• TOP
  • ライフ
  • 95歳の現役最高齢プロゴルファー 1R96、2R102の大健闘果たす

ライフ

2012.10.10 07:00  週刊ポスト

95歳の現役最高齢プロゴルファー 1R96、2R102の大健闘果たす

95歳の現役プロゴルファー・内田棟さん

 齢90を超えても現役を謳歌する人生の達人たちがいる。その中のひとりが、プロゴルファー内田棟(うちだ・むなぎ)さん95歳だ。

 軽井沢に生まれ育ち、10歳でキャディーを始めた内田さん。終戦後は軽井沢ゴルフ倶楽部のスタッフとして働き、プロゴルファーになったのは55歳のとき。

「周りの人に勧められまして」と、茶目っ気たっぷりに微笑むが、遅咲きのプロがいまや最高齢になったのだから面白い。今年も「日本プロゴルフゴールドシニア選手権大会」の関東予選で1R96、2R102と大健闘を果たした。

 一昨年には14時間にも及ぶ開腹手術も経験。体重は10キロ落ち、体力も全盛期には遠いが、晴れた日には自宅で200発ほど打ち、週1~2回は18ホールを回る。焦らず、マイペースがポイントだという。

「目標は100歳まで現役!! ドライバーで180ヤードと飛距離では若い人に負けますが、アプローチではまだまだ負けませんよ」

撮影■二石友希

※週刊ポスト2012年10月19日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス