ライフ

最新ライフ記事のRSS

中山七里の新作 家族の物語を描く『切り裂きジャックの告白』

2013.07.08 07:00

【書評】『切り裂きジャックの告白』中山七里/角川書店/1680円 【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA)  中山七里さんは、1961年生まれ。穏やかそうな風貌からは想像できない、グロテスクな殺人事件を描く作家だ。最近、中山さん

【書評】『切り裂きジャックの告白』中山七里/角川書店/1680円

【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA)

 中山七里さんは、1961年生まれ。穏やかそうな風貌からは想像できない、グロテスクな殺人事件を描く作家だ。最近、中山さんが、まだ作家デビュー4年目なのだ! と再認識し、驚いた。世に作品を次々と送り出し、今作で12冊目。作品のクオリティーは下がることなく、上がっている。中山さんの頭の中にはストーリーがまだまだたくさん詰まっているというから、今後もさらに楽しみだ。

 事件は、東京の下町・木場公園、大胆にも警察署の目と鼻の先で、臓器をごっそり摘出された女性の遺体が発見されることから起こる。犯行現場も同所らしい。猟奇的犯行に混乱し、行き詰まる捜査本部。そんな折、テレビ局に犯人からの声明文が送られてくる。犯人は「ジャック」と名乗っている。

 その名が19世紀ロンドンに出没した“切り裂きジャック”を彷彿させるのが憎々しい。漏れ出す情報の波は簡単には止められず、警察が対マスコミに追われる中、さらに第2、第3の連続殺人事件が起きる。犯人の目的は一体? そうした中、被害者たち全員が同じドナーから臓器提供されていたという事実がわかる…。

 巷でも臓器移植をめぐる議論が白熱しているが、移植の論理と当事者の意見とのギャップの大きさを痛感することもある。もし自分ならば、どうするだろう? 家族がドナーになるとしたら? 脳死は人の死と認めていいのか?

「どこかの誰かの中であの人は生きている」と考えることはできるだろうか? 移植をして生きたいか? 生を延長させたいか? 読み進むごとにあれこれ考えさせられる。移植による拒絶反応の可能性もあるだろう。命をもらったというプレッシャーのような気持ちも生まれるかもしれない。本作は、当事者たちの精神状態がリアルに描かれていて、心を揺さぶられる。

 医療の発展に伴う倫理問題や社会的問題を投げかける、社会派ミステリーだ。それにしても、最後まで翻弄されっぱなしだった。事件の謎が解けたときは、何とも切ない気持ちにさせられた。凄惨な事件のラストとは思えないほど美しいものになっている。

 数々の中山作品を読まれてきているかたは、リンクする登場人物を楽しみにしている人も多い。広がる中山ワールドをぜひ楽しんでみてほしい。

※女性セブン2013年7月18日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP