スポーツ

20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン

20歳で逝った巨人ドラ1位

 プロ野球界の長い歴史の中には、現役のままこの世を去った選手も少なくない。スポーツライターの永谷脩氏が、巨人からドラフト1位されながらもわずか20歳で急逝した湯口敏彦選手について綴る。

 * * *
 楽天に1位指名された松井裕樹の始動の写真を見ながら、少し太ったのかなと思った。甲子園を終えた高校生の場合、今までの反動で遊んでしまったりして、調整が遅れる例が多々ある。特に甲子園常連校でない選手の場合、それが多い。思い出したのは、1970年のドラフトで巨人が1位指名した、岐阜短大附の湯口敏彦のことだ。

 初めてのキャンプを控えた71年の正月。当時、湯口を加えて「高校ビッグ3」といわれた箕島の島本講平(南海)、広陵の佐伯和司(広島)に交換日記をしてもらうという少年誌の企画で、3人の実家を訪れた。湯口邸のある岐阜県の郡上白鳥を訪れたときは、雪が1メートルくらい積もっていた。家ではドテラを着た湯口が応対してくれた。話の最中、さかんに頭を気にしていたが、そこには5円玉ほどの円形脱毛があった。

「これで随分からかわれたんです。都会に行っても大丈夫かな」

 温暖な和歌山で育ち、快活だった島本に比べて、雪国生まれの湯口は、人見知りする繊細なタイプだった。

 制球に難はあったが、彼の速球は一級品だった。それを武器に甲子園でベスト4に入り、巨人に1位指名される。すると間もなく地元後援会なる組織ができ、“明日の大スター”とばかりに、蝶よ花よともて囃した。壮行会には同じ岐阜出身の巨人OBということで、森祇晶も招かれる大騒ぎ。私は森の担当をしていた関係で、同行した。

 しかし周囲の熱狂とは裏腹に、田舎から急に出てきた逸材は、都会でのプロとしての生活に戸惑った。自分が一番だと思っていたスピードも、同僚から「あの程度なら多摩川(二軍の意)にゴロゴロしているよ」といわれる始末。同期入団の連中とランニングをすれば、スタミナ不足でどんどん置いていかれる。

 首脳陣からは「今まで何をしていたんだ」と叱責を浴び、返す言葉もなかった。制球難から、キャンプ終盤にはフォーム改造の声まで上がるが、二軍投手コーチ(当時)の中村稔が川上哲治監督を説得し、なんとか1年間はそのままのフォームで通した。

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン