• TOP
  • スポーツ
  • プロ野球解説ギャラ 昔は1試合50万円、今は5~10万円が相場

スポーツ

2011.11.20 07:00  週刊ポスト

プロ野球解説ギャラ 昔は1試合50万円、今は5~10万円が相場

引退したら解説者――かつてはこれが野球選手の進む道だった。だが、現在のOBがユニフォームにしがみつかざるを得ないのは、もはや名選手だったからといって、簡単に解説者や評論家として食べていけなくなっているからだ。

現在も人気解説者としてテレビに出ている某元選手は、現役引退に際して、某民放が白紙の小切手を差し出し、「いくらでも好きな金額を書いてくれて結構。うちの専属になってくれ」といわれた逸話があるが、そんな景気のいい話は今は昔。バブルはとうに弾け、高額契約で知られた大物解説者も画面から消えている。野球中継そのものが地上波放送から激減しているのだから無理もない。

「ほぼ全局が専属契約はせず、中継するごとにギャラを払うスポット契約になっている。その上、解説者の補充はしない局も多い。元中日で現在はNHK解説者の今中慎二氏が現場復帰するといわれ、中京地区のOBが色めき立っているようだが、NHKが後釜を探しているかは疑問です。テレビ解説のオファーを断わり、パ球団のコーチ就任を狙っている近鉄OBもいますが、現場の方が実入りがいいとみているからでしょう」(放送関係者)

スポット契約の解説ギャラも急降下している。かつては1試合50万円ともいわれた出演料はいまや10万円が相場。予算の少ないCS放送では5万円ほどになる。話術に長けたOBは、バラエティ番組を主戦場とする“野球タレント”に活路を求める。

「でも、ニーズに応えられるのはひと握りしかいないし、どんなに選手として優れていても、いわゆる“野球バカ”では使いようがない。その上、暴排条例の関係もあって、“あのOBのバックには暴力団がいる”とか、醜い中傷合戦も始まっている」(前出の放送関係者)

中継放送をこんなふうに利用する者も。

「ある球団オーナーがラジオのナイター中継を聞いているのを知って、番組中に盛んに持ち上げ、コーチに就職したOBがいる」(前出のジャーナリスト)

新聞の専属契約も試合を観戦して記者を相手におしゃべりすれば、年間数百万円の原稿料が振り込まれていたのは過去の幻である。こちらも原稿1本いくらの単発契約となり、3万円前後。残ったのは、名ばかりの「専属評論家」という肩書きだ。

※週刊ポスト2011年11月25日号

関連記事

トピックス