国内

被災地の22才女性 死亡後に届いた看護師国家試験合格証書

東日本大震災から9か月。家族を亡くした人々は、悲しみを乗り越え生きている。宮城県東松島市の病院で看護部長を務める尾形妙子さん(51才)も、そんなひとりだ。妙子さんは、震災で夫の登志憲さん(享年51)、次女の志保さん(享年22)、長男の剛さん(享年20)を失った――

3月11日午後2時46分。東日本大震災が発生。勤務中だった妙子さんは、院内の安全確認やけが人の対応などに追われ、家族に連絡することもままならなかった。夕方、ようやく夫や子供たちに電話したがつながらない。志保さんの『私と剛ちゃんとマシュー(犬)は避難したよ』というツイッターへの書き込みを確認したが、自宅近辺で200人以上の遺体が発見されたと知り背筋が凍りついた。それでも、緊急で運ばれてきたり、駆け込んでくる患者の対応で病院を離れることはできなかった。

「ずっと病院にいたはずなのですが、記憶が断片的で、寝ていたのか起きていたのかもわかりません」

震災から5日後のことだった。「遺体安置所に志保がいる」。親戚から連絡があった。安置所は剛さんの通っていた高校の体育館だった。

「この体育館にいる人が…何なのか、一体何が起こったのかわからず、一瞬、涙も出なかった。受け入れていなかったんだと思います。見なくちゃと思いつつ見ていなかった」

さらに数日後、運河に水没した車の中で夫と息子が見つかった。震災直後、会社を出た夫は子供たちと合流し高台に避難したが、想像を絶する巨大な津波にのみ込まれたのだった。妙子さんは他県に嫁いだ長女や親戚にガソリンを運んでもらい、山形で3人を火葬した。

3月末、妙子さんにある知らせが届いた。志保さんが看護師、保健師の国家試験に合格していたのだ。病院で働く母親の背中を見て育った志保さんは、中学生のころ突然、「こんな世知辛い世の中で、人のために泣ける仕事って素敵だよね」とつぶやいた。

「その後、娘から看護師になりたいといわれてとても嬉しかった」

志保さんが看護師の国家試験を受験したのは震災前の2月のことだ。看護師の試験は合格率が高いから逆にプレッシャーがかかる。それを知る妙子さんは、受験勉強する娘をハラハラして見守った。そして試験終了。「答え合わせしたら、ありえないほどいい点だった!」と半泣きで喜ぶ志保さんと抱き合ったことが、昨日のことのように思い出される。

妙子さんは、どうしても志保さんの合格証書を手に入れたくなった。しかし、国の規定で死亡者に証書は交付できないという。あきらめられない妙子さんは、看護協会や連盟の役員に直訴するなど懸命に手を尽くした。すると、事情を知った国会議員の働きかけもあり、ようやく4月、例外的に合格証書を手渡してもらうことができた。その証書を愛しそうに見つめて妙子さんが微笑む。

「これは志保の分身であり、彼女の生きた証。どうしても欲しかった。私は3人が生きてきた証を糧に、これからを生きていくんです」

※女性セブン2012年1月5・12日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン