• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉 柳葉敏郎の“ヤマト愛”を「ハンパない!」と絶賛

芸能

2010.11.29 17:00  女性セブン

木村拓哉 柳葉敏郎の“ヤマト愛”を「ハンパない!」と絶賛

 木村拓哉(38)が主演する映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』が、いよいよ公開に(12月1日、全国東宝系ロードショー)。アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写化に、地球を救うヤマトの壮大なミッションと、とても似た感覚で挑んだという撮影をプレイバック! 古代進役を演じた木村拓哉が、共演者たちとの撮影秘話を熱く語った。

 黒木メイサ(22)は、エースパイロット・森雪役。古代に反発するが次第に惹かれるように…。

「黒木さんが撮影にジョイントしてくれたときは分厚いシーンの連続で相当ハードだったと思うけど、一回も逃げなかったし、ごまかしもしなかったです。そこら辺の男よりガッツがあります」

 また、戦死した古代の兄・守(堤真一・46)の同期・真田志郎役の柳葉敏郎(49)は、アニメ放送当時中学生の“ヤマト世代”だ。

「柳葉さんの“ヤマト愛”はハンパない! 古代に“お前を弟のように思っていた”という原作と同じ台詞があるんです。撮影前の柳葉さんは、半径5メートル以内がヤマトの世界になっているのを感じるほどでした」

※女性セブン2010年12月9日号

関連記事

トピックス