国内

暴排条例施行で幹部20人以上がカタギに、3人自殺と事情通

 昨年10月、全国47都道府県で暴力団排除条例が施行された。それから半年、日本のヤクザはどのような影響を受けているのだろうか。東日本大震災後の福島第一原発に作業員として潜入し、原発とヤクザの密接な関係を暴き出したフリーライター・鈴木智彦氏が実態を報告する。

 * * *
 現在、暴力団社会はこれまでにないスピードで変化している。昨年10月、全国の都道府県で出揃った暴力団排除条例が、前代未聞の脅威となったからだ。非合法なシノギに依存している個人や団体は、最初から逮捕・懲役というリスクを織り込み済みで、取引相手もまた同様だから、蚊に刺された程度の痛みしかない。だがフロント企業を経営し、“正業”をメインとしていた暴力団にとっては死活問題だ。

 20代の頃、対立組織の組員を射殺し、長期刑を務めた山口組系幹部はこう解説する。

「暴排条例はヤクザにとってロンギヌスの槍(注1)だ。ただでさえ景気が悪く、風当たりも強く、組織はどこも死に体だったのに、当局は俺らの死亡を確認し、追い打ちをかけるかのごとく暴排条例という槍を突き立てた。しこたま金を貯め込んだヤツならともかく、暴力しか取り柄のない俺や、末端の組員はどん詰まりだ。多くのヤクザは、もはや死体のようなもので、俺に言わせればゾンビだ」

 この幹部は刑務所の訓誡でキリスト教を選び、舎房で聖書を熟読したらしい。多少こじつけめいているが、暴力団らしからぬ文学的なメタファーだった。ただ、暴力団の未来に希望はみじんもないという点は、私の見解と一致する。

 事実、「もう終わりだ!」という悲鳴はあちこちから聞こえてくるし、「ヤクザでは金が稼げない。生きていけない」と嘆き、引退した組長も多い。当方の内部協力者いわばネタ元の暴力団幹部たちも、昨年の秋以降、20人以上がカタギとなり、3人が自殺した。怨嗟の呻きは暴力団社会の随所からあがり、諦観が蔓延している。

 暴排条例は暴力団との接点すべてを遮断するために作られている。処罰を受けるのは、商品・サービスを提供した一般人の側だ。いかなる理由があろうと、どんな取引であっても、暴力団との付き合いは違法であり有罪とされる。一般人をターゲットとしている部分に、暴排条例の画期的発想がある。警察署で拘禁され、厳しい取り調べを受け、それが公表されれば、一般人にとっては大きな社会的制裁だ。これに対し、暴力団側はなんの対策も立てられない。

※注1:ロンギヌスの槍:十字架に張りつけられたイエス・キリストの死亡を確認するために突き刺されたとされる槍。

※SAPIO2012年8月1・8日号

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン