ダルビッシュ有一覧

【ダルビッシュ有】に関するニュースを集めたページです。

各界のスター選手はその活躍にふさわしい報酬を手に入れている(写真/AFLO)
大谷翔平、大坂なおみ、松山英樹…超一流日本人アスリートの推定年収
 世界中が固唾をのんで見つめるアスリートには計り知れない広告効果が生まれ、桁違いの富が集中する。日本人トップ選手たちもその活躍にふさわしい報酬を手に入れているようだ。億万長者となっている各界のスター選手を一覧してみよう。【※推定年収は、各種報道での2021年の実績をもとに2022年の収入を編集部が推定(1ドル≒125円で換算)】●大谷翔平(27)ロサンゼルス・エンゼルス投手・DH 推定年収/34億円 本業の年俸は550万ドル(約7億円)だが、アシックスやデサントなど日米15社とのスポンサー契約は1件あたり100万ドル以上で、年間総額は2000万ドル(25億円超)にのぼる。●渋野日向子(23) 推定年収/4億円 2020年からサントリーと3年3億円(年間1億円)の所属契約。アメリカツアーでの獲得賞金に加え、RSK山陽放送やナイキなど約9社のスポンサー収入や9000万円にのぼるCM出演料が入る。●松山英樹(30) 推定年収/38億円 獲得賞金は約5億3400万円(2022年4月時点)。ダンロップとの5年契約(総額30億円)、レクサスとの5年契約(総額10億円)など、約10社との契約金は年間30億円以上にのぼる。●大坂なおみ(24) 推定年収/75億円 昨年の女性アスリートの収入ランキング1位。今年、日清食品所属からフリーに転身するも、ルイ・ヴィトンなどとのスポンサー契約は続行。契約料はナイキとタグ・ホイヤーだけで20億円といわれる。テニスの獲得賞金は年間5億円前後。●錦織圭(32) 推定年収/32億5000万円 過去5年の獲得賞金は年平均1億9000万円。所属の日清食品とは昨年末に契約終了し、今季はフリーで臨む。獲得賞金以外の収入は、ユニクロ12億円、ウィルソン2億5000万円など約10社のスポンサー料で総額30億円にのぼる。●村田諒太(36) 推定年収/7億円 日本初のスポーツ独占生配信(アマゾン)となった“世紀の一戦”ミドル級王座統一戦のファイトマネー6億円(日本人ボクサー史上最高額)に加えて、数千万円のグッズ収入を得た。対するゴロフキンのファイトマネーは15億円。村田は他に、マイナビなど約10社と総額1億円のスポンサー契約を結ぶ。●鈴木誠也(27)シカゴ・カブス外野手 推定年収/21億5000万円 今年3月にカブスと5年総額8500万ドル(約106億7000万円)で契約。メジャーに移籍した日本人野手初年度として最高額で、広島時代の年俸3億円から大幅なアップとなった。●田中将大(33)楽天ゴールデンイーグルス投手 推定年収/10億円 年俸9億円は日本球界最高額。大塚製薬、楽天モバイルなどのCMに出演。昨季は4勝どまりだったが、今季はすでに2勝目を挙げ、日米通算200勝まであと17勝に迫る(2022年4月5日時点)。●ダルビッシュ有(35)サンディエゴ・パドレス投手 推定年収/28億円 年俸は日本人メジャーリーガー最高額2200万ドル(約27億6500万円)。この他に約57万人もの登録者を持つ自身のYouTubeで、300万~1000万円の広告収入を得る。●八村塁(24)ワシントン・ウィザーズ 推定年収/20億円 年俸約6億円に加え、NECや日清食品、大正製薬などと結ぶスポンサー契約は約14億円。もう1人のNBA選手・渡邊雄太の年俸は2億円。●井上尚弥(29) 推定年収/11億5000万円 6月7日のノニト・ドネア戦のファイトマネーは、軽量級では破格の100万ドル(約1億2500万円)。ほかに、NTTぷららやTBCなど、国内外の大手企業とのスポンサー契約は総額10億円に達する。●本田圭佑(35) 推定年収/10億円 現在、サッカーは無所属のため、収入は自身の会社やサッカークラブ経営、カンボジア代表監督の年俸、スポンサー料など。日本人現役サッカー選手最高年俸は、リバプール・南野拓実(27)の5億9000万円。海外の超一流アスリートは…?●リオネル・メッシ(34)パリ・サンジェルマン 推定年収/91億6000万円 年俸51億6000万円。その他、生涯契約を交わすアディダスをはじめ、スポンサー収入は総額約40億円といわれる。同じパリ・サンジェルマンに所属するネイマール(30、右)の年俸は65億2000万円で、ピッチ外の収入は約23億8000万円とされる。●レブロン・ジェームズ(37)ロサンゼルス・レイカーズ 推定年収/131億円 年俸は約51億7000万円。コート外では生涯契約となるナイキの21億円の他、スポンサー収入、株や不動産投資のロイヤリティ、企業の役員報酬などでも収入を得ている。●ロジャー・フェデラー(40) 推定年収/102億円 収入のほとんどを占めるスポンサー契約のうち、特に巨額なのがユニクロの340億円(10年契約)。膝の負傷でしばらく大会に出ておらず、今年半ば頃に復帰が予定されている。●タイガー・ウッズ(46) 推定年収/60億円 昨年2月に交通事故で大ケガを負うも、今年のマスターズで電撃復帰。現時点での獲得賞金は約550万円ながら、ブリヂストンなど10数社と結ぶスポンサー契約で総収入は60億円を超える。※週刊ポスト2022年4月29日号
2022.04.20 19:00
週刊ポスト
佐々木朗希を指導してきた吉井理人ピッチングコーディネーター(時事通信フォト)
佐々木朗希、大谷翔平、ダルビッシュ有らを“育成”した吉井理人・元コーチの凄さ
 最年少で完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希(20)。その佐々木をプロ入り後、これまで辛抱強く指導してきたのがロッテ・吉井理人ピッチングコーディネーターだ。日本ハムの投手コーチ時代にダルビッシュ有、大谷翔平を指導したことで知られ、今回の佐々木の台頭で“名投手コーチ”として評価が高まっている。吉井氏と共に現役時代に近鉄でプレーした野球評論家・金村義明氏は手腕を絶賛する。「1年目の春季キャンプで佐々木のキャッチボールを見ましたが、スーッと糸を引いたような最後まで真っすぐ伸びるボールを投げていて。そんなボールを見たのは松坂大輔以来でしたが、松坂より凄かった。すぐに試合で使いたくなる球ですよ。当初は吉井も1年目の4~5月頃にデビューさせる予定だったようですが、キャンプ終盤に急遽、基礎体力作りに専念させる方針に変えた。その眼力ですよね」 吉井氏はメジャーの経験もあり、筑波大で野球のコーチング理論を学び、修士号を取得している。 吉井氏の評価について関係者が口を揃えるのが、自分の経験や理論を押し付けることなく、選手目線で適切なアドバイスができることだという。「2年目の春季キャンプで腕を伸ばし、肘からトップに上げるようなフォームに変わっていた時は驚きの声があがりました。テイクバックを変えるなんてフォームを崩す一因になりかねないが、吉井さんは本人の意向を尊重した。技術的な見地から問題ないと判断したのでしょう」(スポーツ紙デスク) 選手に慕われている理由は最先端の野球理論だけではないという。「普段は優しいが、信念の男です。監督とも平気でケンカもしますが納得すれば一生懸命働きます。ロッテの投手陣をみればわかりますが、しっかりとチーム防御率という形で結果を残していますからね。そういうコーチに選手も信頼を置く」(前出・金村氏)「令和の怪物」の次なる偉業が楽しみだ。※週刊ポスト2022年4月29日号
2022.04.18 16:00
週刊ポスト
授かり婚でも幸せ!授かり婚した芸能人32選
授かり婚でも幸せ!授かり婚した芸能人32選
ひと昔前は「できちゃった結婚」といわれ、世間ではマイナスなイメージだった授かり婚・・・でも最近では、妊娠をきっかけに結婚を決めるカップルも珍しくありません。さらに結婚と妊娠の幸せ2倍で周りにも言いやすい時代に。そんな授かり婚カップルは芸能界にも多くいます。発表当時はいろいろと騒がれることもありますが、ご本人が幸せならそれで十分ですよね。今回は2000年~2020年に授かり婚した主な芸能人を特集します。授かり婚で幸せな芸能人授かり婚した主な芸能人を年代別に集めてみました。当時世間をにぎわせたカップルから、授かり婚だったんだ!という意外なカップルまで登場しますよ。芸能人の授かり婚【2000年~2010年】まずは2000年から2010年にご結婚されたカップルです。一番昔はなんと20年前。木村拓哉さん&工藤静香さん[2000年11月結婚、2001年5月出産]もう20年も前になりますが、授かり婚の先駆けといえるのではないでしょうか。当時はビッグカップルが結婚するだけでも大ニュースでしたが、授かり婚と発表するとさらに世間は大騒ぎ。当時人気絶頂の木村拓哉さんが28歳という若さで結婚されたのも驚きでしたね。しかもお相手は2歳上の工藤静香さん。現在も仲のよいご夫婦で、生まれたお子さんはcocomi、kokiとして芸能活動を開始しています。 この投稿をInstagramで見る Kōki,(@koki)がシェアした投稿 – 2020年 4月月13日午前8時00分PDT谷原章介さん[2007年3月結婚、2007年10月出産]俳優いしだ壱成さんの元妻と結婚された谷原章介さんですが、結婚会見では「順番が間違ってしまいすみません!」と話す一幕も。現在ではなんと5人の子宝に恵まれて、妻の連れ子を含め8人の大家族で幸せに暮らしているそうです。「子どもたちの寝顔を見るのが一番のストレス解消」と語っており、さわやかで優しくて本当に理想のパパですね。辻希美さん&杉浦太陽さん[2007年5月結婚、2007年11月出産]元モーニング娘の辻希美さんは若干19歳で結婚・妊娠し、20歳で出産しました。当時は若すぎてすぐに離婚するのでは…?という世間の声もありましたが、現在では4児のママ。杉浦太陽さんとは今でもラブラブのようで、インスタでも幸せそうなツーショットがよくアップされています。「希空(のあ)ちゃん」という個性的なお子さんの名前も話題になりましたね。 この投稿をInstagramで見る 辻希美tsujinozomi_official(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 – 2020年 6月月21日午後5時09分PDT松本人志さん[2009年5月結婚、2009年10月出産]松本人志さんの奥さんは元お天気キャスターとして活躍されていた方で、その年の差なんと19歳!過去に数多くの女性と噂が流れた松本さんは、ついに46歳でパパになりました。「娘の好きな男の子情報は絶対聞きたくない!」と話す松本さん。娘さんへの溺愛っぷりは少し意外な気がしますね。佐藤隆太さん[2009年7月結婚、2009年11月出産]俳優の佐藤隆太さんは結婚と、お相手の一般人女性が妊娠7カ月ということを発表しました。2010年には、その年に最も輝くパパに贈られる「ベスト・ファザー・イエローリボン賞」を新米パパとして受賞しています。現在では3児のパパに。いつもニコニコしていて、おうちでも素敵なパパの様子が想像できますね。森山未來さん[2010年3月結婚、2010年10月出産]俳優の森山未來さんは2010年3月に一般人の女性と結婚、妊娠を発表しました。同年10月にお子さんが生まれたことも公表しましたが、性別や名前は非公開。私生活についてはほぼ公にしておらず、ミステリアスな雰囲気の俳優さんですね。永山瑛太さん&木村カエラさん[2010年9月結婚 2010年10月出産]木村カエラさんと永山瑛太さんは2010年6月に婚約と妊娠を発表、その後結婚し出産されました。現在では2人のお子さんに恵まれています。お二人ともあまりプライベートについて語りませんが、最近瑛太さんが連載している雑誌のページにカエラさんが登場しました。カエラさんのインスタでも瑛太さんについて触れるなど、ラブラブっぷりがファンをキュンとさせているようです。 この投稿をInstagramで見る KAELA KIMURA(@kaela_official)がシェアした投稿 – 2020年 5月月12日午前1時22分PDT2011~2015年次に2011年~2015年に授かり婚をした芸能人の方をみてみましょう。濱田岳さん[2011年7月結婚 2012年1月出産]auのCMで金太郎役が話題の濱田岳さんは、モデルの小泉深雪さんと授かり婚をしています。濱田さんが一目ぼれしたそうですが、その身長差はなんと19㎝。モデルの奥さんは身長が179㎝もあるそうです。お子さんはどちらに似ているのか気になりますね。田中圭さん[2011年8月結婚 2012年2月出産]ドラマ「おっさんずラブ」でのブレイクが記憶に新しい田中圭さんは、ドラマの共演がきっかけで元女優のさくらさんと授かり婚をしました。田中さんは結婚に至った理由として「もっとモテたいし遊びたい。やりたいこといっぱいあるけど、自分が今失って一番いやなものは嫁さんだった」と語っています。女性側からするとちょっとどうなの?…と思うところはあるかもしれませんが、現在は第2子も生まれて夫婦仲も仕事も絶好調といえます。倖田來未さん[2011年12月結婚 2012年7月出産]倖田來未さんは自身のライブツアー開催の数カ月前、ロックバンドのボーカルと結婚したことと、妊娠8週であることを発表しました。突然のことにファンは騒然。夏には無事出産を終え、ファンとの約束通りその年の秋にライブで復活しました。玉山鉄二さん[2012年2月結婚 2012年8月出産]俳優の玉山鉄二さんと6歳下の一般人女性は、妊娠3カ月でバレンタイン入籍をしました。NHKの朝ドラに出演されていた当時はお子さんにもなかなか会えず、「1日に1回は子どもの写真を送ってほしい!」と奥さんに頼んだという子煩悩なエピソードも。2016年には第2子も誕生しています。クールな印象ですが、お子さんの前でニコニコしている玉山さんも見てみたいですね。赤西仁さん&黒木メイサさん[2012年2月結婚 2012年9月出産]元KUT-TUNのメンバーである赤西仁さんは、グループ脱退後、モデルの黒木メイサさんと電撃婚。黒木さんは妊娠2カ月でした。ジャニーズの人気アイドルが20代で結婚するのは珍しいことだったので(キムタク以来?)、大ニュースになった記憶があります。現在赤西さんは活動の拠点をアメリカに置き、2017年に生まれた第2子とともに家族でハワイに在住しているようです。仲里依紗さん&中尾明慶さん[2013年3月結婚、2013年10月出産]「二人の合言葉はBIG LOVE」という結婚時の名言が印象的だったお二人。当時の年齢は中尾さんが24歳、仲さんが23歳(妊娠3カ月)、とても若いカップルでした。出産に立ち合った中尾さんは「本当にすごい。感謝の気持ちでいっぱい」と感激していた様子。仲里依紗さんのYouTubeチャンネルでは、素のママの一面を見ることができますよ。 この投稿をInstagramで見る Riisa Naka / 仲 里依紗(@riisa1018naka)がシェアした投稿 – 2020年 6月月6日午前3時20分PDT桐谷健太さん[2014年4月結婚、2014年年末]俳優や歌手活動もされている桐谷さんは、5歳下の一般人の女性と授かり婚をしています。結婚発表したブログでは「結婚を決めたのは本能です。」と彼らしい言葉でつづられていました。バラエティーなどでも面白い一面を見せてくれていますが、お子さんについては性別も名前も非公表。2016年には第2子が誕生しています。豊川悦司さん[2015年4月結婚(発覚)、2015年2月出産]豊川さんは二度目の結婚で授かり婚をしています。前妻との間にも2児がおり、年頃の子どもたちに配慮して10年以上籍を入れずにいましたが、現妻の妊娠を機に再婚。マスコミ嫌いの豊川さんはメディアに再婚を発表しませんでしたが、週刊誌の取材に「子どもが生まれる前に籍を入れた」と告白。50代でパパになりました。何歳になってもかっこいいパパでうらやましいです。吉井和哉さん&真鍋かをりさん[2015年6月結婚 2015年10月出産]イエローモンキーの大ファンだったという真鍋さんは、約4年の交際を実らせ2015年に授かり婚をしました。吉井さんはバツイチで、すでに四人のお子さんがいます。そしてその長女も結婚されて、2015年に出産をしているそう。初孫と自身の子どもが同い年とはびっくりですね。山崎育三郎さん&安倍なつみさん[2015年12月結婚 2016年7月出産]結婚発表時は妊娠について触れませんでしたが、年が明けた2月16日、妊娠と安定期に入っていることを公表しました。7月に出産されたことを考えると、世間では「授かり婚?」と言われています。2018年には次男も誕生しています。当時はあまり知名度のなかった山崎さんですが、現在ドラマや映画に大活躍。安倍さんによると「家の中は音楽であふれている」とのことなので、お子さんの将来も楽しみですね。2016~2020年記憶に新しい2016年~2020年の授かり婚をプレイバック。ダルビッシュ有さん&山本聖子さん[2016年2月結婚 2015年7月出産]メジャーリーガーのダルビッシュ有さんは、レスリング元日本代表の山本聖子さんと授かり婚をしました。お二人とも再婚で、前のパートナーとの間にお子さんもいます。実はこのお二人、入籍よりも出産が先でした。山本さんは前夫と離婚したのが2014年10月なので、「300日ルール」に抵触しないように、結婚の時期をずらしたといわれています。#sedonaweping #lgiveyoumypfetokeep #IdoThank you my fam and friends ????✨めっちゃ楽しかった❤️ 結婚式、パーティー、みんなありがとう????そして旦那様、長い時間よく頑張りました笑 ご褒美に1カ月ゲームに口出さない約束をしました笑 pic.twitter.com/FSrWLuqIRH— Seiko Darvish (@seiko63) January 14, 2019 鈴木亜美さん[2016年結婚7月 2017年1月出産]鈴木亜美さんのお相手は7歳年下の一般男性。結婚発表時は妊娠3カ月でファンを驚かせました。2020年2月には次男を出産し、現在では2児のママ。鈴木さんのインスタグラムにはお子さんの写真がたくさん掲載されていて、成長を見ることができますよ。 この投稿をInstagramで見る ami suzuki(@amiamisuzuki)がシェアした投稿 – 2020年 6月月6日午後11時35分PDT TAKAHIROさん(EXILE)&武井咲さん[2017年9月結婚 2018年3月出産]ドラマの共演がきっかけで交際に発展し、授かり婚したお二人。意外な組み合わせで世間の話題になりました。武井さんは24歳という若さでママに。武井さんのお母さんも22歳で出産されたようなので、若いママにあこがれがあったのかもしれませんね。TAKAHIROさんは「子どもが早起きなので、自分だけ寝ていられる雰囲気じゃない」と、子育ての大変さについて語っています。森泉さん[2018年3月結婚 2018年6月出産]タレントの森泉さんは、10歳上のお寺の副住職さんと授かり婚しています。17年間飼っていた愛犬がなくなったとき、お葬式をしてくれたのが彼だったそうです。周囲に気を使われるのがいやで、なんと家族にも発表前日まで内緒にしていたとか。打ち明けられた家族はびっくりですね。現在では夫と生まれた長女、森さんが飼っている動物20匹以上とともに賑やかに暮らしているようです。いしだ壱成さん&飯村貴子さん[2018年4月結婚、2018年9月出産]俳優のいしだ壱成さんはバツ2で、女優の飯村貴子さんとは再々婚。飯村さんは妊娠約4カ月でした。注目すべきは奥さんの年齢!飯村さんは当時19歳で、いしださんとは24歳も離れています。いしださんは過去2回の結婚とも3年という短い結婚期間だったので、今回は若すぎる奥さんを大切にしてほしいところです。 この投稿をInstagramで見る 飯村貴子(@takako_iimura)がシェアした投稿 – 2020年 6月月14日午後11時58分PDT川栄李奈さん&広瀬智紀さん[2019年5月結婚、2019年11月出産]ドラマにCMに大活躍だった川栄さんは、舞台俳優の広瀬智紀さんと電撃授かり婚をしました。女優として飛躍中だったので出産による休業は残念という声もありましたが、ご本人はとっても幸せそうな様子。インスタグラムでは赤ちゃんとのかわいい手つなぎショットを披露しています。 この投稿をInstagramで見る 川栄李奈(@rina_kawaei.official)がシェアした投稿 – 2019年11月月8日午前9時00分PST小泉進次郎さん&滝川クリステルさん[2019年8月結婚、2020年1月出産]その端正なマスクから女性ファンも多かった若き政治家小泉進次郎さんは、滝川クリステルさんと妊娠5カ月の授かり婚。まったく意外な組み合わせに世間はびっくり。進次郎氏は出産にも立ち合い、その後12日間の育休を取得したことでも話題になりました。育休取得には賛否両論ありましたが、今後もイクメンとしての活躍を期待したいところです。 miwaさん&荻野公介さん[2019年9月結婚、2019年12月出産]シンガーソングライターのmiwaさんは、オリンピックメダリストの荻野公介さんと授かり婚。妊娠発表直前に出演した歌番組では激しく体を動かしていたので、まさか妊娠していたとは…びっくりです。無事赤ちゃんも生まれ公私ともに充実した荻野さん。2021年の東京オリンピックに向けて頑張ってほしいですね。城島茂さん[2019年9月結婚、2020年2月出産]TOKIO城島茂さんの授かり婚のお相手は、なんと24歳下のタレント菊池梨沙さん。このとき城島さん48歳、菊池さん24歳なので親子ほどの年齢差が話題になりました。城島さんより菊池さんのお母さんの方が年下というからびっくり。ジャニーズ最年長の49歳でパパになった城島さんは、息子さんにメロメロだとか。お子さんが成人を迎えるころには70歳近く。健康に気を付けてほしいですね。授かり婚は離婚率が高い?芸能界にもたくさんの幸せそうな授かり婚のカップルがいましたね。しかし授かり婚は離婚率が高い!と言われることもあります。実際どうなのでしょうか。授かり婚の離婚率、実際は…授かり婚の離婚率を示す公的データはありませんが、厚生労働省が発表した授かり婚の割合を年代別で見ると10代…8割20~24歳…6割25~29歳…3割30代…1割このように、10代~20代前半が圧倒的に多くなっています。
2020.07.05 10:00
たまGoo!
1980年の巨人投手陣を牽引した江川卓(左)と西本聖の両エース(時事通信フォト)
1980年代の巨人投手陣を牽引した江川卓と西本聖の凄さ
 緊急事態宣言の全国的な解除を受け、2020年のプロ野球の開幕が6月19日に決定した。2020年代のプロ野球の幕開けであり、令和になってから最初の開幕となる。 1950年の2リーグ分裂後、プロ野球界を引っ張ってきたのは読売ジャイアンツだった。年代別の優勝回数を見てみると、1950年代は8回、1960年代は7回、1970年代は6回、セ・リーグを制覇している。1955年から5連覇、1965年から9連覇を成し遂げ、巨人は「球界の盟主」と呼ばれてきた。 1965年にドラフト会議が始まり、各球団の戦力が徐々に均衡。長嶋茂雄が引退し、V9戦士に衰えも見え始めた1975年、巨人は球団初の最下位に転落した。1980年にはミスター・ジャイアンツの長嶋監督が退任し、世界のホームラン王である王貞治も引退。V9のイメージが色濃く残るプレッシャーの中、1980年代のチームを牽引したのは江川卓と西本聖の両投手だった。 1974年オフにドラフト外で松山商業から入団した西本は3年目の1977年に8勝4セーブを挙げ、頭角を現す。翌年オフ、江川卓が『空白の1日』を利用して巨人への入団を試みるが、ドラフト会議で阪神が1位指名。金子鋭コミッショナーの『強い要望』が出され、1979年1月31日に江川は小林繁との交換トレードで、阪神から巨人へ。開幕から約2か月の謹慎を経て6月2日にデビューして9勝を挙げる。 西本はこの年に初めて規定投球回数に達し、リーグ2位の防御率2.76をマーク。3位は2.80の江川だった。野球担当記者が述懐する。「オフに地獄の伊東キャンプが行なわれ、2人とも長嶋監督に鍛えられた。1980年からの8年間、江川と西本が交互に開幕投手を務めており、1980年代の巨人投手陣は2人を軸に回っていた」(以下同) 1980年から6年連続で江川と西本の2人が2ケタ勝利を挙げている(※江川は1987年まで8年連続)。1981年は江川20勝、西本18勝で、チームの73勝の半分以上である38勝を記録。この年、チームの投球回数の4割以上を2人で占め、巨人はV9の1973年以来、8年ぶりの日本一に輝いた。「ドラフト外の西本は、入団当初は同期で1位の定岡正二にライバル心を燃やした。先発の一角に食い込んで定岡を抜いたと認められた頃に、江川が入団した。西本はエリートコースを歩んできた投手に対して、反骨心をむき出しにして、自分を高めていくタイプの投手でした」 西本はシーズンでは江川の勝ち星を上回ることはできなかったが、日本シリーズでは1981年に2勝(2完投1完封)でMVP、1983年も2勝(2完投1完封)で敢闘賞を受賞。江川が開幕投手を務めた年は3位、2位、3位、2位に終わったが、西本が開幕投手を努めた年は優勝、優勝、3位、優勝という結果に。プロ野球ファンの間では、江川は勝負弱く、西本は勝負強いというイメージも出来上がった。 巨人が江川と西本を擁した1980年代、広島は“投手王国”と呼ばれ、北別府学、大野豊、川口和久、山根和夫などの好投手がいた。この10年間で、北別府は137勝を挙げており、両リーグを通じて勝ち星トップ(2位は江川と西本の126勝)。2ケタ勝利の回数は北別府9回、大野、川口5回、山根4回だった。ただし、チーム内の2人で30勝以上を挙げたのは1982年の北別府20勝、津田恒美11勝、1986年の北別府18勝、川口12勝(金石昭人も12勝)の2年に留まっている。「チーム内に確実に勝ち星を計算できる投手が2人以上、長年にわたって存在することはほとんどない。だが、江川と西本は1980年から5年連続で、2人で30勝以上を挙げている。しかも、1980年の西本の14勝を除いて、全て15勝以上。 当時はV9や昭和30年代の野球と比較されて、そこまで評価されなかった印象があります。1988年まで元号は昭和でしたし、まだまだ昔の野球のほうが凄かったという認識があり、先発は毎試合完投、シーズン20勝して初めてエースという風潮もあった。特に江川はアマチュア時代の実績や入団経緯もあったため、400勝投手の金田正一やシーズン42勝の記録を持つ稲尾和久などを引き合いに出され、損をしている面もあると思います」 現役選手で、昨シーズンまで連続2ケタ勝利を挙げているのは千賀滉大(ソフトバンク)の4年が最長。続いて、菅野智之(巨人)と大瀬良大地(広島)の3年になる。一昨年まで6年連続2ケタ勝利の則本昂大(楽天)も、昨年は5勝に留まった。「則本の6年連続のうち、15勝は2回です。現在メジャーで活躍している選手のNPB時代の連続2ケタ勝利を見ると、日本ハムのダルビッシュ有は6年(15勝以上4回)、楽天の田中将大は5年(15勝以上3回)、広島の前田健太は6年(15勝3回)、日本ハムの大谷翔平は3年(15勝1回)、西武の菊池雄星は3年(15勝以上1回)です。大谷と菊池を除いた3人はメジャーでも2ケタ勝っていますし、日本にいれば記録をもっと伸ばしたでしょう。こうして振り返ると、今のメジャー投手と同じくらい、江川と西本は凄かった。その2人が同じチームにいたことが奇跡でした」 エースが2人いたことで、1980年代の巨人は安定した強さを見せた。10年間で優勝4回はリーグ最多。全ての年でAクラスだった。2リーグ分裂後、巨人が1度もBクラスに落ちなかったのは1950年代と1980年代だけ。時代の狭間で、切磋琢磨した江川卓と西本聖はジャイアンツの歴史に名を残した。2020年代、巨人に2人のようなライバル関係で競り合う投手は出てくるか。
2020.05.28 16:00
NEWSポストセブン
巨人・阿部二軍監督が早大に惨敗のナインに課した罰走の是非
巨人・阿部二軍監督が早大に惨敗のナインに課した罰走の是非
 6月開幕が現実味を帯びてきたプロ野球だが、4月以降は試合が行なわれず“ネタ枯れ”の日々が続いた。そんな中、3月に起きた「ある事件」がネット上で論争を巻き起こしている。 阿部慎之助・二軍監督率いる巨人ファーム(二軍)が、早稲田大学相手の練習試合に惨敗し、阿部が選手に“罰走”を命じた一件だ(3月22日)。「全員に外野両翼のポール間ダッシュを10本、この日登板した投手は5本追加で計15本走らせました。このオフから就任した阿部監督は、“二軍は軍隊式野球をやる”と宣言していました。 これにファンからは『時代にそぐわない』『パワハラだ』と批判が殺到。一方で『アマチュア、しかも大学生に負けたのだから当然だ』という声も多かった」(スポーツ紙デスク) さらにカブス・ダルビッシュ有が、日本球界の“罰走”の伝統についてSNSで〈2005年にはすでに日本ハムでは無駄なランニングはなかった〉と投稿したことも論争を過熱させた。 この“罰走”問題をどう考えるか、野球評論家の江本孟紀氏に水を向けると、こんな答えが返ってきた。「僕が法政大にいた時代は、東大に負けるとえらいシゴかれました(笑い)。それが当たり前の時代だった。トレーニング方法も少なく、走り込みが今より重視されていましたからね。 野球をするうえで、必要な練習の“絶対量”はあると思います。それを懲罰として強制的に走らされるのか、納得して自分のために走るのか。若い選手には、そうした意識やプロとしての自覚は大切だと認識してもらいたい。もっとも、阿部が現役時代に走っていたイメージがないから説得力がない(苦笑)」 隗より始めよ、か。※週刊ポスト2020年6月5日号
2020.05.22 07:00
週刊ポスト
新型コロナの特徴として味覚障害も
新型コロナ対策は「自己関連付け効果」が重要と心理士
臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、森三中・黒沢の感染報告から考える新型コロナ対策について。 * * * お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染、6日に森三中のYou Tubeチャンネルで音声コメントを公開した。発熱などの症状が出てから感染が確認されるまでの2週間について語ったのだが、その声は思っていたよりも明るく、語り口は落ち着いていた。 経過を聞いていると、コロナ感染の症状は人それぞれであることが改めてがわかる。無症状の人もいれば感染すると高熱が出たという人もいる。黒沢さんが「熱っぽいな」と感じたのは3月21日。検温すると体温は「41.2度」。発熱すれば高熱が続くという情報を多く聞くが、黒沢さんが発熱したのはその1度だけだ。すぐに計り直してもその後は36度台に。それでも怖いから病院で受診したというが、インフルエンザの検査のみで2日間休むよう伝えられたという。その後は熱も咳もなく仕事に復帰。 ところがこの時「鼻の奥になんか鼻水がある感じが続いてて…」と風邪の症状があり、味覚と嗅覚に異常が出ていたというのだ。 これがコロナ感染の症状に似ていると彼女が気づいたのは、阪神の藤浪晋太郎投手が嗅覚異常を訴えて感染が確認されたニュースが3月26日に報じられたからだ。藤浪選手と夕食を共にしていた2選手にも味覚障害があり、検査結果は陽性。これにより新型コロナ感染の症状には、味覚や嗅覚に異常が出ることもあるという認識が世間に一気に広まった。 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手も「嗅覚がおかしいってだけで名のり出た藤浪選手はすごい」「関係者への感染リスクもかなり抑えられたはず」と自身のツイッターに投稿したように、藤浪選手の感染のニュースは、黒沢さんが自身の感染を疑い、関係者への感染リスクを抑える行動に出ることができたきっかけを作ったといえる。 藤浪選手感染のニュースを聞いた時、自分の味覚や嗅覚に異常がないか確かめた人も多いのではないだろうか。実際、私もコーヒーを飲んで確認してみた。人には自分に関連づけた事は記憶に残りやすいという傾向がある。これを「自己関連付け効果」というが、今回のコロナ感染ではこの効果が役に立っている。いくつかの情報番組では感染者の話として、自身の味覚異常から感染を疑い受診しているケースを紹介していた。味覚や嗅覚は四六時中、簡単に確認でき気づきやすいポイントだ。おかしいと感じた時“あぁそういえば…”と思い出せば、早期に治療することもでき感染拡大を防ぐ一助にもなる。 だが黒沢さんの場合。本当に怖いのはここからだった。彼女は自身の感染を疑ってから、保健所に相談し、いくつもの病院に頼み込んで、頼み込んでようやく検査してもらえたのだと、森三中・大島美幸さんの夫、放送作家の鈴木おさむさんが明らかにしたのだ。鈴木さんはインスタグラムで「これが一番怖いです。検査してもらえない」とも投稿。黒沢さんも「もしかしたら自分が感染源になったら怖い」とコメント。例え症状に気がついても感染しているのかわからない、検査できないという宙ぶらりんの状態こそが人々の不安の種になる。 音声コメントの最後を「皆さまお気をつけください、以上、森三中・黒沢でした」と締めくくった彼女の声は冒頭よりも明るくなり弾んでいた。 緊急事態宣言がようやく出された。症状に気づき感染を疑う人たちが不安にならないよう、一刻も早く検査体制や医療体制などが整うことを望むばかりだ。
2020.04.08 07:00
NEWSポストセブン
海外旅行者の感染発覚も大問題に(写真/アフロ)
コロナでも危機感ゼロの阪神合コン、海外卒業旅行への怒り
 藤浪晋太郎投手(25才)ら阪神の選手3人が、新型コロナウイルスに感染していたことが発覚したプロ野球界。当初は、「味やにおいが感じられない」という初期症状を早々に球団に申し出た藤浪投手の「勇気ある行動」に称賛の声が相次いだ。 大リーグのダルビッシュ有投手(33才)もツイッターで《嗅覚がおかしいってだけで名乗り出た藤浪選手はすごいと思う》と絶賛。だが、感染の経緯が明らかになるにつれ、称賛は批判に変わっていった。「3月14日の夜、藤浪投手を含む阪神の選手7人は女性5人と一緒に、タニマチ的存在の知人宅で開かれた合コンに参加。彼ら以外にも複数人が出入りし、会には13人以上いたようです。会場がタワーマンションの最上階で、藤浪投手以外のグループも呼ばれていたので、何人いたかは本人たちもきちんと把握できていないようです。食事はバイキング形式で、参加者はソファなどで密着。そして、藤浪投手ら選手3人のほか、女性3人が感染してしまったのです」(スポーツ紙記者) なお、元プロ野球選手の金村義明氏は30日に出演したラジオ番組『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)で、スポンサーの自宅で行った同会には女性が約20人いた、という話を聞いたと明かした。阪神は3月14日、15日の両日、大阪ドームでオリックスとのオープン戦を行っていたが、新型コロナ拡散防止のために無観客試合にしていた。「巨人をはじめ多くの球団は2月下旬から外出禁止令を出していました。ところが阪神は自主性を重んじると言って“不要不急の外出は自粛”にとどめ、外食は許可。今回の感染で、阪神の球団としての危機管理の甘さが露呈した格好ですね。なにしろ阪神の若手選手は、寮を出ると“糸の切れた凧”状態。“遊んでナンボ”という感じですから」(前出・スポーツ紙記者) 藤浪投手は24日に嗅覚の異常を申し出て病院で受診。25日に耳鼻科でPCR検査を勧められ、26日に受けた。「20日から阪神2軍と練習試合3連戦を行っていた中日は、選手に感染者が出ないか戦々恐々としています。プロ野球は4月24日開幕を目指すとしていますが、内部に感染者が出たことで、暗雲が立ち込めている」(前出・スポーツ紙記者) 球界を挙げての感染拡大阻止の取り組みが、若手選手らの無自覚な行動によって水泡に帰すかもしれないのだ。一般社会に目を向けても、意識の低い若者の行動が目に余る。都内の大学生(20才)が話す。「大学側は外出自粛を呼びかけているけど、みんなで飲みに行くのは普通ですよ。春休みなのに何もしないなんてもったいない。“いまなら空いてる”と言って、流行のレストランを借り切って卒業パーティーをする先輩たちもたくさんいます」 京都産業大学では、大学の海外旅行自粛を無視してヨーロッパに卒業旅行に出かけた学生が、帰国後、新型コロナの症状が出ているにもかかわらず卒業祝賀会に出席し、のちに出席した複数名の感染が発覚。大問題になった。 また、早稲田大学ではお膝元のJR高田馬場駅周辺で学生と思しき若者たちが大騒ぎする姿がメディアで報じられ、大学総長が《騒ぎに参加した学生には猛省を促したい。在学生には早大生として、自覚ある行動を改めて求める》という異例のコメントを発表する事態になっている。 亀谷診療所院長の亀谷学さんは指摘する。「新型コロナ感染者のうち2割が重症化しますが、8割は軽症か無症状。特に若い人は無症状の場合が多く、自分が感染しているにもかかわらず遊びに出かけて、知らず知らずの間にウイルスをばらまいているケースも少なくありません」 マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学雑誌(2月19日付)では、無症状患者の鼻とのどに存在するウイルス量が症状のある患者と同レベルであったことを明らかにしている。 若者の多くは自分自身が感染しても命の危険はないと甘く身勝手な思いなのだろうが、自分が知らぬうちに「殺人者」になってしまう可能性を強く自覚すべきだ。※女性セブン2020年4月16日号
2020.04.03 16:00
女性セブン
金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人
金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人
 長嶋茂雄や松坂大輔の鮮烈なデビューが印象に残っている人も多いかもしれないが、球史を紐解けば、1年目から大活躍した選手は少なくない。ここでは10人のスター選手たちのルーキーイヤーの卓越した成績を紹介しよう。35勝や22勝を挙げた選手までいるのだ。◆金田正一(1950年プロ入り) 1年目成績 登板試合:30 勝利:8 敗北:12 防御率:3.94 奪三振:143 高校を中退してシーズン途中で国鉄に入団。8月23日に初登板し、2か月足らずで8勝を挙げた。実質的な1年目となった翌年は、全107試合中44試合に先発し、22勝21敗の成績を残した。9月5日の大阪タイガース戦では史上最年少でノーヒットノーランを達成した。◆ダルビッシュ有(2005年プロ入り) 1年目成績 登板試合:14 勝利:5 敗北:5 防御率:3.53 奪三振:52 東北高時代、春夏4回出場(通算7勝2敗)。ドラフト1位で日本ハム入団。自主トレで膝を痛めて二軍スタートだったが、キャンプ中にパチンコ店での喫煙を写真週刊誌に報じられ無期限の謹慎となった。6月に昇格し、初先発で初勝利。ローテーション入りして5勝。◆尾崎行雄(1962年プロ入り) 1年目成績 登板試合:49 勝利:20 敗北:9 防御率:2.42 奪三振:196 浪商2年時に夏の甲子園で優勝投手となり、秋季大会に優勝してセンバツ出場権を置き土産に中退。尾崎家に各球団のスカウトが訪れる争奪戦の末、17歳で東映に入団した。17歳10か月のオールスター出場、18歳での新人王は今も破られていない最年少記録となっている。◆木田勇(1980年プロ入り) 1年目成績 登板試合:40 勝利:22 敗北:8 防御率:2.28 奪三振:225 1978年のドラフトで広島の1位指名を拒否し、翌年に日本ハムに入団。大小2種類のカーブとパームボールで三振の山を築いた。1試合16奪三振は野茂英雄に破られるまでルーキーの最多記録で、1シーズン毎回奪三振3回は史上唯一の新人記録となっている。◆原辰徳(1981年プロ入り) 1年目成績 出場試合:125 安打:126 打率:.268 本塁打:22 打点:67 1年目から4番候補として大切に育てられた。例えば巨人寮では池の葉っぱの掃除係を担当したが、これは歴代のエリート選手の中でも最も負担が軽い仕事だった。1年目から「美味しさホームラン」のセリフで明治プリンのCMに出演するなど人気もピカイチ。22本塁打で新人王を獲得した。◆近本光司(2019年プロ入り) 1年目成績 出場試合:142 安打:159 打率:.271 本塁打:9 打点:42 盗塁:36 関学大から大阪ガスを経て阪神に入団。開幕戦で2番センターで出場し、初安打初打点を記録。1年目は36盗塁を記録し、史上2人目となるルーキーでの盗塁王を獲得。61年ぶりにセ・リーグの新人記録を更新する159安打、オールスターでのサイクル安打達成。◆権藤博(1961年プロ入り) 1年目成績 出場試合:69 勝利:35 敗北19 防御率:1.70 奪三振:310 鳥栖高から社会人を経て中日に。伸び上がるようなフォームからの快速球で勝ち星を重ねた。35勝の新人最多勝記録で新人王を獲得。69試合に登板し、429回3分の1を投げた。8月にダブルヘッダーで1日に2勝したかと思えば、9月には2敗の珍記録も残している。◆稲尾和久(1956年プロ入り) 1年目成績:登板試合:61 勝利:21 敗北:6 防御率:1.06 奪三振:182 高校時代は無名。契約金は50万円(同期の畑隆幸は800万円)。キャンプで打撃投手を務め、コントロール抜群のスライダーが三原脩監督の目に止まった。21勝を挙げて新人王に。日本シリーズでは先発や中継ぎとして全6試合に登板。巨人相手に3勝を挙げた。◆杉浦忠(1958年プロ入り) 1年目成績: 登板試合:53 勝利:27 敗北:12 防御率:2.05 奪三振:215 立大のエースとして長嶋茂雄らと黄金時代を築いた。大学の先輩・大沢啓二に誘われ2人揃っての南海入団予定が、長嶋が翻意。「シゲ(長嶋)は遠慮せず巨人へ行け」と送り出し、杉浦は約束通り南海に入団した。開幕戦で初登板初勝利を飾ると27勝で新人王を獲得。◆中西太(1952年プロ入り) 1年目成績 出場試合:111 安打:108 打率.281 本塁打:12 打点:65 高松一高で甲子園に3度出場。すさまじいスイングスピードから繰り出される弾丸ライナーが持ち味の豪快な打撃で“怪童”と呼ばれた。西鉄に入団するとキャンプ初日の紅白戦で第一打席をバックスクリーンに叩き込んだ。シーズンが始まると12本塁打を放ち新人王を獲得。※週刊ポスト2020年4月10日号
2020.04.03 07:00
週刊ポスト
プロ野球指導者たちに多くの教えを遺した野村克也氏
「ノムさんと飲みながら野球談義」 佐藤義則氏が思い出語る
 84歳で亡くなった故・野村克也氏は、プロ野球指導者たちに多くの教えを遺した。投手コーチとして阪神や楽天などで野村監督を支えた佐藤義則氏も薫陶を受けた一人だ。佐藤氏が思い出を振り返る。 * * * 野村さんといえば、阪神の秋季キャンプで1か月だけ一緒に指導させてもらったことと、楽天監督時代に私をコーチとして呼んでくれたことが良き思い出ですね。 野村さんは「アイディアを持っているのが良いコーチ」という考えを持っていました。阪神のとき、1年目の藤田太陽のコントロールをなんとか矯正しようと、片足で投げるなどの色んな投げ方でストライクを取る練習をしているのを面白がって見てくれていましたね。〈2001年10月、佐藤氏は野村監督の要望で阪神の投手コーチに就任。しかし野村氏は直後、沙知代夫人の脱税が発覚し12月に監督辞任。阪神に残った佐藤氏は井川慶らを育て、2003年に星野仙一監督の下で阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導く。〉 奥さんの脱税事件で野村さんは阪神を辞めることになり、結局阪神では一緒にシーズンを戦うことができなかったんだけど、在任中は私と木戸(克彦)と3人でいつも晩飯を一緒に食べながら野球の話をしてくれました。葛西(稔)も交えて4人のときもあったかな。自分がテスト生で入ったときの話や南海時代の話、いつも難波で飲んでいた話、キャッチャーの配球面のこととか、飲みながら色々と教えてもらって、本当に楽しかったですよ。 ただ話が長くなることが多くて、監督から逃げるにはどうしたらいいかって木戸と相談した。それであるとき監督を交えて、木戸とジョッキで焼酎をガンガン飲み始めたら、「おまえらとはつきあえない、帰る」って、すぐに切り上げたことがあった。木戸と顔を見合わせて「これだ!」って言い合ったっけ。〈2005年、佐藤氏は日本ハムの投手コーチとしてダルビッシュ有を育て、日本一になる。2009年、再び野村監督に呼ばれ楽天投手コーチとして田中将大らを育成する。その後、田中はシーズン24勝0敗の記録を作り、楽天の日本一の原動力となった。〉 野村さんが楽天の監督になってまた俺を呼んでくれたんです。秋のキャンプのミーティングで「今年のドラフトの成功は、佐藤が来てくれたことだ」と皆の前で言ってくれたのが、すごく嬉しくてね。1年間野村さんの下でしっかり野球を教わることができました。 当時、誰もが楽天が優勝できるとは思ってなかったと思います。でも私は就任1年目から優勝できると思っていました。現に1年目でCSに出ましたしね。CS最終ステージでの日本ハム戦第一戦(2009年10月21日)で、ベンチワークのミスが原因で負けたけど(球界では「福盛の21球」と呼ばれる)、こっちは田中(将大)と岩隈(久志)が残っていたし、日本ハムはダルビッシュ(有)が投げられないから、この試合にさえ勝てば絶対イケると思っていました。最後はスレッジに満塁弾を打たれてサヨナラ負け。この試合を勝たせてやれなかったことで最終ステージを敗退し、結局野村さんが辞めることになりました。そういう苦い思い出もありますね。 とにかく野村さんにも、星野さんにも「コイツは良いコーチだ」って世の中に言ってもらい、私もすごく嬉しかった。特に野村さんがそう思ってくれたのは、本当にありがたいなと感じながらコーチ業に励んでいましたよ。◆取材・文/松永多佳倫
2020.03.06 07:00
NEWSポストセブン
賛否両論繰り広げられている「箸の持ち方問題」(写真/アフロ)
可燃性すさまじい「お箸の持ち方問題」 ダルビッシュも参戦
 ツイッターで、時事ネタやネットの出来事を日々つぶやき、『立て板に泥水』『深爪流~役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』(ともにKADOKAWA)の著書がある主婦、深爪さん(@fukazume_taro)が、ネットでの“可燃性”をがすさまじい、「お箸の持ち方問題」について綴る。 * * * 先日、プロ野球選手・ダルビッシュ有さんの、「『お箸の持ち方はこうでないと行儀が悪いから、そんな奴は非難されて当たり前だ』って言い出したん誰なんやろ」という問いかけが発端となり、ツイッターでは「お箸の持ち方」論争が繰り広げられた。 ダルビッシュさんはさらに、「『正しいマナー』なんて価値観人それぞれなんだから、自分の正しいを大事にすればいい」「自分で言うのは変やけど俺は酷い」と付け加え、自分の箸の持ち方を撮影した動画を投稿して「これが令和のスタンダード」とツイートした。 すると、「国際的に活躍する日本人なのに残念過ぎる」「そんなのが『令和のスタンダード』なわけがない。開き直るのか」などと批判が殺到したという。「これが令和のスタンダード」というダルビッシュ渾身のボケも笑ってもらえないほど、“お箸警察”のみなさんの逆鱗に触れてしまったようだ。 と、他人事のように述べてみたが、かく言う私も箸は正しく持てた方がいいと思っている側の人間である。以前、「しつけやマナーは『相手を不快にすること』以外は全く重要視しない。だから子供の箸の持ち方なんかどうでもいい」と主張する母親のツイートを見たことがあるが、私は、箸の持ち方や食べ方がおかしい人と一緒に食事をするのは割と不快なので共感できなかった。というか、マナー以前に、箸の持ち方や食べ方が美しいとそれだけで周囲に好印象を与えることも多いし、それをしつけてやることは子供にとって生きていく上で大いなるアドバンテージになると考えているので、私には「どうでもいい」とは全く思えなかったのだ。 若い頃、顔がよくてやさしくて下半身的な意味でも最高の男性とつきあっていた。しかしながら、彼の食べ物を頬いっぱいに入れて食事する姿がどうにもがまんできず、別れたことがある。いまだにハムスターを見ると彼を思い出す程度にはトラウマだ。このように、食べ方に関しては「生理的に無理」が発動しがち、というのを鑑みてもやはり箸の持ち方は重要だと思うのである。「食事」は「食欲」を満たすというケモノみ溢れる行動だ。「食べる」という行為に没頭していると、ふとした瞬間に「野性」が出てしまうので、ケモノ臭さを隠して人間らしさを保つために「マナー」なるものが生まれたのかもしれない。万物の霊長として恥じないマナーを身につけたいものだ。 ところで、この箸の持ち方問題。私の観測範囲においては、最終的に2つの意見に分かれて落ち着いた。「箸もロクに持てないような人間とはおつきあいしたくない」派と「箸の持ち方なんか自由。そんなくだらないことでゴチャゴチャ言うヤツはこっちから願い下げ」派である。つまり、両者はそれぞれのワールドで交わることなく生きていく。これが世の中の総意だとすれば、案外、箸を正しく持てなくてもなんの問題にもならないのかもしれない。※女性セブン2020年3月12日号
2020.02.28 16:00
女性セブン
アンチを気にする宮迫(YouTubeより)
ネットの有名税と無名特権、ダルと志らくはもっとやっちゃえ
 有名であるがゆえに、本業だけでなく、恋愛関係や不祥事などをメディアで報じられたりすることは「有名税」と呼ばれる。最近では、ネット上でアンチから非難されることも有名税の一種と言えるかもしれない。その一方で、一部の一般人は「無名特権」を持っているのではないか、と指摘するのは、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。 * * * ネットの書き込みに対し、著名人のイライラが最近爆発しているように感じられる。その様は「文句を言っても仕方ないのは分かってるけど言わせてくれ」というものである。いずれの著名人も、アンチの存在は許容しているし、名が売れることでアンチが発生することは理解しつつも「それにしてもヒド過ぎないか?」といった感覚を持っているのだろう。あとは「見知らぬ人間からなんで日々罵倒をされなくちゃいけねーんだよ。オレはお前の暇つぶしのための道具じゃねーよ!」といった感覚もあるだろう。 ダルビッシュ有はツイッターで「日常生活ではあかんけど、SNSやからやっていいことなんかひとつもないからな」と、アンチに苦言を呈した。立川志らくはテレビ番組でネット上のアンチについて「相手にしていないから。虫ケラだと思ってるから」と発言した。「有名税」という言葉が日本ではすっかり定着しているため、著名人に対しては何を言っても良い、といった意識はあることだろう。ネット時代と過去の違いは、「私」のつもりで発言した暴言や罵詈雑言が「公」と化したことにある。フォロワーが数人しかいないツイッターIDであろうが、書き込んだ以上は「公的発言」として責任を伴う。 ダルビッシュはSNSで一般人とバトルをしたり彼らをバカ扱いすることがある。それに対し「影響力のある有名人が一般人をSNSで晒すのはまずいですよ」と意見されたが、あくまでもそれはあなたの価値観であり、自分が有名になったら晒さなければいい、といった返信をした。意見したユーザーは押し寄せるRTや「いいね」の通知、さらには罵倒に怖気づいたか、このツイートを削除。 ダルビッシュは「ネットはフラットな場である」という2000年代中盤の「ウェブ2.0」の概念をよく分かっている。同様の発言機会を与えられているのだから著名だろうが匿名だろうがフォロワー数が多かろうが少なかろうが発言は等価、ということだ。 著名人の苛立ちの一つの理由は、自分達はサンドバッグのごとくボコボコにされつつも、無名人を晒した場合は「一般人を晒して大人げない」や「著名人ならばもっと節度ある態度を取るべき。聖人君子でいてください!」のように苦言を呈されるからだ。 バカな二重基準だ。だからこそ私はダルビッシュと志らくには「もっと言ってやれ!」と思う。「オレのこと嫌いなんだったら別にどうでもいいが、てめぇの身元明かし、名誉棄損の裁判起こす程度のカネはあるからなオラ」的な態度を今後著名人が取り、訴訟乱発事態になったらそれはそれで健全だ。著名ではないからといって守られると考える「無名特権」はネットでは不要。お前らも発言に責任を持てということだ。 その一方、不倫や闇営業により叩かれた宮迫博之は、新たな活動の場としてYouTubeチャンネルを開設。番組では、アンチが「司会ばかりして面白くない」と文句を言ってくることについて、自分は「ひな壇やコントを経験して勝ち上がり司会者ポジションを取った」的なことを語り、理解を求めた。ダサ過ぎる。誰もお前の努力なんて知らん。今の評価で勝負しろよ。●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など※週刊ポスト2020年2月21日号
2020.02.10 16:00
週刊ポスト
木下優樹菜と乾貴士の疑惑を検証したネットユーザーの執念
木下優樹菜と乾貴士の疑惑を検証したネットユーザーの執念
 木下優樹菜(32)が2018年10月9日にインスタグラムにアップした投稿が、1年以上経った今年1月中旬、ネット匿名掲示板「5ちゃんねる」(旧2ちゃんねる)で突如話題になった。 そこには、サンドイッチとコーヒーの写真、そして〈(※ハートの絵文字)旅(※ハートの絵文字)〉という文字。〈怪しくない?〉──誰かがそう書き込む。すると数分後、別の投稿者が、コーヒーカップに添えられた砂糖袋に「feinzucker」というドイツ語が書かれていることを指摘した。程なくして、ドイツ在住だという投稿者が、この場所が「フランクフルト空港内のカフェ」だと言い出し、さらにこの日、スペインのサッカー1部リーグのSDエイバルに所属する乾貴士選手(31)がオフだった可能性が高いことも書き込まれた──。 木下と乾の“不倫疑惑”が、ネット上で大きな話題になっている。 木下といえば、昨年10月、タピオカドリンク店の店長と実姉の間に発生したトラブルに介入し、“恫喝メッセージ”を送ったことが店長に暴露され、騒動に発展。謝罪後もネット上でのバッシングはやまず、昨年11月に芸能活動休止を発表した。大晦日にはお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(49)との離婚を発表している。「乾選手との不倫疑惑は、木下さんを批判するための新たな“燃料”になり、あっという間に燃え広がりました」(スポーツ紙記者) 冒頭のように、現在も2人のSNSの掘り起こしが進んでいるが、疑惑の発端もネットだった。昨年7月10日、木下が愛娘とのツーショット写真とともにインスタグラムに投稿したメッセージである。〈かわいぃからしかたなぃよね〉と、一見すると娘のことを書いている文章だが、文章の最初の文字を“縦読み”すると、〈たかしあいしてるずーーっと(※ハートの絵文字2つ)〉とつながることを、ネットユーザーが指摘した。  この“縦読み”は、ネットユーザーの間では、“分かる人”にだけメッセージを伝える手法として知られている。真偽はともかく、この投稿をきっかけに木下の不倫疑惑が拡散し、「たかし」が誰かを突き止める動きがネット上で加速した。「当初は木下さんを長年担当している同名の美容師が疑われましたが、1月に入り、あるSNS上に『本当のお相手は乾貴士です』との一文が投稿されたのです」(同前) そしてネットユーザーが乾のインスタグラムを始めとするSNSを“捜査”した結果、同じく縦読みしてひらがなにすると〈ゆきなだいすき(※ハートの絵文字)〉と読める投稿を発見。過去にテレビ番組で好きなタイプについて聞かれ、木下の名前を挙げていたことや、2019年にはバラエティ番組で共演し、乾が木下に直接大ファンであることを告白していたことも突き止められた。「その後も続々と2人がアップした写真の場所などが特定されていく一連の流れについて、ダルビッシュ有がツイッターで触れたことで、疑惑がさらに拡散する結果になりました」(同前) そして1月23日発売の『女性セブン』がスペインで乾選手を直撃。不倫については否定しつつ、「木下さんとは友人関係で、仲の良い友人の一人なので……」と釈明する事態となった。 ネットユーザーはまたたく間に“縦読み”を解読し、写真を“照合”し、場所まで特定してしまった。恐るべき執念である。※週刊ポスト2020年2月7日号
2020.01.27 16:00
週刊ポスト
木下優樹菜との不倫疑惑がネットで指摘された乾貴士選手は何を語るのか
木下優樹菜との不倫疑惑を乾貴士に直撃、「不倫? んー」
「好きなママタレランキング」では常に上位にランクイン。インスタグラムのフォロワー数は日本のタレントランキングで2位という人気を誇っていた木下優樹菜(32才)。2019年10月の「タピオカ騒動」から3か月。彼女の人生は転げ落ちる石のように激流にのみ込まれた──。 スペイン北部にあるバスク州内奥の街・エイバル。標高120m、周囲を山に囲まれた美しい街には由緒ある建造物が立ち並び、歴史を感じさせる。街の人々が何より愛するのは、サッカーのスペインリーグ1部に所属するSDエイバルだ。このチームには、2018年のサッカーW杯で日本代表として活躍した乾貴士選手(31才)が在籍する。 彼は今、ある疑惑をかけられ、日本では“渦中の人”になった。サッカーとは全く関係のない話で、だ。1月中旬、SDエイバルの練習場に愛車に乗って現れた乾選手を直撃した。──木下優樹菜さん(32才)とおつきあいしているのは本当ですか? 一瞬、怪訝そうな表情を浮かべたが、ニヤリと微笑み、こうつぶやいた。「まぁ、木下さんとは…」 乾選手に降り掛かっているのは木下との不倫疑惑である。これが今や、インターネット上ではどんな重大ニュースよりも話題になっている。遠く離れたスペインの山あいの街で、乾選手が初めて騒動について語った──。 * 不倫疑惑の前に、まず、木下の近況について触れておくべきだろう。ここ最近の彼女は、世間では“炎上キャラ”が定着した。 昨年大晦日、木下はFUJIWARAの藤本敏史(49才)との離婚を突然発表した。2人は2011年に結婚、2児に恵まれ、木下はママタレントとして順風満帆に芸能生活を送っていた。逆風が吹き始めたのは昨年10月だった。 タピオカドリンク店の店長と実姉の間に発生したトラブルに木下が介入し、「ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか!」「事務所総出でやりますね」などの恫喝メッセージを送ったことを店長に暴露され、騒動に発展。 木下は謝罪するもバッシングはやまず、昨年11月に芸能活動休止に追い込まれた。そのわずか1か月後、藤本と離婚したのである。「ここ1年以上、藤本さんとけんかが絶えず、彼のモラハラやDVが離婚の原因だという声もありました。タピオカ騒動の時には、すでに夫婦仲は修復不可能に。離婚という選択しかなかったようです」(芸能関係者) タピオカ騒動以降、木下はインターネット上でバッシング、炎上にさらされてきた。年が明けると、鎮火どころか新たな燃料が投下され、そして今まで以上に燃え上がった。 その燃料とは、乾選手との不倫疑惑である。発端は、昨年7月10日に木下がインスタグラムに投稿したメッセージだった。愛娘と一緒に写った写真と、彼女のことを書いたのであろう何気ない文章なのだが、その文章の最初の文字を“縦読み”すると、《たかしあいしてるずーーっと》と読める。 この縦読みは、限られた人にだけ伝えられる手法として、今やSNSユーザーの間ではよく知られているもの。 目ざといネットユーザーが指摘すると、一気に不倫疑惑が拡散。彼女の周りの“たかし”に、疑いの目が向けられた。「最初に怪しまれたのが、木下さんを長年担当している美容師の『たかし』でした。さらに、娘と顔が似ているという理由からスタイリストの『たかし』、ヒップホップグループの『たかし』など、木下さんと交流のあるすべての『たかし』がやり玉に挙げられたのです。 その当時は特定されなかったのですが、今年の1月14日頃、“新説”として乾選手の名前が挙がった。なぜかSNSのママ友コミュニティーサイトに、『本当のお相手は乾貴士です』との投稿があったのです」(芸能記者) これまで出てきた「たかし」の中でも最もメジャーな名前だったため、ネットユーザーたちも当初は半信半疑だった。しかし、次々とネット上に“証拠”とされる情報がもたらされていったのである。◆“鬼女”たちが持つ探偵も驚く特定力 すぐに発見されたのが、乾選手の“縦読み”だった。木下の“ラブレター”より約1年前の一昨年8月5日、乾選手がインスタグラムに投稿した文章を、木下と同じく最初の文字を縦読みすると、《ゆきなだいすき》との一文が浮かび上がる。 ここから“ネット探偵”の追及は加速する。『ダウンタウンなう』(2018年7月20日放送・フジテレビ系)にゲスト出演していた乾選手が、好きな女性のタイプについて「おれ、ギャルが好きなんですよ。ユッキーナとか好きです」と発言していたことが発掘される。 ユッキーナとは木下の愛称だが、この発言以来、2人がインスタで相互フォローするようになり、「いいね」などのやり取りをしていることも指摘された。さらに1年後には、『VS嵐』(2019年8月15日放送・フジテレビ系)で2人は共演。乾選手が木下の大ファンと告白すると、木下がまんざらでもない笑顔を見せていた。 乾選手も既婚者で2人の子を持つ父親だったため、W不倫というキーワードも飛び交った。「こうした情報が次々とネット上に提示されたことで、ネットユーザーたちは“たかしは乾貴士で決定”、“離婚の原因は乾選手だったのでは?”などと盛り上がりました。さらに、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手が、ツイッターでこの疑惑に触れたことで、彼も炎上。“噂話を拡散した”と非難され、それに応戦するも泥仕合になるという“二次被害”まで生まれました」(前出・芸能記者) 情報の真偽はさておき、今回の騒動からはSNSなどの投稿内容から、個人情報が容易に類推されることがうかがい知れる。「今回、大活躍したのは『鬼女(きじょ)』と呼ばれるネットユーザーたちです。もともと、既婚女性が書き込む掲示板の常連のこと。主婦目線で時事ネタを批評するだけだったのが、いつしかニュースの登場人物のSNSなどを調べ上げ、個人情報を暴き、“この事件の犯人の恋人は誰々だ”などと、自分たちで新たなニュースを発掘し始めた。そのリサーチ力は凄まじく、探偵以上といわれています」(ITライター) 目下、木下と乾選手をロックオンしている鬼女たちが、「不倫の証拠を発見」と、沸いているのが昨年7月15日に木下がインスタに投稿した一枚の写真である。「ホテルの部屋で、木下さんが誰かとチョコレートやお酒を楽しむ姿が写っている写真です。まず、ここがグアムのホテルだとわかると、次は同伴者の素性調査が始まった。相手の足だけが写っていて、ネットユーザーたちは、その足の指の形やタオルの柄などから、この時会っていたのが乾選手ではないかと推測したのです。乾選手もこの時期は試合がないことから、グアムでの密会疑惑が騒がれ出しました」(前出・芸能記者)◆有名グラドルや清楚系若手女優とも噂に サッカー界で乾選手は、明るく人懐っこい性格で知られているという。「過去には中村俊輔選手や大久保嘉人選手など名だたる選手がスペインリーグに挑戦しましたが、乾さん以上の成績を収めた人はいません。テクニックはもちろん、彼は明るくフレンドリーな性格で、ラテンの国であるスペインでも周囲とすぐに打ち解けたので活躍できたんです」(サッカー協会関係者) 明るい性格で、芸能界にも深く食い込んでいるという。「乾さんは芸能界にも友人が多く、SNSでフォローしているタレントも目立ちます。乾さんは過去にMCもこなす有名グラドルや、清楚系の若手女優と噂になったこともあります。その女優さんは後に乾さんのチームメートと結婚しましたが(笑い)。 彼と仲のよい何人かの選手は、乾さんと木下さんが連絡を取り合う仲であることを知っていました。2人のLINEのやり取りを見た選手もいるし、木下さんと会ったことを聞いている選手もいるようですよ」(前出・サッカー協会関係者) 疑惑の目を向けられて以降、乾選手はSNSでサッカーの話題に終始し、この問題には口を閉ざしている。 そんな乾選手をスペインで直撃した。以下が一問一答だ。──木下さんとおつきあいしているのは本当ですか?「いや、まぁ…」──縦読みのメッセージのことですが。「はいはい、わかりますよ」──木下さんも書いていましたが、ずいぶん思わせぶりですね。「まぁ、木下さんとは友人関係で、仲のいい友達の1人なんで…」──昔からのファンだとか。「もちろんそういうのもありますし、友人の1人とかそういうのなんで」──不倫関係ではなかった?「不倫? んー(少し考えてから)、ないですね」── 一線を越える関係ではなかった?「いや、本当に仲のいい友達の1人でして」──7月に一緒にグアムに行ったのでは? 「それも、ネットでいわれてますよね(苦笑)」──グアムで木下さんと会った?「いや、7月2日からおれはチームのキャンプに行っていたから。グアムには行っていませんよ。それは調べたらわかることです。あとは事務所に聞いてください」 時に苦々しい表情で語り終えると、乾選手はクラブハウスに消えていった。縦読みはゲスの勘ぐりか、それとも──。※女性セブン2020年2月6日号
2020.01.23 07:00
女性セブン
YouTuber適性が高いダルビッシュ有(イラスト/ヨシムラヒロム)
ダルビッシュ有の「YouTuber適性」を高いと判断する理由
 MLBシカゴ・カブス所属のダルビッシュ有が、本格YouTuberデビューをしてから1ヶ月が過ぎた。YouTubeチャンネルそのものは2年前から開設されていたが、2019年オフシーズンに入ってから更新間隔が短くなった。10月末に「ゲーミングPC買う」と料理動画を1本ずつアップロードして以降、カメラの前で一人語りをする典型的なYouTuberスタイルの動画を中心に、次々と新作が公開されている。みずからをダルビッシュ世代だというイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、ときに“ひとり「しくじり先生」”を展開するメジャーリーガー・ダルビッシュ有のYouTuber適性について考えた。 * * * 何気ない会話の中で「何年生まれ?」と聞かれた経験は誰にでもある。そんな時、僕は「1986年生まれの33歳です」と言ったのち「ダルビッシュ世代です」と付け加える。そして、このフレーズを言うたびに自分とダルビッシュが生きてきた33年間の月日について考える。同じ年月なのに濃さが全然違うな、と。 先月、同学年のダルビッシュがYouTuberデビューを果たした。世間には驚いた人もいたらしいが、ツイッターでのダルビッシュを知っている人からすれば必然の流れだといえる。ツイッターにアカウントを持つプロ野球選手は多いが、ダルビッシュほど熱心にツイートしている人はいない。様々な事柄を発信するダルビッシュだが、他と比べて圧倒的とも言えるのが一般人と絡む回数だ。トレーニングをめぐって論争することもあれば、多様性のあり方について共に考えることも……。 ダルビッシュのツイートから読み取れるのは「野球選手ではなく人間としてのダルビッシュを知って欲しい」なんて想い。よって、ツイッター以上に想いが届きやすいYouTubeへの進出は時間の問題だった。 YouTuberダルビッシュは動画投稿の原点回帰ともいえる内容である。動画の撮影場所は自室、撮影スタッフは自分一人だ。カメラの前で自らの考えを独白していく。途中、子供の声や犬の鳴き声が動画の邪魔することもある。照明もなく、テロップも表示されない画面は他のYouTuberと比べて、とことん簡素。正にど真ん中ストレートといったシンプルな動画である。 初期HIKAKINも暗い部屋でボイスパーカッションを披露していた。世界的企業のAppleもガレージの機械いじりからスタートした。そういったことを踏まえて観れば、アメリカの自宅から配信されるダルビッシュの動画には成功の萌芽といったノスタルジーが薫ってくる。 全ての動画を鑑賞したのち、ダルビッシュにYouTuber適性の高さを感じた。ダルビッシュはYouTuberに向いている。「YouTuberの動画はレベルが低い」と言われることが多々ある。「レベルが低い」と評される原因は、動画を楽しむための予備知識を剥いだ点にある。過去、多くの人を楽しませてきた芸能、芸術、文芸といったエンターテイメントは予備知識がないと楽しめないことも多かった。対してYouTuberの動画はその真逆だ。過去のエンタメとは分断された別物である。間口の広さだけを貪欲に追求した末に生まれた全く新しいジャンルだといえる。よって動画内で表現できることも限られてくる。 極論をいえば、YouTuberが示すべきは自身のパーソナリティーだけ。自分語り、もしくは自らの身体を通して得たリアクション(ゲーム実況も含まれる)だけが求められる。ゆえにYouTuberは総じてオーバーリアクション。感情の起伏を視聴者と共有することに意識を傾ける。 もちろん、ただの自分語りだけで人気者になることは難しい。語りに独自の色を加えることがバズるための必須ポイント。そういった角度から見れば、ダルビッシュほど特色を持つ人はいない。33年間の人生で、視聴者が体験できない濃厚な日々を積み重ねてきたスター選手である。高校野球で活躍し、ドラフト1位でプロ野球選手となり、今ではメジャーリーガー。自身、語ることは山ほどあると言っている。 しかし、才能に彩られた人生は光と同じ分量の影を含む。能力が高すぎる人はどうしても一般人から浮く。そんな孤独感がダルビッシュをコミュニケーションへと渇望させる。動画を観た誰もが感じることだと思うが、地位も名誉も手に入れたはずの男はどこか寂しげだ。 動画内でダルビッシュは過去の過ちについて懺悔していく。高校時代の喫煙、プロ野球選手時代の喫煙とパチスロ、日本ハムファイターズで浮いていたこと……。それこそ、語るべき自慢話は山ほどあるはず。だが自らの栄光について言及することはない。ダルビッシュの動画はさながらひとり「しくじり先生」といった様相。自らの人間性を晒すことで他者に救いを与えている。 ダルビッシュは自らの口で語ることに喜びを覚えている。過去、メディアによって自身の発言を湾曲された経験も多いと話す。選手自身がファンにダイレクトに伝えることができる時代となった。動画の視聴回数は選手の収入となり、ファンは無料で正しい情報を知ることができる。win-winの構造は完成している。 今後、ダルビッシュにはアンチをファンに変えていくことへ挑戦してほしい。勝手ながらそんなことを考えてしまった。当たり前だが、転向させることはファンを懐柔するより難しい。そんな時、忌み嫌っているメディアを利用することを勧めたい。彼らは情報を発信するプロである。世間ではいまだにヤンチャなダルビッシュといったイメージが流布している。ダルビッシュもYouTuberとなり知性派となった新しいイメージに更新したいと願っているはず。メディアを巧みに活用すれば、多少なりともその助けになるだろう。 もし、十代の頃のヤンチャのイメージが更新され、アンチも魅了するような大人のプロ選手になるだろう。その認知によって、「一般人に噛みつくなとかよく言われんねんけど、噛みつかれるから振り払ってるだけやで? だから今度から振り払ってるって言ってくれ」といったダルビッシュの嘆きツイートも減るはずだ。 そして、現在のダルビッシュといえば動画にテロップをつけることを練習中。今後もますますYouTuber道に邁進していく勢いではある。●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)
2019.12.08 16:00
NEWSポストセブン
筒香嘉智、菊池涼介、秋山翔吾のメジャー挑戦でくすぶる火種
筒香嘉智、菊池涼介、秋山翔吾のメジャー挑戦でくすぶる火種
 プロ野球の話題の中心はストーブリーグへ、という季節になった。毎年、注目があつまるメジャーリーグ挑戦組だが、今年はポスティングでのメジャー移籍を目指すDeNA・筒香嘉智(27)と広島・菊池涼介(29)、そして海外FA権を行使した西武の秋山翔吾(31)だ。 いずれも移籍先として複数球団が取り沙汰されているが、MLB研究家の福島良一氏はこう指摘する。「筒香は左の強打者を求めているホワイトソックス、菊池は“まるでニンジャ”と評価が高いセカンド守備を買っているジャイアンツ、秋山は機動力のある外野手がほしいカブスが有力とされます。そうなれば秋山はダルビッシュ有とチームメイトになる」 不安要素は、二刀流の大谷翔平を例外として、近年は日本人野手の評価が低くなっていることだろう。移籍交渉が決裂した場合、FA権を行使している秋山は国内球団の獲得戦が予想される。「西武が残留に4年20億円を提示しているというが、ソフトバンク、楽天、巨人が西武を上回る好条件を出すとみられています。西武内には“国内移籍の条件を吊り上げるために海外FA権を行使したのでは”という見方さえある」(スポーツ紙デスク) ポスティングシステムを利用する筒香、菊池はDeNAと広島に残留となるが、それぞれに火種があるようだ。「菊池は国内FA権も取得していたが、海外移籍しない場合は残留ということで球団は感謝している。ただ、菊池の穴を埋めるべく獲得した前フィリーズのホセ・ピレラ内野手が無駄になる可能性が出てくる。 それ以上に問題となりそうなのがDeNA。すでに筒香の譲渡金を前提とした補強戦略を進めており、他の選手も“筒香マネー(今季推定年俸4億円)”が分配されることを期待している。出戻りとなれば、球団やチームメイトとギクシャクするかもしれない」(同前) 12月9日~12日のウィンターミーティングが、3人の分岐点になりそうだ。※週刊ポスト2019年11月29日号
2019.11.22 07:00
週刊ポスト

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン