• TOP
  • 国際情報
  • 中国No.2李克強首相の妻 全く表舞台に出ず「政治嫌い」評も

国際情報

2013.07.14 07:00  NEWSポストセブン

中国No.2李克強首相の妻 全く表舞台に出ず「政治嫌い」評も

 中国のファーストレディ、習近平国家主席夫人の彭麗媛さんはこのところ、習主席の外遊に同行し、米国やロシア、アフリカ諸国で、その艶やかな容姿などが話題を呼んでいるが、一方、序列ナンバー2の李克強首相がインドやスイス、ドイツなどを歴訪しても、夫人の同伴はなし。それどころか、まったく表に現れず姿も見せないだけに、ネット上で、「李克強夫人は政治嫌い」との憶測を呼んでいる。

 中国専門のウェブニュースサイト「多維新聞網」によると、李克強夫人は程虹さんで、李首相とは14歳違いの44歳。職業は首都経済貿易大学の教授。専攻はアメリカ文学で、主に自然文学を専門に研究したり、翻訳などもしているという。

 程さんは河南省鄭州市の出身で、父親は中国共産主義青年団(共青団)河南省党委副書記、母親は中国国営の新華通信社記者。現在では2人ともすでに引退している。

 程さんは文化大革命(1966~1976年)期間中は他の青年同様、地方に下放され、農作業に携わったが、文革終了後自宅に戻り、北京の名門大学、清華大学の英文科に入学した。李克強は当時、北京大法学部で学んでいたが、程さん同様、英語を熱心に学び、堪能だったことから、共通の友人の紹介で、出会い結婚。2人とも自宅にいる際は、英語で意思疎通をするという話は有名だ。

 李氏は北京で共青団幹部を務め、トップの第一書記に就任。程さんは首都貿易経済大学の前身の北京経済学院で英語の教員を務めていた。いまでも同大の教授だ。

 しかし、李氏が河南省トップや遼寧省トップを務めた後、2007年に党政治局常務委員に選出され、翌年3月、副首相に任命される同時に、程さんは大学の教壇に立つことはなくなったという。

「夫が中国共産党の最高指導者の1人になったことで、それ以前と同じように学術研究や教員として仕事ができにくくなったことが最大の理由」と多維新聞網は程さんの知人の話として報じている。

 李氏が地方のトップ時代、程さんは米ブラウン大学の客員研究員として留学したり、翻訳に精を出して、さまざまな文献を中国に紹介し、その学術的な業績は大きいという。

「私の最大の仕事はこつこつと仕事をしていくこと。それは政治とは全くの異質な世界で、私が政治の世界に立ち入ることは今後もないだろう」と程さんは知人に漏らしたと伝えられている。活発なファーストレディ外交を展開する彭麗媛さんとは違い、李首相が引退する2023年3月まで、程さんが政治の表舞台に立つことはほとんどなさそうだ。

関連記事

トピックス