• TOP
  • ライフ
  • アロハシャツ出勤43才夫 女子社員から不評でクールビズ断念

ライフ

2011.07.24 16:00  女性セブン

アロハシャツ出勤43才夫 女子社員から不評でクールビズ断念

いったん「イケてる」と思いこんだら、テコでも動かない。ハタ目にはかなり不思議なファッション、スタイルなのに変えたがらないダンナにぼやく妻。千葉県在住のNさん(42)さんの夫(43)は、張り切ってクールビズを始めたそうなのだが…。Nさんが夫を語る。

* * *
梅雨明け前から会社でスーパークールビズを推奨しはじめたとかで「オレもいよいよ、やらなきゃな」といっていたのよ。で、2、3日は政治家のクールビズと同じで、ネクタイを外しただけのノータイスタイル。ダサいけど、みんなそんなもんだろうし、しょうがないかなって見てた。

それがスーツに半袖の白のポロシャツになったときから、ヤバくなったんだよね。メタボ腹夫が着ても、休日の“ゴルフオヤジ”みたいで緊張感まるでナシ。しかもポロシャツをスラックスにinしてるから、余計にお腹が目立つ。

さらに「内勤の職員は、アロハシャツもOKになってるから、中間管理職のパパが見本を見せなくちゃ」と大張り切り。

ふだんの夫は、わりと私の意見に耳を傾けるほうだけど、車の運転と、洋服だけはダメ。どんなアドバイスも聞かないし、ダメ出しなんかした日には「お前に何がわかる」って意固地になる。

で、その日、娘の止めるのも聞かず、わざわざ買ってきたペラッペラのアロハを着用。なのに、ほかはいつも通り。スーツ用のスラックスに黒のビジネスシューズ、黒のビジネスバッグを持って出社。でも、1日だけだったわ。会社の女性社員から「どうしたんですか?」といわれたんだって。

※女性セブン2011年8月4日号

関連記事

トピックス