• TOP
  • ライフ
  • 「プラモと家族どっちが大事?」でプラモ選択夫、実家送りに

ライフ

2011.07.20 07:00  女性セブン

「プラモと家族どっちが大事?」でプラモ選択夫、実家送りに

 趣味はないよりあったほうが人生を豊にする…ハズなのに、うちの夫の場合は、ただの人騒がせか、恥の上塗りか。そんなバカダンナエピソードを紹介するのは、東京都在住のパート勤務・Kさん(41才)。地方公務員だというバカダンナ(42才)は、とにかくプラモデルに夢中なのだとか。

 * * *
 ただでさえ狭いわが家が、夫のプラモデルと関連雑誌で、足の踏み場もない。普通、作るにしても車とか、フィギュアとか、専門があるらしいんだけど、夫の場合、スポーツカー、お城、ガンダムとかのアニメものまで、とにかくジャンルに関係なくコリまくり。

 次男が小さいときなんか、シンナー塗料を口に入れそうになっているのに、夫はプラモに夢中で気づかない。このときはさすがの私もキレたわよ。「プラモと家族、どっちが大事なのっ。出ていけ!」って。

 そしたら「ああ、出ていくよ」と、夫は実家に帰っちゃった。でもなんで家出したか、親にいえなかったみたいね。1泊だけしてすごすごと帰ってきたから、「プラモデル作りはしばらくの間、ベランダでします」と一筆いれさせたわよ。

※女性セブン2011年7月28日号

関連記事

トピックス