芸能

aiko 幼稚園時代に即興オリジナルソング歌い将来を確信される

 1998年のデビュー以来、ヒットチャートを席巻し続けているaiko(35)。2月23日に2枚同時に発売された初のベストアルバム『まとめI』『まとめII』は、合わせて44万枚の大ヒットになっている。

 そんなaikoは1975年、大阪市で、スナックを経営する父と看護師の母の間に生まれた。父親は若いころ、プロの歌手を目指して上京したこともあるほどの音楽好き。その影響もあって、aikoは3才からピアノを習い始めた。aikoの知人がこう話す。

「“お前、なんか歌ってみろ”と父親がいうと、aikoちゃんは、即興でオリジナルの曲を作って歌うんですよ。それがなんと幼稚園のころ。そのときから、本人だけでなく、家族全員がaikoちゃんは将来プロの歌手になると思っていたそうです」

 高校生になると、学校で友人とともにバンドを組み、文化祭でMr.Childrenの曲を演奏していたという。そして、大阪音楽大学短大に進み、自分で作詞作曲をしながら、父親のカラオケスナックでアルバイトを始めた。それがaikoにとってのスタートラインとなった。当時の常連客が振り返る。

「店の客はほとんどが常連さん。aikoちゃんは客とデュエットしたり、ひとりで歌ったりしていました。なかには“甲斐バンドの『安奈』を1オクターブ高く歌え”とか、“太田裕美の『木綿のハンカチーフ』の〈彼女のパート〉を歌え”といった、細かい注文が飛ぶこともありましたよ」

 客からの注文は演歌もあった。が、もちろん当時のaikoには歌えない曲もあった。

「うまく歌えなかったり知らない曲があったときは、その次の日、父親と開店前から歌の特訓をしていました。美空ひばりさんの『リンゴ追分』なんかをよく練習していたようです。父親はとても厳しくて、“ここはそうじゃない!”“ヘタクソ”とダメ出しすることが何回もあったそうですよ」(前出・常連客)

※女性セブン2011年3月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン