• TOP
  • 国内
  • 女性の応募もあった「成人合宿」 放火や暴行恐れ無期限延期

国内

2011.06.23 07:00  週刊ポスト

女性の応募もあった「成人合宿」 放火や暴行恐れ無期限延期

 主催者が意図した「性革命」の実現は、ひとまず先送りとなってしまった。本誌5月27日号で取り上げた「成人合宿」が、8月29日の開催を待たずして、早くも無期延期となったのだ。

 確かに何から何まで前代未聞の試みだった。性交経験のない男女、つまり「童貞」「処女」の大学生・大学院生を対象に、2泊3日でセックス実習を行なう。そのうえ初体験の“実習相手”は抽選で選ばれ、参加費用は15万5500円という驚きの合宿セミナーなのである。

 本誌が報じてからというもの、ネットなどを中心に大きな議論の的となった。「性に積極的になれない若者にとっては朗報」といった好意的なものから、「初体験をカネで買うのか」「管理売春に問われかねない違法行為だ」という否定的なものまで様々な意見が飛び交った。合宿を主催するNPO法人「ホワイトハンズ」の代表・坂爪真吾氏がいう。

「成人合宿は新潟市での開催を予定していたのですが、新潟県警から“抗議がたくさん来ている”と連絡を受けました。警察と相談したところ“違法かどうかは判断できない”とのこと。

 しかし、万が一ですが、事務局に放火されたり、スタッフが暴漢に襲われる可能性は否定できないと指摘された。スタッフの身の危険を考えると、無期限延期にせざるを得ませんでした」

 無期延期を決定した時点で、女性数人を含む総勢10数名の応募があったという。

「受講希望者に無期延期の旨を告げると、“残念だけど、少しホッとした”というメールが届きました。希望者たちが面白半分でなく、真剣な考えを持って応募してきたことがよくわかります」(坂爪氏)

※週刊ポスト2011年7月1日号

関連記事

トピックス