• TOP
  • 国際情報
  • キューバで競技有利にするための貧乳手術あったと二宮清純氏

国際情報

2011.01.15 10:00  SAPIO

キューバで競技有利にするための貧乳手術あったと二宮清純氏

日本の国力の衰退は政治や経済だけではない。スポーツも同様に今、中国・韓国にしてやられている。中国や韓国は国をあげての「選択と集中」でメダルを量産している。日本でもそうした議論はあるが、それに対し、スポーツジャーナリストの二宮清純氏は、スポーツの多様性が失われると警告する。そして、国家主導による弊害について指摘した。

* * *
冷戦時代、東ドイツをはじめとする旧社会主義国家はスポーツを国威発揚の最大の手段と見なし、身体能力に秀でた子供たちを全国からかき集め、体のサイズや適性に応じて取り組む種目まで国家が指定した。

勝つためにはドーピングはもとより身体改造もいとわなかった。その弊害は至るところで報告されている。

日本のあるスポーツドクターから、こんな話を聞いたことがある。

「女性にとって胸が大きいと競技の邪魔になる。キューバではトップアスリートがオッパイの脂肪の一部を削る手術を受けていた。“豊胸手術”の逆の“貧乳手術”ですよ。ここまでして勝ちたいのか。国家がスポーツを利用した許し難い例だと思いますね」

※SAPIO2011年1月26日号

関連記事

トピックス