ビジネス

VAIO初期型は慶応の学生が小脇に抱えるイメージで開発された

 2月6日、ソニーがパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに譲渡することが発表された。かつてソニーの「VAIO」ブランドはB5ノートパソコン市場を開拓し、一大ブームを起こした。それがソニーから離れることに一抹の寂しさを感じるユーザーも多いだろう。「VAIO」の開発陣を取材した経験があるフリーライター・神田憲行氏が語る。

 * * *
 「VAIO」が発売されたのは1996年のこと。97年に発売されたB5型ノートパソコン「PCG-505」は薄さ23.9ミリ、重さ1.35キロという当時としては画期的なスペックで、印象的な紫の外装とともにパソコンユーザーに熱狂的に歓迎された。私は98年、パソコン事業の方々を取材して周り、パソコン雑誌に長いレポートを書いた。その過程で出会った開発に携わった人々はみんな個性的で、実に印象深かった。

 「VAIO」のデザインを担当した責任者は、あの紫の塗装についてこう語っている。

「社内では抵抗がありましたが、みんなの意見を聞いていると結局、白か黒に落ち着いてしまうので僕の最終判断で通してもらいました。紫にした理由は黄色と補色の関係にあるからです。白いパソコンは使い続けるとだんだん黄ばみが目立って古くさくなる。でも紫なら黄ばみが目立たず、お店の店頭でいつ見ても新鮮な印象を受ける」

 前出の「505」のモック(模型)を依頼されたとき、メールにスペックとそのイメージとしてこうあったという。

「B5ノートで慶応の学生が小脇に抱えたイメージで」

 それであの薄型で洒落たデザインになったのである。

 A4サイズのノートパソコンの技術者もユニークな人だった。A4サイズではたとえば、キーボードのキャップスキーとコントロールキーをわざと同じ大きさに作ったという。両方のキー位置を交換したいユーザーのために、キートップを自分ではずして付け替えられるようにしたのである。またCDドライブなどを納める内蔵ベイには、実は2台目のハードディスクが入れられるよう設計した。もちろんそんなことをすれば「改造」になって壊れてもメーカー保証外になってしまうが、なぜわざわざそんな設計をしたのか訊ねた私に、彼はさも当たり前という感じでこう答えた。

「え? だってそういうのが自分で欲しかったから」

 ちなみに彼はIDカードを首から提げるヒモがApple社のロゴが入ったものを使っていて、写真撮影の段になっていそいそと自社のロゴが入ったものに付け替えたのがおかしかった。

 強烈な印象だったのが、デスクトップコンピュータ部統括部長に就任した辻野晃一郎氏だった。部屋で辻野氏を待つ間、広報の女性が小声で、

「うちのエースです。ちなみに女子社員人気ナンバーワンです」

 とおかしそうに教えてくれた。辻野氏はノート型に比べて売り上げが伸びないデスクトップ事業のために急遽、たしかアメリカから呼び戻されてきて、ミニタワータイプの整理など大なたを振るっていた。

「反発はすごいですよ(笑い)なんの実績もないですから。新参者が来て、最初はアイツなんだということでしょうね。だけど私はそういうこと気にしている余裕すらなくて、デスクを売る一点しか関心がない。ビジネスをやる理由とは勝つことであり、そのためにどうすればいいか、考えればよい。それ以外のことを配慮する余裕はなくプレッシャーも続いていますから」

 自分の好きな道を追求する技術者に比べて「勝つ」という言葉を使う辻野氏を見て、なるほど、こういう人がソニーの次世代を引っ張って行くのかと、眩しかった。しかしその後辻野氏はソニーを去り、グーグル日本法人社長を経たあと現在は自分で事業を興されている。私は辻野氏が今もソニーに残っていたらどうだったろうと、考えざるを得ない。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト