苦言を呈したんです。 エースとは練習態度、自己管理法などすべての言動において模範となり、チームの鑑となる者をいうのです」

※週刊ポスト2010年12月10日号

関連記事

トピックス