• TOP
  • 芸能
  • 話題のネガティブすぎる美形モデル「“気持ち悪い”は褒め言葉」

芸能

2012.08.19 07:00  NEWSポストセブン

話題のネガティブすぎる美形モデル「“気持ち悪い”は褒め言葉」

イケメンなのにネガティブと話題のモデル栗原類

 バラエティー番組への出演を機に、イケメンなのにネガティブすぎるとネットで話題の高校生モデルがいる。有名ファッション誌やショーなどでも活躍している栗原類(17才)だ。端正な顔立ちでスラリと脚が伸びた長身。華やかな世界にいながら、“女性にモテることはありえない”“4回告白して全てフラれる”など、発言がことごとくネガティブというギャップがネットでウケている。気になる素顔をのぞくべく、本人を直撃した。

――ネガティブなイケメンということで話題ですけど、どう思いますか?
栗原:そういうふうに思われてるんですね、って思うんです。自分はネガティブとも思いませんし…イケメンとも思ってないんで。

――なぜモデルになったんですか?
栗原:それはあの、小さいころから親に事務所に登録されて…。小学5年になってから雑誌のモデルをやって、それからしばらく仕事がなくなったんですけど、中学2年のころから『MEN’S NON-NO』とかにも起用されて、仕事がありがたくくるというふうに…。

――モデル業界は競争の世界だと思いますが、自己主張とかできますか?
栗原:自己主張できるものといえば、あごが軟らかいだけなんですけど…。

――あごが軟らかいってどういうことですか?
栗原:あの…なんかゼラチンみたいというか…。でもそれが仕事で使えるとは思えなくてむしろ、写真に写るとなんかイノキっぽくて…、ちょっとアゴが出ちゃってると思うので(溜息混じりに)。

――将来の夢はありますか?
栗原:夢はいまのところは、役者として変人役とか、悪役とかいろいろやってみたいということですね。善人ではないけれども変わっているとか、味がある脇役がやりたいです。

――どんな作品に出たいですか?
栗原:(大きく鼻で息を吸って)作品ですと、あの…映画監督の三木聡さんの作品とか…。あと、まぁドタバタギャグというかそういうものにも出たいです。

――ラブストーリーはどうですか? 恋愛とか?
栗原:フッ…。恋愛が非常に無理。ぼくが恋愛は無理なので、どうやってうまく表現すればいいのか…というのがほんとに難しいんですよね。

――興味があることはなんですか?
栗原:興味があること…。それって何でもよろしいんですか? 興味があるといえば、ひとり焼肉というふうなものに興味があります。

――ひとり焼肉ですか! ほかに趣味や好きなことはありますか?
栗原:趣味とかは、映画観賞やゲームとか、最近は掃除とかにも…。

――いままでにすごくテンションが上がったことって?
栗原:ないんですよね。テンション上がること自体ないんです。

――子供のころは?
栗原:子供のころも思い出せないんですよね、なんか(声が裏返りながら)。テンション上がること自体ないのでいまのところ。

――何かにショックを受けたこともないですか?
栗原:まぁフラれたこと以外ないですね、いまのところは。まぁ…、駄作なのに興行収入がいい映画を見たときとかいろいろありますけど…。

――自分の性格をどう思ってますか?
栗原:根暗、孤独、みじめ…あとは、用心深い? 慎重? 控えめ?…ワカリマセン。

――なんでみじめだと思うんですか?
栗原:他人がやりそうなことを自分はやらないですし、他人がここで大喜びするところで自分は喜ばないので、みじめだと思うんですよね。

――じゃあ喜びたいんですか? テンション上げたい?
栗原:テンション上げたいというのはないんですけど、喜びたいっていうのはちょっとだけあります。

――これまですごく喜んだのはどんなときですか?
栗原:それもないんですよね、ほんとうに…(失笑)。だからみじめだと思うんですよね。

――でも映画を見てすごく感動したことはありますよね?
栗原:感動もないんですよね、実は(声が裏返りながら)。

――すごく笑ったりっていうことは…?
栗原:ないです(即答)。笑顔自体ヘタクソですし、笑ったとしても、自分の笑い声って、気持ち悪いので…(溜息混じりに)、なんか、ないですね、笑うことが。

――なぜそんなに自虐的なんですか?
栗原:まぁ自分はほかの人に比べると下っていうのがわかっていますし、浮かれませんし、自分を崩したくないって思うので。

――じゃあ変な話、明日死ぬって宣告されたらどうします? 慌てませんか?
栗原:それは慌てますもちろん。…(沈黙)。…でも問題はそのとき何をするかってことだと思うんですよね。死ぬなら、死ぬ前にお酒を飲む。いままで飲んだことありませんから。ノンアルコールは飲んだことはあるんですけど、ノンアコールでもダメだったってことは実際のお酒ではどうなのかって…。ノンアルコールでも1、2杯しか飲めませんでした。

――もっとやりたいことはありませんか? 女の子とデートしたいとか?
栗原:つきあってくれる人がいないので、それはありえないんですホントに何があっても。

――いわれてうれしいことは?
栗原:むしろ褒めてくれないほうがうれしいんですよ。かっこよくないね~っていわれるのがうれしいんです。軽蔑されるのも嫌いじゃないですし。気持ち悪いっていわれるのはぼくにとって褒め言葉のひとつだと思うんで。

【栗原類(くりはら・るい)】
1994年12月6日生まれ。身長177cm。イギリス人の父と日本人の母を持つハーフ。今年4月に『アウト×デラックス3』(フジテレビ)でバラエティー初出演。『芸能★BANG+』(日本テレビ系)でのネガティブ発言で話題に。モデルとしては、『MEN’S NON-NO』『POPEYE』などファッション誌で活躍している。

関連記事

トピックス