• TOP
  • ライフ
  • お風呂のお湯「追い焚き」VS「毎日入れ替え」両者の利点は?

ライフ

2014.02.08 16:00  週刊ポスト

お風呂のお湯「追い焚き」VS「毎日入れ替え」両者の利点は?

 気になる衛生面について、日用品大手メーカー・ライオンのお洗濯マイスター・山縣義文氏はこう話す。

「お風呂のお湯は毎日替えたほうがいい。菌が増殖しやすい温度は36度くらい。つまり少し冷めた程度のお湯です。前の日のお湯は冷める途中で菌が増殖しているのです」

 衛生面では完全に“入れ替え派”に分がありそうだが、“追い焚き派”が主張する光熱費はどうなのか。節約アドバイザーの和田由貴氏に、追い焚きにかかるガス代と入れ替えた場合の水道代・ガス代を比較してもらった。

「冬場で翌日の浴槽の湯温が水のように冷たくなっている場合、お湯の量が200リットルと仮定すると、追い焚きにかかるガス代は91.7円。夏場で湯温が10度くらいしか下がらなかった場合は32.6円。対して、お湯を入れ替える場合はガス代79円プラス水道代が45.6円で合計124.6円かかる計算になります」(和田氏)

 コスト面では追い焚きに軍配。これを「もったいない」と思うか「そのくらいなら新しいお湯で」と思うかは、各家庭の判断に委ねるしかあるまい。

※週刊ポスト2014年2月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス