• TOP
  • ビジネス
  • 眞鍋かをり 不動産ファンドに興味津々「そりゃあ得だわ!」

ビジネス

2011.01.08 17:00

眞鍋かをり 不動産ファンドに興味津々「そりゃあ得だわ!」

眞鍋かをり

 資産運用の中でも一般人が手を出しにくいというイメージがある不動産投資。しかし近年、不動産ファンドという新しい手法が注目されてきている。どこが新しいのか、その利点は何か、眞鍋かをりが、都市綜研インベストファンドの池和史取締役に聞いた。

 * * *
眞鍋:「『みんなで大家さん4号』というのが、御社の主力商品ですね」

池:「はい。不動産ファンドには大きく分けて二つの形態があります。一つは、キャピタルゲインと呼ばれるもの。これは例えば10億円のマンションを13億円で売って、値上がり益で儲けましょうというものです」

眞鍋:「ああ! それです! なんか不動産ってバブリーなイメージだよな~って考えちゃう原因」

池:「もう一つは、家賃収入です。物件に入ったテナントさんや、業者さんに家賃をいただいて、それを分配する方法。我々の『みんなで大家さん』シリーズはこちらです」

眞鍋:「みんなで一つの物件の大家さんになって、その家賃をみんなで分けましょう、ということですか?」

池:「はい。一口100万円からになります」

眞鍋:「わかりやすっ!(笑) しかも、不動産投資で100万円からって、すごくお安いですよね」

池:「そうですね。中には5口、10口と投資される方もいらっしゃいますが、不動産投資がはじめての方にも安心、簡単に運用ができるように1口100万円を広めたいのです」

眞鍋:「みんなで100万円ずつ出し合えば、大きな物件でも投資できますもんね」

池:「しかし、100万円は100万円です。不動産投資で100万円といえば、容易かも知れませんが、他の金融商品に比べたら、気軽に“安いでしょ”とは言えません」

眞鍋:「たしかに。株やFX(外国為替証拠金取引)なら、5万、10万から始められますもんね。でも、他の金融商品にはないメリットがあるのでは?」

池:「失礼ですが、眞鍋さんは賃貸マンションに住まれたことは?」

眞鍋:「ずっと賃貸です」

池:「家賃が急に下がったり上がったりしたことは?」

眞鍋:「急にはないですね」

池:「そうですよね。絶対とは言い切れませんが、極端には変動しにくいという利点を使った商品がこの『みんなで大家さん』シリーズなんです」

眞鍋:「なるほど~。安心感がありますね。“比較的安定しているんだよ”とは逆に、他の金融商品と比べてここはリスクかなっていう点は何でしょう?」

池:「入っていたテナントが抜けてしまったり、物件自体が天災などで崩壊してしまったら、一時的には分配できなくなってしまいます」

眞鍋:「あくまで家賃収入を分配するという商品ですもんね。ちなみに、分配っていつ行なわれるんですか?」

池:「分配は2か月に1回、奇数月です。こちらの商品は当初、シニア層を対象としたものだったので、奇数月に配当があれば、毎月安定した収益を得られます、というコンセプトなんです」

眞鍋:「うわ~、シニアの方にとってそれはうれしいですね。しかも、私ちょっと驚いてしまったのですが、想定分配率が6%!」

池:「はい。『みんなで大家さん』は今回で4号となりますが、隔月の分配率も、満期での出資金償還についても、現在のところ想定通りとなっております」

眞鍋:「じゃあ、一口投資していたとすると、3年間で想定18万円(税引き前)が分配となるわけですね。そりゃあ得だわ!」

池:「そうですね、おかげさまで」
 
※マネーポスト2011年1月号

関連記事

トピックス