国際情報

最新国際情報記事のRSS

「尖閣あげちゃえば」のホリエモンが「中国の挑発に乗るな」

2013.02.27 07:00

 尖閣諸島の国有化以降、日中関係は戦後最悪の緊張状態にあるといってもいい。そんな中、この人は“独自の表現”で世間に警鐘を鳴らす。服役中のホリエモンこと堀江貴文氏である。堀江氏が中国政府の言動に日本人がどう対処すべきかを説く。メルマガ『中川淳

 尖閣諸島の国有化以降、日中関係は戦後最悪の緊張状態にあるといってもいい。そんな中、この人は“独自の表現”で世間に警鐘を鳴らす。服役中のホリエモンこと堀江貴文氏である。堀江氏が中国政府の言動に日本人がどう対処すべきかを説く。メルマガ『中川淳一郎のネットとビールの愉快な話by NEWSポストセブンVol.8』より、彼の言葉を一部抜粋した。

 * * *
 こんにちわ! 『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。ついに2月23日に御大の刑務所の日々を綴った新刊が発売されました。その名も『刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻』。なんとも言えないサブタイトルですが、名付けたのは御大自身です。いかに所内でテレビっ子になってしまったかがわかります。おそるべし刑務所。

 もちろんテレビではニュースも見ております。最近は日中問題について考えさせられるニュースが多いですが、中国海軍の艦船が日本の海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに対して、射撃管制用レーダーを照射していたという報道には驚かされましたね。日本が尖閣諸島を国有化して以来、中国はドンドンと挑発を繰り返しています。御大も中国の一連の動きに対して何かを感じているようです。

「何が怖いって中国人も中国軍も、日本人が思っているほど日本を攻撃することに対して及び腰ではないってところ。日本は太平洋戦争の敗北が超トラウマで、戦争したいって本気で思っている人は少ないはず。が、中国は違う」

 去年の反日デモでは、「戦争上等」なのではないかと思ってしまうほどの中国人の暴れっぷりを目の当たりにしました。彼らは、なぜこのような動きをするのか? 御大は「中国人の自尊心の復活」を指摘します。

「日中戦争でコテンパンにやっつけられた記憶と教育、その後も文化大革命などで経済は停滞し、再度日本に経済的にやっつけられた感が強い。独裁者、毛沢東の死後、やっとの思いで経済発展が始まり、中華の誇りを取り戻しつつある。最近になって、海外で『私は中国人です』と堂々と胸を張って言えるようになったと中国人は思い始めている」

 そのプライドが悪い方向に向かっているのでしょう。今の中国人と日本人の考え方はまったく違うものになっているのかもしれません。だからこそ、「中国の挑発には絶対に乗ってはいけない」と御大は続けます。

「多くの中国人のメンタリティは戦争で多少の人命が失われることに対する怖さ、恐れはないだろう。日本と中国では『命の値段』も違う。その昔、私が『朝生』に出演した際、『尖閣あげちゃえば』と発言したことに金美齢が怒っていたが、あーいう人に乗せられて命を失うなんて割に合わない」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP