ライフ

クロス箸 人間性は無関係主張の筆者に「疑われて当然」の声

 今年1年はどんな年だったのか、当サイトで反響が大きかったコラムで振り返ってみよう。(取材・文=フリーライター神田憲行氏)

 * * *
1.ドイツの教師 校外で煙草吸う生徒目撃しても注意しない理由
https://www.news-postseven.com/archives/20130210_170585.html

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部で体罰を苦にして部員が自殺した事件を端緒に、体罰で揺れた1年だった。ネットではこの監督の意見に「正論」と賛同する声が圧倒的だったが、実際にはこのような人は少ない。そこにこの問題の難しさがある。

2.さかなクン 中学時代にカブトガニ孵化に成功した偉業を語る
https://www.news-postseven.com/archives/20130506_185924.html

 「さかなクン」はネットで人気のあるタレントのひとり。恐らく謎めいたプロフィールが、みんなの好奇心をそそるのだろう。お会いしてみるとこらちが恐縮してしまうぐらい腰の低い方だった。ネットでは「さかなクンさん」ではなく「さかなクン」と呼んでいいことに注目が集まった。

3.甲子園の高校球児 熱中症対策のためベンチは冷房効いている
https://www.news-postseven.com/archives/20130816_205778.html

 基本的にコラムはSNSなどでみんなが疑問に思っていることを取材して、解消するようなものを心がけている。その典型がこのコラム。猛暑の夏のなかで高校野球をする是非を問う声が多かったので高野連に取材した。「ちゃんとケアされていて安心した」という人もいれば、「じゃ応援団はどうなるんだ」と別の論点を持ち出す人もいて、つくづく高校野球はネットでは好かれていないと実感した。

4.やなせたかし氏 兵隊時代の記憶が「絶対的な正義」に導いた
https://www.news-postseven.com/archives/20131015_222552.html

 10月13日に亡くなられたやなせたかし先生の想い出として書いた。コラム中に紹介した、震災をうけて私がやなせ先生にしたインタビュー記事はいまだに多くの人々に読まれている。まだもっといろんな言葉を残してほしい方だった。

5.クロス箸は婚活で不利 「人間性まで判断される」との証言も
https://www.news-postseven.com/archives/20131215_231358.html

 世相とは全く関係なく私個人の疑問からコラムにしたところ、大きな反響があった。異性からどのように見られているのか、いつも大きな関心事なのだろう。クロス箸派の私としては「箸の持ち方で人間性を云々されるのはかなわない」という気持ちで書いたのだが、「疑われて当然」という声が多く、だいぶライフが削られました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン