芸能

道場六三郎が選ぶ『料理の鉄人』名勝負 周富徳との“豚対決”

 13年ぶりに『アイアンシェフ』(フジテレビ系)として復活した“料理の鉄人”。今でも心に残る名勝負を、当の鉄人に振り返ってもらった。

 勝率9割を誇り、最強とも謳われた『銀座ろくさん亭』のオーナーで、初代和の鉄人・道場六三郎さん(81才)。実は料理の制限時間は当初1時間20分と言われていたという。

「それをぼくが『1時間も1時間20分も一緒だよ』って言って、1時間になったんだ」と打ち明けてくれた。

「ぼくは31回戦ったんですが、だんだん似たような料理になってきて、ぼく自身が面白くなかったのと、映像を見ていて、昔は鯛の頭なんて出刃包丁でズバッと切れたのが、できなくなった。ああ、年をとったなぁと。ああいう映像の世界ではすごく格好いいところを見せたいですからね。それで何度も引き留められたんですが、中村孝明さんを和の鉄人の後継者にして、ようやくやめさせてもらったんです」

 と言う道場さんが選んだのは、現在は『広東名菜富徳』のオーナーシェフを務める周富徳さん(69才)との“豚対決”(1994年1月9日放送)。

“食の魔術師”と称された周さんは、弟の周富輝さん(62才)の敵討ちに登場した。周さんは、ひき肉の茶碗蒸し、大根とバラ豚肉の豆鼓煮など5品。鉄人・道場は、豚肉と高菜白菜包み蒸し、豚ヒレ醍醐揚げなどを作成。勝者は挑戦者の周さん。

道場「豚肉を焦がしちゃったんだよ。高圧釜で大根と一緒に炊いたんだけど、水分の量が少なくてねえ。まあ焦がしたといってもたいしたことなくて、削って出したんだけど、やっぱり焦げた匂いが立ち込めるでしょ。それで周さんに負けてしまった。このとき、初めて負けたんです。鉄人の対決でいちばん大事なのは、絶対に失敗しちゃいけないということ。ちょっとした失敗が負けにつながるということを学んだよ」

 対する周さんは、鉄人との戦いをこう振り返った。

周「道場さんとは2回戦って、1回目のタラバガニ対決では負けた。だけど2度目にようやく勝てたんだ。1回目のときはさすがに試合ということで、緊張したね。カッカカッカ、興奮もした。でも、店で普段やっていることをやればいいんだからと、2回目は悟ったんだよ」

※女性セブン2012年11月22日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン