• TOP
  • ライフ
  • 地震保険の加入者激増 申し込みが通常の約30倍の保険会社も

ライフ

2011.04.16 07:00  女性セブン

地震保険の加入者激増 申し込みが通常の約30倍の保険会社も

 東日本大震災後、地震保険への加入希望者が激増している。地震保険とは、火災保険とセットで販売される保険で、加入すると、震災時に建物は最大5000万円、家財は最大1000万円まで補償される。

 大震災が起きると保険会社だけでは保険金が支払えなくなる可能性があるため、地震保険は国と民間が共同で運営。補償額は火災保険の30~50%と法律で決められており、保険会社による違いはない。保険料も住んでいる地域や家屋の状態によって異なるが、各社横並びだ。

「地震保険にはいりたい場合は、現在加入している火災保険の保険会社に問い合わせてみてください。火災保険の保険期間の途中でも加入を認めてくれるところもあれば、数年ごとの更新時でなければダメという会社もあります」(来店型保険ショップ『保険クリニック』・篠原美穂さん)

 また、通常、地震保険は火災保険とセットでしかはいれないが、地震保険を単独で扱っている日本震災パートナーズ(http://www.jishin.co.jp/)という保険会社もある。

「東日本大震災の発生直後から電話問合せやインターネットでの契約申し込みが通常の約30倍に増えました」(日本震災パートナーズ)

 いつやってくるかわからない震災。備えるなら早いほうがいい。

※女性セブン2011年4月28日号

関連記事

トピックス