ビジネス

高須院長 大金持ちになる方法伝授「今狙うべき銘柄は…」

大金持ちになる方法伝授する高須院長「今狙うべき銘柄は…」

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のあらゆることに提言をするシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。アベノミクスの好影響で、株価も上昇、景気回復ムードが漂う今の日本でリッチになるにはどうすればいいのか? 資産家としての顔も持つ高須院長にその極意を聞いた。

 * * *
──今回は、高須院長に“リッチになる方法”をお聞きしたいです。安倍政権になってから、景気もかなり好調になってきました。今はまさにお金持ちになるチャンスだと思うんですが、ここはひとつ、高須院長のご経験から、お金持ちになるには何をすればいいのか、どういう心構えでいることが重要なのかを教えていただきたいんですよ。

高須:簡単だよ。つねに“逆張り”をすればいい。

──“逆張り”ですか?

高須:そう。世の中っていうのは、お金持ちにならない人のほうが大部分で、お金持ちになる人のほうが少数派なんだよ。ということはつまり、つねに少数派のほうへ“逆張り”をしていれば、お金持ちになる確率が高くなるということ。みんなが株を買っているのなら、株を売ればいいし、みんなが土地を買っている時なら、土地を売ればいい。

──なるほど。すごくシンプルな方法ですね。

高須:ただ、世の中の流れと逆のことをするわけだから、すってんてんになっちゃう可能性もあるんだけどね。でも、それだけ大金持ちになる可能性も高いということ。競馬だって、ちまちま本命にばっかり賭けてても、儲かるのは主催している自治体ばかりで、絶対に大勝ちなんてできない。当たり前だけど、穴馬を狙わないと、リッチにはなれないよ。

──院長も、もちろん“逆張り”を実践されているんですよね。

高須:今までの人生は全部逆張りだよ。美容整形だってそう。「誰が美容整形なんていう変わったことをするもんか」って言われてた時に始めたんだからね(笑い)。

──まさに、人生逆張りですね。

高須:地道にお金を貯めていくのもいいかもしれないけど、それだとたいしたことはない。ハイリスクハイリターンじゃないと、大金持ちにはなれない。

──でも「もし、すってんてんになってしまったら…」って不安になる人も多いと思うんですよ。

高須:すってんてんになっても、また最初からやり直せばいいじゃん。だって、日本なら無一文になっても命を取られるわけではないんだから。我が家の家訓は「この世で起きたことは、全部この世で解決できる。何をくよくよすることがあろうか」なんだよ。すってんてんになったって、生きていさえいれば問題ない。舞台の上に立っている限りは、つねにチャンスはある。生きていりゃいいんだよ。

──ものすごく力強い家訓ですね。

高須:とはいっても、安定した生活に幸せを感じるような人に、「博打を打て」って勧めるのは良くないけどね。でも、度胸もあって成功する確率も高いのに、「安定した職業に就きなさい」っていうのは面白くないよ。ベンチャーで成功した人って、大学を中退して起業した人が多いでしょ。せっかくいろんな可能性があるんだから、大きな勝負をしたほうが楽しいって思うよね。

──ちなみに、アベノミクスの影響もあって景気が上向きですが、今は“張り時”なんですかね…?

高須:前にも話したけど、これから日本はハイパーインフレになると思うんだよ。そう考えると、株でも不動産でも早く買ったほうがいい。今のうちに買わないと“張り時”を逃しちゃうかもしれないね。円安はもっと進んで1ドル140円くらいにまでなるんじゃないかな。株価も日経平均で3万円くらいまで上がると思うよ。

──参考までに、どういう株に張れば、大きなリターンが得られると思いますか?

高須:円が安くなっているっていうことは、とにかく現金の価値が下がっているっていうことで、その現金を不動産に替えたほうが良いっていうことだよね。そう考えると、不動産を持っている企業の株が良いね。業績が悪い企業でも、不動産の含み資産が大きければ、株の値上がりも見込める。たとえば、TBSなんかは不動産の資産が大きくていいかもね。

──やはり現金より不動産ですね。まさにバブル経済の再来!

高須:あと問題は年寄り。ぼくが言うのもなんだけど、今の年寄りは、日本の景気が良かった頃の負の遺産になってるんだよ。今、老人向けの医療や介護でかなりの労働力が消費されちゃってるけど、一方で老人たちはお金をあまり使わずに、たんまり貯金を抱えてるわけでしょ。その貯金がそのまま国債になってる状態だしね。今度、相続税の最高税率が50%から55%に上がるけど、これを60%まで上げられたら、かなりの税収を確保できるよ。国家にしがみついるだけで、何も生産しない金持ちの老人たちが、順調に亡くなってくれれば、国の財政も健全化してくれるんじゃないかな。ホント、ぼくが言うことじゃないけどね(笑い)。

 * * *
「人生逆張り」というリッチになる秘訣を教えてくれた高須院長。とはいえ、少市民たちにしてみれば、すってんてんになるかもしれないというリスクはとんでもなく怖いのだが…。そんなチキンなハートを克服する精神力もまた、リッチになるために必要なものなのかもしれない。ひとまず、来るべき好景気に向けて、まずは株でも買ってみたらリッチになれるかも。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)が話題。

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン