芸能

ビッグダディ「FRIDAYが俺と美奈子の仲を引き離そうとする」

 女性セブン6月6日号でサプライズ的に再開を果たし、「再同居へ」と報じられたビッグダディ・林下清志さん(48才)と前妻・美奈子さん(30才)。しかし、5月31日に発売された『フライデー』の<美奈子さん独占インタビュー『盛岡同居? ありえません』>という記事で、同誌は名指しで女性セブンに反論、美奈子さんは清志さんの住む盛岡ではなく、彼女の弟が住む千葉へ引っ越すこととなったのだ。これには清志さんも困惑するばかり…。

 なぜか美奈子さんの話がコロコロ変わり、思うように揃わないふたりの足並み。その背景について、「俺と美奈の仲を引き離したいやつがいるんですよ…」と、清志さんが嘆息する。

「それが、『フライデー』なんです。彼らは新たに美奈の本やグラビアを企画しているみたいで、それに俺は反対しているんですよ。最初に美奈のセミヌードが掲載されたとき、“きれいに撮れてたのはよかったけど、あれ以上の露出はやめろよ”と言ったんです。その考えに美奈も納得していた。美奈のもとにいる幼い子供らへの影響を考えたら、ああいう方向の仕事はいいもんじゃないでしょう。

 でも、そんな考えの俺が美奈の近くにいられると、あちらとしては困るわけで、なんとか彼らは、美奈が俺の元に行かないよう、必死に説得していたようなんです…」(清志さん)

 自著『ハダカの美奈子』(講談社刊)の発売記念サイン会で「芸能活動にも興味はある」と言っていた美奈子さんだが、最近はツイッターで「芸能人になるつもりはありません」とつぶやくなど、ここにきて突然、芸能界入りを否定し始めた。

 実際に芸能事務所からのオファーもあったようだが、これに反対したのも『フライデー』だったと清志さんは言う。

「事務所に入られると、直接仕事のやりとりができなくなって困るからでしょう」(清志さん)

 現在、美奈子さんのもとにはテレビ出演のオファーも殺到していて、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)の収録が控えているという。この番組に対しては、清志さんが自ら要望書を提出したと明かす。

「私や私のところの子供たちの写真は一切NG。そのうえで今後の美奈と子供の生活に配慮した番組作りをしてほしい、美奈側からだけの話で偏った再現ドラマを作らないでほしいと伝えました」(清志さん)

※女性セブン2013年6月20日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン