スポーツ

落合博満氏が「顔面麻痺」で救急搬送され地元住民が心配する

 次期WBC代表監督の最有力候補と見られている野球評論家の落合博満氏(58)に異変が起こった。和歌山県太地町の「落合博満野球記念館」に滞在中、救急車により隣町の大病院に緊急搬送されたのだ――。

 8月16日午後2時頃、太地町役場の消防担当に、「落合記念館で人が倒れた」という119番通報が入った。

 すぐに救急車が駆けつけた。太地町の医療関係者がいう。

「その患者は激しいめまいと痙攣を起こし倒れたとのことでした。さらに顔面麻痺があり、意識も朦朧としていたので、救急隊員たちは脳卒中の可能性が高いと判断し、近くの総合病院の脳外科に搬送した」

 記念館から総合病院までは車で30分程度。脳卒中ならば一刻の猶予も許されないという状況の中、救急車はけたたましくサイレンを鳴らしながら猛スピードで病院を目指した。

 医療関係者が続ける。

「搬送中も痙攣は収まらず、隊員はずっと患者に声をかけ続けた。呼びかけに応じていたので命に別状はないと思われたが、最悪、体の左右どちらかに麻痺が残るのではないか、という話も出ていたようだ」

 本誌が入手した情報によれば、この救急患者こそ記念館に滞在していた落合氏本人だというのである。

 もともとこの記念館は、この地をいたく気に入りシーズンオフのたびに静養に訪れていた落合氏が、1993年に所有していた別荘を改築し設立したもの。2階の喫茶店からは熊野灘が一望でき、盆や正月には落合氏本人が家族と共に訪れるのが慣例となっている。

 一報を聞いた記者は、落合氏が搬送されたという和歌山県新宮市の病院に急行した。すると病院の駐車場には、『落合博満野球記念館』のロゴが入ったバンが停まっていた。病院のエントランス付近ではなく、わざわざ広大な駐車場の端に車を停め、記念館の職員らしき若い男性が、辺りを警戒しながら小走りに病院内に駆け込んでいく。

 太地町の住民がいう。

「小さな町ですから、あの落合さんが脳卒中の疑いで運ばれたらしいという噂はすぐに町中に広まりました。病院にはいつも記念館の車が停まっているし、みんな“ああ本当なんだ”と噂している。ここは落合さんにとって第二の故郷も同じ。無事ならいいんですが……」

 そして、倒れてから1週間後、8月22日の13時頃だった。記念館付近の取材を行なっていた記者の前に、病院に出入りしていたものと同じ落合記念館のロゴが入ったバンが現われた。
 
 車のドアが開くと、その中からピンクのポロシャツを着た落合氏本人と信子夫人がそろって現われた。

 落合氏は、顔を覆うほどの大きなマスクをつけていた。普段の落合氏は、変装でマスクをつけることはない。
 
 声をかけた記者に対し、落合氏は、「何しに来た?」とぎょろりと凄むようにこちらを向いた。

――落合さんが入院されたと聞き、飛んできました。

 落合氏は一瞬答えるのをためらったように見えたものの、両手を大きく広げてこういった。「誰が入院した? 元気だぞ。誰から聞いた? デタラメだ」

 落合氏は記者のほうは見ずにどんどんと別荘に向かっていく。

――救急車がこちらに来たことも確認しています。
「人違い、人違い」

 落合氏はそれ以上喋りたくないといった様子で歩を進める。

 すると、割って入るようにして信子夫人がこう答えたのである。「救急車? あっ、そ、それ私!」と自分を指さしてニッコリと微笑んだ。

――(搬送されたのは)奥さんだったんですか?
「そう」

 そういってふたりは、従業員らしき若い女性が迎え入れる別荘の中に入っていった。いきなり「それ私!」と答えた信子夫人。記者には、落合氏の病状を隠そうとしているようにしか見えなかった。

 本誌はその後も病院関係者を徹底的に取材した。するとある関係者から絶対匿名を条件に次のような情報が寄せられた。

「病院に運ばれたのは落合さん本人で間違いありません。顔面麻痺の症状から脳卒中が疑われ脳外科に搬送されました。出血はなく脳梗塞が疑われたのでしょう、最終的に神経内科での治療となりました」

※週刊ポスト2012年9月7日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン