• TOP
  • スポーツ
  • 27歳になってますます綺麗な寺川綾 ロンドン五輪の意気込み

スポーツ

2012.04.17 16:00  週刊ポスト

27歳になってますます綺麗な寺川綾 ロンドン五輪の意気込み

8年ぶりに戻ってきた美人スイマー

 五輪の舞台に美女スイマーが帰ってくる。かつて女子高生スイマーとして注目を集めた寺川綾(27・ミズノ)が、4月の水泳日本選手権女子100m背泳ぎで、日本新記録を樹立。見事に8年ぶりの五輪出場を決めた。

「アテネ五輪で憶えているのは、レースで8番だったこと。それだけです。どうやって泳いだのか、まったく憶えていないんです」

 アテネ以降、伸び悩んだ彼女は、2008年の北京五輪選考会で敗れ、本戦への出場権を逃した。誰もが「寺川は終わった」と思ったが、彼女はここから奇跡的な復活を遂げる。北島康介を育てたことでも知られる平井伯昌コーチに師事。記録は急激に伸びた。

「実は、今度の選考会で泳ぎ終わった瞬間、日本記録で代表決定という掲示画面を見ても、心底嬉しくはなかったんです。そこが選手として成長できたところだと思います」

 自己ベスト記録を出しても心から喜べなかったのは、さらなる高みを目指していることの証だ。

「ロンドンでは、100mで自己ベストを目指します。メドレーリレーでもメダル獲得できるように頑張りたいですね。目標は一つに絞られたのでやるしかありません!」

 8年越しの夢――五輪でのメダル獲得は、もう手の届くところにある。

【プロフィール】
■てらかわ・あや/1984年11月12日、大阪府出身。高校2年時に、福岡での世界水泳に初出場。昨年の世界水泳上海では、100m背泳ぎで5位入賞、同50mでは銀メダルを獲得。4月の日本選手権では100m背泳ぎで自身の日本記録を0秒03更新した。身長173cm。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2012年4月27日号

関連記事

トピックス