ライフ

最新ライフ記事のRSS

ローン破綻に陥らない方法 家族に借入れ額や返済計画伝えよ

2011.10.03 16:00

 景気の低迷に加え、復興増税も検討されており、今後はさらに負担が家計に重くのしかかってきそうだ。そんななか、子供の教育や生活費などをローンに頼る人が増えている。金融機関の多彩なプランの最新情報と賢い利用法とは? 「ローンを組む際、借りること

 景気の低迷に加え、復興増税も検討されており、今後はさらに負担が家計に重くのしかかってきそうだ。そんななか、子供の教育や生活費などをローンに頼る人が増えている。金融機関の多彩なプランの最新情報と賢い利用法とは?

「ローンを組む際、借りることばかり考え、他社との条件比較をしない人が意外に多い」というのは、家計の見直し相談センターのファイナンシャルプランナー・藤川太さん(以下、「 」は同)。多重債務者は目先のお金優先で返済は二の次、結局破綻してしまうことも多い。

「ローンといっても目的、金利、返済期間など多種多様。事前に情報を集め、自分にもっとも適したものを選ぶことが大切です。病気の際にセカンドオピニオンを求めるように、ローンの場合もさまざまな意見を求めていいはず」

 教育ローンでは、所得など制限はあるが、銀行より低金利なものもある。例えば、日本学生支援機構の奨学金では無利子の第一種奨学金、有利子の第二種奨学金(8月貸与終了者分で利率固定方式1.21%、利率見直し方式0.40%<いずれも9月現在>)が。国の教育ローン・日本政策金融公庫の教育一般貸付では利率は9月現在2.85%(母子家庭2.45%)。低所得者には社会福祉協議会による無利子教育支援資金もある。

「国や自治体関連には好条件のものが多いが、宣伝されないので、情報収集が重要」

 複数の金融機関でローンを組んでいる人向けに「おまとめローン」を取り扱う金融機関もある。小額を複数社より、合計金額を1社で借りたほうが金利が下がる場合が多く、支払い日を統一できるメリットもあるが、審査が厳しいケースが多い。

「まとめなくても各返済日を給料日の直後に変更するべき。月イチより小額ずつのほうが返しやすいと思うのは間違いです。返済実績に傷がつくと、今後ローンが組めなくなることもある。当たり前ですが、給料がはいったらすぐに返すことが必要」

 これから新たにローンを組むときもこの原則は守りたい。

「ローンを組んだら状況をきちんと家族に伝えること。子供には金の苦労をさせたくないと黙っているのは間違いで、お金についてきちんと教えておかないと、後々お金に苦労させることになりかねません。特に教育ローンは子供のために使うお金。借り入れ金額や返済計画を含め、事実を伝えることも重要です」

 家族のためのお金はみんなで協力して使い、返すという心構えがあれば、ローン破綻のリスクは減らせるはず。賢いローン生活を送りたい。

※女性セブン2011年10月13日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP