• TOP
  • スポーツ
  • ダルビッシュ有 六本木夜間トレ後も絶好調、三振取りまくり

スポーツ

2011.09.27 16:00  週刊ポスト

ダルビッシュ有 六本木夜間トレ後も絶好調、三振取りまくり

 ダルの敵はもはやダルだけ。日本ハムのダルビッシュ有(25)は9月11日の楽天戦で、自身最多を更新するシーズン223奪三振をマーク。この日は公式戦初となる中4日登板だったが、7回0封と、疲れなど微塵も感じさせない余裕のピッチングだった。

「中4日でも中3日でも大丈夫。今年は疲労回復が早いので、どんどん投げさせてもらいたい」

 そう豪語する驚異のスタミナは、マウンドだけに収まらなかった。翌日に宮城から東京に移動すると、夜は六本木の高級クラブでの「夜間トレ」に繰り出した。

 店の関係者は語る。

「夜10時頃に、友人のプロスキーヤーなど5~6人のグループで店に来ました。女の子たちは『ダルビッシュが来てるよ!』と浮き足立ち、VIPルームで大盛り上がり。ダルビッシュも焼酎の吉四六の水割りをぐいぐいイイ感じで飲んでいました。残念ながらお持ち帰りはありませんでしたが、結局、閉店の2時半過ぎまでいました」

 肉体改造に励む一方で、妻・紗栄子とのトラブル要因にもなったといわれる「夜遊び」は健在だ。しかし、この男はそれでも結果を残す。その5日後のソフトバンク戦では12三振を奪い、史上5人目となる通算50度目の2ケタ奪三振という記録を達成したのだ。

 カミソリシュートの異名をとった野球評論家の平松政次氏も脱帽の様子。

「今年のダルビッシュは最高の成績だから、これ以上練習するより、息抜きした方がいいのでしょう。ただ、工藤公康が実践してきたように、長く現役を続けるためには多少の節制は必要。彼には往年の大投手に肩を並べられるように、できるだけ長く現役を続ける努力もしてもらいたいね」

※週刊ポスト2011年10月7日号

関連記事

トピックス