ライフ

汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆候

 もしかしてこれって更年期障害? と思いつつも、「これくらいで…」と病院に行かない女性は多い。更年期の女性を応援する団体、NPO法人「女性の健康とメノポーズを考える会」によれば、更年期症状の兆候には以下のようなものがある。

・顔がほてる
・汗をかきやすい
・腰や手足が冷えやすい
・息切れ、動悸がする
・寝つきが悪い、または眠りが浅い
・怒りやすく、すぐイライラする
・くよくよしたり憂鬱になることがある
・頭痛、目まい、吐き気がよくある
・疲れやすい
・肩こり、腰痛、手足の痛みがある

 さて、自分は更年期障害なの? こんな症状があるんだけど…といったところを、神田第二クリニックの間壁さよ子先生に聞いてみた。

Q1:40代後半になって急に汗をかくようになりましたが、これって更年期?

A:その年代で汗をかいたり、体がほてったりということがあれば、まず更年期の症状を疑ってよいでしょう。更年期とは、閉経をはさんだ前後10年、だいたい45才歳から55才歳までをさします。このころからエストロゲンという女性ホルモンの分泌が急激に低下します。ほてりや汗(ホットフラッシュ)に限らず、喉のつかえ、イライラや動悸、肩こり、性交痛などさまざまな症状があらわれます。精神も不安定になり、うつにもなりやすく、安定した日常生活が送れなくなることもあります。

Q2:我慢できないほどの症状はないけど放っておいたらどうなるの?

A:症状が軽くても、体内では変化が起きています。要注意は動脈硬化やエストロゲンの減少により骨密度が低下して起こる骨粗しょう症。40代後半になったら、整形外科で骨密度をはかってください。

Q3:母は更年期で苦しみましたが、私にも遺伝しますか?

A:更年期症状は遺伝しません。しかし体質や性格の遺伝から、症状が似てくることもあるかもしれません。とくに性格は大きくかかわってきます。症状が出やすいのは真面目で完璧主義の人。また職場や家庭などの生活環境でのストレスも症状に影響します。

※女性セブン2010年12月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス