• TOP
  • ライフ
  • かばん屋の息子ふたりが遺言を巡って争う金融ミステリー

ライフ

2011.05.07 16:00  週刊ポスト

かばん屋の息子ふたりが遺言を巡って争う金融ミステリー

【書評】『かばん屋の相続』(池井戸潤/文春文庫/610円)

 * * *
「松田かばん」の社長が急逝し残された息子ふたりは、兄の持っていた遺言書で深刻な事態に陥った。遺言には店を実質運営していた弟ではなく、大手銀行に勤めていた兄に譲るという内容だった。取引信金の小倉はその一部始終を見るが……。表題作ほか5編。(天)

※週刊ポスト2011年5月6日・13日号

関連記事

トピックス