• TOP
  • スポーツ
  • 86歳の関根潤三氏 ファンに「葬式にきてね」などギャグ連発

スポーツ

2014.01.31 16:00  NEWSポストセブン

86歳の関根潤三氏 ファンに「葬式にきてね」などギャグ連発

 1月19日、川崎市で『川崎野球人の集い』が開催され、川崎に縁のある元プロ野球選手や野球関係者などが集まり、親交を温めた。そのなかには、野球界の生き字引的存在である関根潤三氏の姿もあった。関根氏といえば、2リーグ制に移行した1950年に近鉄入団。投手として50勝、打者として1000本安打を達成した“元祖・二刀流”として活躍。引退後は、第一次長嶋茂雄政権時の巨人ヘッドコーチを務め、大洋とヤクルトの監督も歴任した。

 長年にわたり、野球中継でコンビを組んだ深澤弘・元ニッポン放送アナウンサーが、先日、野茂英雄氏が史上最年少で野球殿堂入りしたことに触れ、「関根さんが殿堂入りしたときはどういう気持ちだったんですか?」と聞くと、「私なんかがもらっていいのか。荷が重いなあと思いました」と謙虚に答えた。

 深澤アナが「そんなことないですよ。ふさわしい方です」と言うと、「そう思ってました」とギャグで返した。その後、「いや、本当に私なんかがもらっていいのか」と繰り返したが、関根氏のギャグに会場は笑いに包まれた。

 その後も、「関根さんは3月で87歳を迎えますが」と振られると、「年齢のことはいいから!」と深沢アナに突っ込みを入れる。「お元気で、昨年も西武球場に行かれたんですよ」と傾斜の激しい西武ドームへ訪れた話を深沢アナがすると、「前の晩、千葉で遅くまで飲んでいた」と冗談っぽく話すなど、元気一杯の様子だった。

 会の途中に、ファンがサインや写真を求めると、「葬式にきてね」「いつ逝くかわからないから」などとジョークを飛ばしながら、明るく応じていた。

 大洋時代、選手として関根監督を支え、現在はSLカメラマンとしても活躍する屋鋪要氏は、壇上に上がると、「若い頃、試合が終わると、関根さんに『ちょっとこい』と呼ばれ、素振りを何度もしました。関根さんには足を向けて寝られません」と感謝の思いをのべた。

 今でも時折、球場に足を運び、シーズン中は週1回、CS放送の『プロ野球ニュース』にご意見番として出演している関根氏。ユーモアたっぷり、いまだ衰え知らずの野球人である。

関連記事

トピックス