• TOP
  • 芸能
  • 薬師丸ひろ子の歌手としての実力と小泉今日子との違いを分析

芸能

2013.10.14 07:00  NEWSポストセブン

薬師丸ひろ子の歌手としての実力と小泉今日子との違いを分析

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』では、ずっと音痴といわれていた鈴鹿ひろ美が見事な歌声を披露して視聴者を驚かせた。ネット上には、絶賛の声があふれている。そんななか、鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子(49才)が女優としてだけではなく、歌手としても注目が集まっている。10月には芸能生活35周年を記念した、23年ぶりの単独コンサートを開催。12月にはニューアルバムを出すことも発表している。歌手・薬師丸ひろ子の魅力を、音楽評論家の富澤一誠さんに聞いた。

 * * *
 薬師丸ひろ子は、デビュー曲の『セーラー服と機関銃』から始まって、『探偵物語』、『Woman “Wの悲劇”より』など、当時、主演映画の主題歌のほとんどを歌っていました。そのときから、歌唱力は抜群でした
 
 歌い方は、正統派と言えると思います。決してアイドル然とした歌い方はしません。聖歌隊や合唱団のように基本に忠実な歌い方で、声も透き通る伸びやかな高音が魅力です。崩したり、アレンジしたりして歌わないところも特徴です。基本に忠実だから、カラオケで歌ったときに高得点が出る、そんな歌い方とも言えるかもしれません。
 
 今回の『あまちゃん』で歌った『潮騒のメモリー』は、その歌唱力で存分に魅せたと思います。さらに、49才になりこれまでの人生経験で培われた彼女の人間としての魅力や女優としての経験が加わって、歌の表現がより豊かになっていると思いました。だから、1回の歌唱だけで多くの視聴者を感動させたのでしょう。今まで音痴と思われていた鈴鹿ひろ美の役だったこともあり、より大きな印象を残したと言えます。

 一方、『潮騒のメモリー』は、小泉今日子も歌いましたが、薬師丸の歌声とは対照的です。キョンキョンは、聞く人に“親しみ”を感じさせる歌い方ですね。それこそがアイドル・キョンキョンの真骨頂で、薬師丸とのいちばんの違いだと思います。

 アイドルは、美人すぎたり、歌がうますぎるとあまり売れない傾向にあります。それは親近感がなくなってしまうからです。1970年代、1980年代に活躍したアイドルは、歌唱力はそれほどなくても、その人自身がもつ親しみやすいキャラクターというのが重要な要素でした。それは、歌においても同様です。キョンキョンはそういった意味では、当時のアイドルの“らしさ”を見事に発揮した歌い方でした。曲の印象も彼女によく合っていましたし、これ以上ない表現力をもって歌っていたと思います。
 
『潮騒のメモリー』の歌唱力だけで言えば、薬師丸に軍配が上がるかもしれませんが、ふたりの歌声はそれぞれのキャラクターを反映した魅力にあふれていると思います。

関連記事

トピックス