ライフ

「食」にこだわる老人ホーム 5年で1億8256万円の施設も

いままでの老人ホームガイドは間違っていた。それは実際に入居している高齢者に「いまの生活で一番気になるのは何ですか」と尋ねてみれば、すぐにわかったことだ。大切なのは「看護・介護体制の充実」でも「運営会社の事業経験年数」でもない。「三度のメシ」であり、「ゆったり浸かれる風呂」であり、「毎日を楽しめる遊びの質」だった。老人ホームは「日常生活の場」なのである。そのなかでも食事がおいしいという老人ホームを3つ紹介しよう。

【ライフハウス京都醒ヶ井】
(京都府京都市/事業会社:生活科学運営/5年総費用:3463万~5813万円)

献立は、栄養士の原案に入居者の意見を取り入れて毎月作り替える。厚労省の70歳以上の平均栄養基準量を参考にした「一汁三菜の家庭料理」が基本。地産地消を原則とし、可能な限り地元の業者から、京野菜など旬の地元食材を仕入れて使用している。

季節の行事やイベントも多く開催され、大鉢に料理を盛り付けた京都風のおばんざいバイキングやひな祭りメニュー、鍋料理などを、他の入居者たちと楽しむことができる。

【コンフォートガーデンあざみ野】
(神奈川県横浜市/事業会社:セコムフォート/5年総費用:8318万~9548万円)

「高齢者の心身の健康は、食事なくしてあり得ない」がコンセプト。2週間に1度、調理師、栄養士がメニュー会議を開催し、高齢者のための摂取カロリーを計算、個々の入居者に合わせた食事の内容を考えている。健康で、おいしい、飽きない料理を提供する。

【コンフォートヒルズ六甲】
(兵庫県神戸市/事業会社:セコムフォートウエスト/5年総費用:5846万~1億8256万円(一般居室、水道光熱費含まず)、3744万~6384万円(介護居室、水道光熱費含む))

入居者ごとに「食のカルテ」を作成して、好き嫌い、量の大小など嗜好に応じた食事ができる。和食と洋食とアラカルトから選択できるレストラン形式で、注文を受けてから調理を始めるので、できたてを楽しめる。天井高5メートルのダイニングからは神戸三宮の夜景が堪能できる。

※週刊ポスト2012年1月1・6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン