芸能

松坂桃李「もし街で偶然見かけたらぜひ声をかけてください」

“こんな息子がほしい!”と、朝ドラ『梅ちゃん先生』で主婦層にも大きくファンを広げ、たちまち話題となった松坂桃李(24才)。その素顔に迫るべく話を聞いた。

—―どんな高校生だった?

松坂:一言でいうと地味ですね。部活もしていなかったし。バイトを探す条件は、「家から近くてなるべく人に会わないところ」でしたから…。最初はスーパーの青果コーナーだったんですが、野菜について聞かれて、接客もしなきゃいけなくて(笑い)。他は定食屋、居酒屋、コンビニ…などいろいろ。当時はスノボをやっていて、バイト代は全部それにつぎ込んでました。

――—最近ハマっていることは?

松坂:絵を描くことかな。最近、水彩画用の色鉛筆を買ったんです。描くのは主に人物。誰にも見せないですけど(笑い)。寝る前に“ダンディーなおじさん”の横顔を描いたり…。シワがあるほうが面白いんですよ。誰に見せるでもなく自分の中で完結してます。意外とリフレッシュになってるんです。

――—街で偶然見かけたら声かけてもいい?

松坂:もちろんです。街で子供に「ノブー」って、朝ドラの時の役名で呼ばれたりもします。出待ちは他のかたの迷惑になってしまうので遠慮していただけると嬉しいですが…。マスクもしてないですし普通に電車にも乗るので、どこかで会うかもしれませんね。

※女性セブン2013年1月10・17日号

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン