芸能

柳葉敏郎の『欽ドン!』時代の過去を隠さない姿勢に賛辞の声

欽ちゃん公演に柳葉敏郎から届けられた花

 萩本欽一(71)の久しぶりの舞台となった喜劇『おちゃのこ妻妻』が品川区・スクエア荏原のこけら落とし公演として行なわれた。どの日も満員になる盛況ぶりで、4月14日に、9日間11公演を終えた。

 この公演には、山口良一(58)、西山浩司(52)、風見しんご(50)などが出演。関根勤(59)や小堺一機(57)、勝俣州和(48)などもスペシャルゲストとして駆けつけるなど、“欽ちゃんファミリー”同窓会のような雰囲気も漂った。

 この公演に、ある大物俳優が花を届けていた。ドラマ『踊る大捜査線』や映画『容疑者 室井慎次』などの代表作を持つ柳葉敏郎(52)である。

 柳葉は、1983年に『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』(フジテレビ系)に良川先生としてレギュラー出演し、秋田弁を丸出しにする朴訥なキャラクターが受け、大ブレイク。翌年には、一世風靡セピアのメンバーとして、シングル『前略、道の上より』が大ヒット。その後は、『君の瞳をタイホする!』『愛しあってるかい!』『すてきな片想い』など、フジテレビ系のトレンディドラマに立て続けに出演し、トレンディ俳優としての地位を確固たるものにした。テレビ局関係者はこう話す。

「先日、萩本さんがバラエティ番組に残した足跡を振り返った『もてもてナインティナイン』(TBS系)では、『欽ドン!』時代の柳葉さんの映像が出ました。柳葉さんほどのキャリアがあれば、昔のバラエティ映像を放送されることを嫌がる俳優さんは多い。ましてや、今は過去映像を使う際、各事務所に許可取りをする時代です。

 それでも柳葉さんは過去を隠すことなく、OKしている。なんでもかんでも昔の映像にNGを出す人もいるけど、柳葉さんの姿勢にスタッフも出演者も感謝したのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン