芸能

aiko 幼稚園時代に即興オリジナルソング歌い将来を確信される

 1998年のデビュー以来、ヒットチャートを席巻し続けているaiko(35)。2月23日に2枚同時に発売された初のベストアルバム『まとめI』『まとめII』は、合わせて44万枚の大ヒットになっている。

 そんなaikoは1975年、大阪市で、スナックを経営する父と看護師の母の間に生まれた。父親は若いころ、プロの歌手を目指して上京したこともあるほどの音楽好き。その影響もあって、aikoは3才からピアノを習い始めた。aikoの知人がこう話す。

「“お前、なんか歌ってみろ”と父親がいうと、aikoちゃんは、即興でオリジナルの曲を作って歌うんですよ。それがなんと幼稚園のころ。そのときから、本人だけでなく、家族全員がaikoちゃんは将来プロの歌手になると思っていたそうです」

 高校生になると、学校で友人とともにバンドを組み、文化祭でMr.Childrenの曲を演奏していたという。そして、大阪音楽大学短大に進み、自分で作詞作曲をしながら、父親のカラオケスナックでアルバイトを始めた。それがaikoにとってのスタートラインとなった。当時の常連客が振り返る。

「店の客はほとんどが常連さん。aikoちゃんは客とデュエットしたり、ひとりで歌ったりしていました。なかには“甲斐バンドの『安奈』を1オクターブ高く歌え”とか、“太田裕美の『木綿のハンカチーフ』の〈彼女のパート〉を歌え”といった、細かい注文が飛ぶこともありましたよ」

 客からの注文は演歌もあった。が、もちろん当時のaikoには歌えない曲もあった。

「うまく歌えなかったり知らない曲があったときは、その次の日、父親と開店前から歌の特訓をしていました。美空ひばりさんの『リンゴ追分』なんかをよく練習していたようです。父親はとても厳しくて、“ここはそうじゃない!”“ヘタクソ”とダメ出しすることが何回もあったそうですよ」(前出・常連客)

※女性セブン2011年3月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト