芸能

勝野洋・キャシー中島夫妻 長女の死後に勝野は脱・亭主関白

 離婚率が上昇しているが、年を重ねてもいつまでも仲睦まじくいられる夫婦もいる。おしどり夫婦として知られる、勝野洋・キャシー中島夫妻はどのように愛を育んできたのだろうか?

 2009年7月、モデル・ジュエリーデザイナーとして活躍していた長女・七奈美さん(享年29)が、肺がんのため亡くなった。大切な娘を失い家族は悲しみを乗り越えようと必死だった。

キャシー:とくにどうやって乗り越えようとかっていう話はしなかったですね。心はみんなひとつでした。だけど、それぞれがちゃんと乗り越えないと、仕事でバラバラになったときに潰れてしまうから。

勝野:ぼくは娘を亡くしてから、自分の生き方をもう一度考え直しました。どうせ向こうに行けば会えるわけですから、娘に会ったときに、親として恥ずかしくないような生き方をしたいなと…。そういう意味では、昔は亭主関白なところもあったけど、今はぼくが妻や子供たちを包み込んであげる、それが男としていちばんのやさしさでもあるし、ぼくにとって人生のテーマです。

キャシー:でもパパ、一時期、家族のなかで孤立していたことがあったよね? 長女やそのお婿さんと家族でワイワイやっていると、パパだけひとりポツンと畳をむしってる感じ。

勝野:あった、あった。なんとなく疎外感を感じてひとり殻に閉じこもっちゃうような。

キャシー:男性は50代半ばを過ぎたあたりで孤立することが多いみたい。なかなか輪のなかに溶け込んでいけないっていうか。私も子供と一緒にからかい半分、面白がったりした部分もあって、反省しました。やっぱり、子供はやがて巣立っていくものですし、家庭の中心に夫をもっていくのは妻しかいないですからね。

勝野:幸い、ぼくの場合は根っから明るい女房のおかげですっと元に戻れましたけどね。

キャシー:もう勝野も63才ですし、今は健康のことがいちばん心配。とくに娘を亡くしてからは病気に対してすごく神経質になって。ちょっと咳をしただけですぐに病院に連れて行くようにしているんです。

勝野:日々の健康は大切だから、少しずつトレーニングをしたり、毎朝、夫婦でウオーキングしているんだよね。往復で1時間。それがすごくお互いにとっていいみたいで、いろんな話ができるようになった。

キャシー:そうね。以前は子供や仕事のことを考えてしまって、ついつい気持ちがよそ見をしていたし、ゆっくり夫婦で話す時間っていうのがなかったかも。夫婦でウオーキングってオススメですよ。

勝野:まだまだ健康と気力を保ってさ、時間を見つけていろんなところにふたりで旅行に行きたいね。

キャシー:ホントに。どちらかの体がいうこときかなくなったときは、介護ケアをしてくれるマンションにでも一緒にはいって、旅の思い出話を楽しもうね。

※女性セブン2013年1月24日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン