• TOP
  • 芸能
  • 森三中・黒沢を1分間で小顔にした「耳たぶ回し」とは?

芸能

2013.07.16 07:00  女性セブン

森三中・黒沢を1分間で小顔にした「耳たぶ回し」とは?

 7月1日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で、「耳たぶ回し小顔メソッド」を体験した森三中・黒沢かずこ(34才)。彼女のまる~い顔は、たった1分の施術で、むくみが取れ、口角も上がり、バッチリ小顔になっていたのだ。

 スタジオで黒沢に施術を行ったのは、「耳たぶ回し」の考案者で歯科医の佐藤青児さん。

「道具は何もいらないし、力もまったく必要ありませんので、ひとりでも簡単にできるんですよ」

 そう言って佐藤さんが本誌に教えてくれた「耳たぶ回し」のやり方は、以下の3つの手順。

【1】耳たぶの付け根の前後を軽くつまみ、両耳を同時に、後ろに5回、クルクル回す。

【2】ほお骨の下縁からえらに向かって、斜めに軽くなで下ろす。左右各5回。

【3】再び、耳たぶを後ろに5回、クルクル回す。

 これだけ。加えて、下あごを左右に5回と前後に5回動かす動作と、頭を上に向けて肩を後ろに30回回す動作を加えると、より完璧だとか。全部やっても1分程度。しかも1日3回でいいというから、超簡単だ。

「これだけで、ほうれい線は浅くなって、顔がリフトアップして口角が上がり、頬のたるみも取れてすぐに小顔になります。肌に透明感も生まれ、目もパッチリと大きくなるんですよ」(佐藤さん)

 効果は顔だけにとどまらない。肩こりや頭痛、冷え症、不眠症も改善されるのだそう。

※女性セブン2013年7月25日号

関連記事

トピックス