• TOP
  • 芸能
  • 和田アキ子 今年は誕生会自粛するも若手芸人の苦悩は続く

芸能

2011.04.07 07:00  週刊ポスト

和田アキ子 今年は誕生会自粛するも若手芸人の苦悩は続く

 ある芸人が震える声でこう打ち明けた。「今年も“4・10”の招待状が僕の所に来たんです。震災下のこの状況でどうしたもんやら……」

「4・10」――この日を知らなければ、芸能界ではモグリと呼ばれてもしかたがない。そう、あの「ゴッドねえちゃん」こと和田アキ子(60)の誕生日なのである。

 前出の芸人が受け取った招待状によれば、今年の誕生パーティは4月8日に予定されていた。

「例年であればオールナイトで飲めや歌えの大騒ぎです。出川(哲朗)さんあたりが酔ったアッコさんにボコボコにされるのは当たり前。過去には陰毛を燃やされた芸人もいる。途中で“帰ります”なんていえばこっちの命が危ないから、朝まで付き合うしかない。毎年アッコさんの誕生日の前後3日間は、仕事を入れずに準備をしているんです。だけど、今年ばかりは……。招待状は震災前に発送されたものらしいので、きっと中止になると思う。でも、こっちから“中止ですよね?”なんて聞けないし……」(前出の芸人)

 ビビりまくる芸人の代わりに、本誌が和田サイドに開催するのか聞いてみた。

 すると、「今年は開催しません」(和田の所属事務所)との回答。

 ある芸能関係者がいう。「アッコさん自身も、今回ばかりは相当悩んでいたようです。被災者の気持ちを考えれば自粛すべきじゃないかという思いと、中止してしまうと、毎年様々な趣向を考えてくれる峰竜太や勝俣州和らが中心の幹事会に申し訳ないという思いの間で最後まで揺れ動いていたようです」

 震災時に不謹慎ではあるが招待者たちも一安心……と思いきや、芸人たちの苦悩はまだまだ続くようだ。

 前出の芸人がいう。

「誕生会が中止になったからといって、アッコさんの61歳の誕生日が来ないってわけじゃありませんから……。スケジュールはみんな空けてあるので、何らかの形で自主的に集まることになると思います。行かないと“アイツは薄情や”ってことになりかねないのでオソロシイ……」

 こんなときでも、欠席者は『笑って許して』もらえないということか。

※週刊ポスト2011年4月15日号

関連記事

トピックス