• TOP
  • 国内
  • 本宮ひろ志氏 菅首相就任時「簡単に辞めないで」と電話した

国内

2011.06.27 07:00  週刊ポスト

本宮ひろ志氏 菅首相就任時「簡単に辞めないで」と電話した

漫画家・本宮ひろ志氏は1982年、本宮氏本人を主人公に、「参議院選挙に全国区から立候補する」と宣言して『やぶれかぶれ』の連載を開始。菅直人氏が選挙の指南役として登場したものの、全国区がなくなったため出馬を断念した経験を持っている。

その本宮氏が、プロインタビュアーの吉田豪氏とのインタビューで、菅直人首相との親交についてこう語っている。

* * *
吉田:政治家といえば、本宮さんは菅直人総理と親交が深かったじゃないですか

本宮:ああ、結構ゴルフに行ったりとかしたけど。

吉田:菅総理のパンフの絵とかも描いてましたよね?

本宮:描いてます(笑)。総理大臣になった日に、試しに携帯に電話してみようかと思ったら出ちゃって。「いや、なっちゃったよ」とか言うから、「簡単に辞めないでよね」って。そしたら「本宮さんにも何かやってほしい」って言われて、「俺は絶対にやらねえ。考えるだけ無駄だからやめてくれ」って。俺は基本的に公なところから金をもらうのだけは、死んでもしたくないんだよ。

※週刊ポスト2011年7月8日号

関連記事

トピックス